全裸で寝る3つのデメリット【リスクを考慮すべき】

f:id:MORIKO:20200312162538p:plain

裸で寝ると健康に良い。

そんな噂を耳にしましたか?

 

この記事では、

  • 地震が起こったらどうするか
  • 掛け布団が落ちたらどうなるか

など、「全裸で寝るデメリット」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

全裸で寝る3つのデメリット

f:id:MORIKO:20200312162348p:plain

「健康に良い」とする主張はほかのサイトにお任せし、裸で寝ている最中に起こりうるトラブルだけを挙げていきます。

 

デメリット1. 災害時に避難が遅れるリスク

f:id:MORIKO:20200312163041p:plain

裸で寝ていて、夜中に火災が起こったらどうしますか?

 

臭い……部屋に煙が充満している。

火事だ。

 

このとき、パジャマを着ていればすぐに避難できます。

が、全裸で寝ていたらどうでしょう。

  1. 素っ裸で避難する
  2. 服を探して着てから逃げる

いずれかの選択を迫られますね。

 

待っているのは恥か死か

f:id:MORIKO:20200312163350p:plain

素っ裸で逃げたら、その後に恥ずかしい思いをします(野次馬や救急隊員らに裸体を晒すことになる)。

 

いっぽう、服を探していたら逃げ遅れて死んでしまうかもしれません。

裸で寝ていたせいで死ぬだなんて、あんまりです。健康のために命を落としたら本末転倒です。

 

落語のオチみたいな人生の最期を迎えないためには、パジャマを着て寝るのが賢明です。

 

服を着て寝てさえいれば、

  • 火災
  • 地震
  • 津波
  • 不審者の侵入

など不測の事態が起こったとしても、迅速に避難できます。

それでも全裸で寝るなら、全裸で逃げる覚悟を持ちましょう。

 

 

デメリット2. 風邪を引くリスク

全裸で寝ると、風邪を引くリスクが高まります。 

  • 掛け布団がベッドから落ちた
  • 寝返りを打って掛け布団が外れた

こうした状況で体温がグッと下がってしまうからです。

 

f:id:MORIKO:20200308131612p:plain

体温が下がって免疫力が低下し、風邪を引いてしまうかもしれません。

あるいは、お腹が冷え、腹痛に見舞われる恐れもあります。

腹痛で目が覚めトイレにこもっていては、むしろ睡眠の妨げです。

 

これでは裸睡眠が健康にいいのか悪いのかわかりませんよね。

 

締めつけがないパジャマを買う

f:id:MORIKO:20200312163924p:plain

裸で寝るメリットは「パジャマによる締めつけがないこと」ではありませんか?

 

であれば、締めつけがないパジャマを買えば済む話です。

素っ裸で寝ることはありません。

 

ジャージやスウェットは締めつけが強いので避けましょう。

血管を圧迫し、熟睡や疲労回復を妨げます。

 

世の中には「締めつけがない」ことを売りにしているパジャマがありますので、探してみてください。

 

デメリット3. 起きれないリスク

f:id:MORIKO:20200312164143p:plain

夏を除いて、裸で寝るとベッドから出にくくなります

なぜなら寒いからです。

 

布団の外は温度が低いので、布団から出る気になれない恐れがあります。 

結果として布団のなかでダラダラしたり、二度寝をしたり。

  • 平日なら学校や会社に遅れるリスク
  • 休日なら時間を無駄にするリスク

こうしたリスクが生じてしまいます。 

 

服を着ていても、寒い時期はベッドから出られないものですよね。

それなのに全裸で寝てしまったら、脱出はいよいよ不可能になります。

 

精神力に相当な自信がない限り、裸で寝るのはやめておいたほうがいいでしょう。

夏を除いた3つのシーズンで、苦しく辛い思いをすることになるかもしれません。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200312164403p:plain

全裸で寝るデメリットをご紹介してきました。

  1. 災害時に逃げ遅れるリスク
  2. 風邪を引くリスク
  3. 布団から出られないリスク

服を着ない睡眠には、こうした負の側面があります。 

 

端的にいえば、 

  1. 死ぬか恥をかくかも
  2. 体調を崩すかも
  3. 寝坊するかも

となります。

これらのリスクを冒してでも、裸で寝ることには意味があるのでしょうか?

全裸の睡眠に、そこまでの価値があるのでしょうか?

 

そこのところをぜひ考えてみてください。

デメリットの圧勝かと思います。

 

以上、全裸で寝るデメリットでした。

 

www.shortshortshort.jp

全裸睡眠でなくとも、睡眠の質は上げられます。 

 

www.shortshortshort.jp

寝る前の60分間をどのように過ごしていますか? 

 

www.shortshortshort.jp

使っている枕は正しく選べていますか? 

睡眠の質を高めようと考えているなら、裸で寝る前にできることがたくさんあります。