競馬場で「双眼鏡」を使うと浮きます【ご注意ください】

f:id:MORIKO:20200311143347p:plain

双眼鏡を持って競馬場へ行こうとしていませんか?

 

この記事では、

  • 競馬場で双眼鏡を使っている人はいるか
  • どうやってレースを観戦するのが良いか

など、「競馬場では双眼鏡が必要なのか」について書いてきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

競馬場で双眼鏡は必要なのか?

f:id:MORIKO:20200311143255p:plain

競馬場で双眼鏡を使ってレースを見る人は稀です。

双眼鏡で馬を眺めているのは、実況と解説者くらいのものではないでしょうか。

 

一般のお客は巨大ビジョンでレース経過をチェックするのが一般的です。

ですので、双眼鏡は必須ではありません。むしろ不要です

 

恥ずかしくて使えない可能性大

f:id:MORIKO:20200311143557p:plain

アーティストのライブにオペラグラスを持参したものの、周囲で誰も使っていなかったので、恥ずかしくてバッグから出せなかった

これは知人の体験談です。 

 

競馬場に双眼鏡を持っていった場合、おなじことが起こる可能性があります。

無料席、有料指定席問わず、双眼鏡を使っている人など見たことがありません。

 

そこであなたが双眼鏡を取り出すと、浮くこと必至です。 

競馬場で双眼鏡の使用が禁止されているわけではないのですが。

 

浮いて注目され、「昭和の人?」などと小馬鹿にされかねません。 

赤っ恥をかかないために、双眼鏡は自宅に置いてくることをおすすめします。

 

 

レース経過をチェックする方法

競馬場の中央には巨大ビジョンがあり、そこへレース映像が映し出されます。

この巨大ビジョンを見ればレース状況が分かるので、双眼鏡は要りません。

 

f:id:MORIKO:20200311143954p:plain

馬がホームストレッチを走っている際には肉眼で確認できます。

 

もしくは、場内にあるモニターを見るのもいいでしょう。

発券機周辺や、通路などに設置されているテレビサイズのモニターです。

そちらでもレース映像がリアルタイムで流れています。

 

双眼鏡を使うメリット

f:id:MORIKO:20200311144158p:plain

多少恥ずかしい思いをしてもいいなら、双眼鏡を使うのもアリです。

モニターで見るよりも、生の迫力や臨場感を楽しめるでしょう。

 

モニターには一部の馬しか映し出されませんが、双眼鏡なら自分の好きな馬を追えます

双眼鏡ならではのメリットですね。

 

双眼鏡を使うなら、見やすいように高い位置を確保しましょう。

つまり有料席です。

低い位置で双眼鏡を使っても、人が多かったり、全体が見渡せなかったりするために、その性能をじゅうぶんに発揮できません。

 

ただし、双眼鏡が活躍するのは、馬が向こう正面を走っているとき。

ごく一部のシーンだけです。

「その一瞬でさえも真剣に見たい」という熱い思いがあれば、双眼鏡を持っていくべきです。

 

先述した「恥ずかしさ」については忘れてください。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200311144436p:plain

双眼鏡は誰の迷惑にもなりません。

使うも使わぬも個人の自由です。

 

周囲から「めちゃくちゃ真剣な人だな」と思われるくらいで、スタッフに注意されることはありません。

お好きなようにどうぞ。

 

以上、 競馬場での双眼鏡使用についてでした。

それから、置き引きにはご注意ください。

(レースを見終わったらバッグがなかった、なんて事態にならないよう) 

 

www.shortshortshort.jp

競馬はギャンブルです。

ほどほどにしておくのが一番ですね。