『うまい棒は、なぜうまいのか?国民的ロングセラーの秘密』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200310161221p:plain

何味のうまい棒が好きですか?

めんたい味、チーズ味、やさいサラダ味、コーンポタージュ味……。

 

この記事では、『うまい棒は、なぜうまいのか?国民的ロングセラーの秘密』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『うまい棒は、なぜうまいのか?国民的ロングセラーの秘密』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200310162450p:plain

まずは本書の要約から。

 

1979年の発売以来、愛されつづけるうまい棒。

どのような思いが込められ、どのような原料を使い、どのような製法で作られているのか。

 

カラーの写真付きで、うまい棒の秘密をわかりやすく解説する。

 

以上がおもな内容です。

確実にいえるのは、本書を読むとうまい棒が食べたくなる、ということです。

本書といっしょにうまい棒もゲットしておくのがおすすめです。

 

「10円の駄菓子を作りたい」という思い

f:id:MORIKO:20200310161401p:plain

うまい棒の出発点には「10円の駄菓子を作りたい」という思いがあるといいます。

1本10円なら子供たちが手軽に買えるからです。

 

驚くべきは、1979年の発売以来、うまい棒の値段が変わっていないこと。

増税をしても、原材料が値上がりしても、1本10円を貫く姿勢。

 

素晴らしいですよね。

うまい棒を買ってやおきんを応援したくなります。

 

 

1本10円だけど妥協はしない

うまい棒は1本10円と低価格ですが、安いからといって妥協はしないといいます。

 

f:id:MORIKO:20200310161634p:plain

たとえば、個包装

瓶のなかにドサッと入れておいて、子どもが買いにきたら1つ出すのが、一般的な駄菓子の売り方でした。

 

でも、うまい棒を瓶に入れて売ったら、湿気て品質が落ちる。

そこでやおきんは、コストをかけて利益を減らしてでも、個包装することを選んだそうです。

 

コストを下げるためには1袋に3本ほど入れるべきですが、それでは「10円の駄菓子を」という当初の思いを実現できません。

ゆえに、1本1本個包装をし、10円で販売したのだとか。

 

「長期的に考えてメリットがあることは、コストを惜しむべきではない」という考え方に基づいているといいます。

損して得取れ、というやつでしょうか。

 

うまい棒にはなぜ穴が空いている?

f:id:MORIKO:20200310161924p:plain

うまい棒の中心部分は空洞になっていますよね。 

空洞を見て「材料をケチっている」と非難する人がいるそうです。

でも、それは誤解。

 

実際は材料をケチるためではなく、サクサクとした食感が増すように穴を空けているのだとか。

むしろ、穴を空けるほうがコストがかかるというから驚きです。

 

50円玉に空けられた穴は材料をケチるためですが、うまい棒のそれは、ケチるためではないそうです。

 

まとめ 

f:id:MORIKO:20200310162258p:plain

パッケージへのこだわり。

遊び心へのこだわり。

種類の多さへのこだわり。

 

うまい棒にはたくさんのこだわりが詰まっていました。

コストをかけてでも顧客第一で考えることが、成功のカギなのかもしれません。

 

本書を読めば、うまい棒を好きになります。

しかも「ウマいから」という単純な理由ではなく、やおきんの理念まで含めて好きになります。

 

うまい棒は、なぜうまいのか?

うまい棒は、なぜうまいのか?

  • 作者:チームうまい棒
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2014/09/30
  • メディア: 単行本
 

以上、『うまい棒は、なぜうまいのか?国民的ロングセラーの秘密』の要約と感想でした。

※うまい棒はネットで買うと割高です。近くのスーパーでお買い求めください。

 

そういえば、うまい棒のイメージキャラクターには名前がないそうです。

名前くらいつけてやっても良いと思うのですが。