デートに2回応じてくれたら「脈あり」なのか?

f:id:MORIKO:20200328143557p:plain

気になる人と2回目のデート

1回ならともかく、2回目のデートが実現したのは脈ありだからに違いない。

そう考えたくなりますよね。

 

そこでこの記事では、

  • 恋愛感情がなくても2回目のデートに応じる?
  • デートの回数は重要?

など、「デートに2回応じてくれたら脈ありなのか」について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

デートに2回応じてくれたら「脈あり」なのか?

f:id:MORIKO:20200328143426p:plain

2回のデートは、「相手があなたを嫌っていない」ことを意味します。

好きかどうかはわかりません。

 

確かなのは、お相手に嫌われていないことだけ。

なぜなら、好きでもない相手と2回も出かけるお人好しは滅多にいないからです。

 

あなたがデートに誘い、相手が渋らずに了承してくれているなら、好意をもたれている可能性がありますね。

(しつこく誘って渋々了承してくれている場合は、断れないだけかもしれません)

 

好意がないとしたら

f:id:MORIKO:20200328143810p:plain

相手があなたに好意を抱いていないとします。

 

それなのに2回目のデートに応じてくれたのは、

  • 断るのが苦手だから
  • 断る理由がないから
  • デート代はあなたの奢りだから

などの可能性が考えられますね。

人は、好意がなくてもデートの誘いに応じることがあります。

理由は上記のとおりです。

 

お相手の服装や髪型、話し方などから、どのようなテンションでデートに臨んでいるのかをジャッジしてみてください。 

気合が入っているようなら、脈ありの線もあります。 

 

 

恋愛の好きか友達としての好きか

2回目のデートに応じてくれた理由は、あなたを好きだからかもしれません。 

 

とはいえ、喜ぶのはまだ早いといえます。

  • 恋愛の好き(LOVE)
  • 友達としての好き(LIKE)

お相手は、あなたにたいしてどっちの感情を抱いているのでしょう?

 

f:id:MORIKO:20200328144210p:plain

2人きりで出かけるのは好意の証なんかじゃありません。

世の中には「友達としか見ていない相手」と2人で出かけられる人もいます。

 

恋愛感情のない異性と、

  • 映画を観に行く
  • ショッピングをする
  • イルミネーションを楽しむ

など、恋人みたいなことができてしまうんですね。

 

好きな人とこんなデートを実現できたら「絶対に脈ありだ」と喜びたくなるものです。

でも相手は、自分をひとりの友達としてしか見ていない可能性がある。

 

デートの回数は重要じゃない

f:id:MORIKO:20200328144519p:plain

つまり、デートを2回できても3回できても、脈ありだとは断定できないということです。

(デート中に手を繋げたら99%脈ありですが) 

 

2回デートができたから「脈あり」だと決めてしまうのは、早計といわざるをえません。

 

回数よりも大事なのは、相手の表情やしぐさ、態度、服装など。

好きな人に向けるソレか、友達に向けるソレなのかは、感覚的にわかるのではないでしょうか?

 

脈ありかどうかは、デートの回数ではなく、デートの質で判断すべきです。

相手が食事中にスマホをいじっていたら、脈なし(あなたを友達として見ている)かもしれません。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200328144655p:plain

「2回のデート実現が意味するところ」についてお伝えしてきました。

 

あなたにとっては2回目のデートでも、お相手にとっては「2回目の食事」や「2回目のお出かけ」の可能性があります。

 

つまりデートだと思っていないわけですね。 

あなたが祖父母との食事を「デート」と呼ばないのとおなじように。

 

世の中には、5回目のデートで告白してフラれた人も存在します。

「5回もデートしてくれたのに好意なかったのかよ」ってな気分だと思います。

 

つまるところ、「デートの回数は気にするな」というのが結論です。

早とちりするとフラれたときにショックがデカいので、冷静にいきましょう。

 

以上、デートに2回応じてくれたら脈ありなのか、でした。

 

www.shortshortshort.jp

好きなお相手は鈍感だったりしませんか? 

あなたの好意に気付いてくれていれば良いのですが。

 

www.shortshortshort.jp

LINEのやりとりにも、脈ありかどうかを推測する手がかりが潜んでいます。