『人生を勝ち抜く!「成功本」50冊超読書術』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200326142303p:plain

成功本を読むのは好きですか?

 

この記事では、水野俊哉著『人生を勝ち抜く!「成功本」50冊超読書術』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『人生を勝ち抜く!「成功本」50冊超読書術』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200326143233p:plain

まずは本書の要約から。

 

成功本を読んでいる人が成功できないのはなぜなのか。

原因を明らかにし、成功にたどり着くための良書の選び方、読み方を伝授する。

 

以上がおもな内容です。

著者は本書を執筆するため家にこもり、成功本に書かれている過ごし方を2ヶ月間つづけたそうです。

(実践したんだよ信憑性高いでしょ説得力増すでしょ、というアピールだと思います)

 

文庫フェアのときに無料でもらえる冊子みたいな本

f:id:MORIKO:20200326142503p:plain

成功本の要約と感想をまとめてできたのが本書です。

 

人を動かす』にはこんなことが書かれていて、ポイントはここだよ、みたいな。

古今東西の自己啓発書について、ああでもない、こうでもない、これを覚えておけと批評、アドバイスしています。

 

ところで読書好きのみなさん。

書店にて"文庫本フェア"なるものを開催していることがありますよね。

 

あのときに小さな冊子が無料配布されているの、わかりますか?

フェア対象本のあらすじをまとめてある、あの冊子です。

 

本書は、あの冊子と大差ありませんでした。

有名な自己啓発書を読み、要約を書き、ポイントをまとめているだけです。

 

 

お得な感じがするでしょう?

「あらゆる自己啓発書のエッセンスが詰まっていてお得だ」

そう読者に思わせる狙いなのかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20200326142750p:plain

が、本書から多くを得るのは困難です。

なぜなら、各書の結論部分だけをまとめてあるから。

 

結論へいたる思考の過程をすっ飛ばし、ポイントだけをまとめ、「これを覚えておけ」ってなもんです。

したがって、万人に当てはまる抽象度の高いアドバイスが羅列されています。

 

映画でたとえるなら、名作映画のあらすじと評価だけを見せられるようなもの。

そんなことをされても困ってしまいます。

「で、なにが言いたいわけ?」っていう。

 

本書も同様で、エッセンスを詰め込みすぎていて、何がなんだかわかりませんでした。 

まるでヒーローが大集結する映画みたいな、消化不良感だけが残ります。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200325155744p:plain

成功本を読んだら行動すること

 

これを意識するのがもっとも大切だといえます。

行動しなければ成功できないからです。

(行動したところで成功する保証もありませんが)

 

本書には100を超える「成功哲学」が凝縮されています。 

行動するための選択肢を多く提示してくれていますが、いかんせん数が多すぎます。

 

広辞苑なみにメニューが分厚いレストランに来ちゃった、みたいな感じです。

選べません。

あれも良いこれも良いと提示されすぎて、選べません。

 

それぞれの結論にいたる過程はカットされているので、納得できません。

したがって、役に立ちませんでした

 

www.shortshortshort.jp

ビジネス本1000冊分のエッセンスが詰まった本を読んだことがあって、これも酷い内容でした。 

 

成功本をたくさん読んだと自慢する著者が成功していない。 

これが説得力を欠き、評価を下げている要因なのかもしれませんね。

 

恰幅の良いフィットネスクラブのインストラクター、てきな。

 

人生を勝ち抜く! 「成功本」50冊 超読書術

人生を勝ち抜く! 「成功本」50冊 超読書術

  • 作者:水野 俊哉
  • 発売日: 2018/09/01
  • メディア: 単行本
 

以上、水野俊哉著『人生を勝ち抜く!「成功本」50冊超読書術』の要約と感想でした。

こうしたお手軽本を読んでラクしようと考えているうちは、成功できないのかも。甘いから。