愛車に長く乗る秘訣『クルマが長持ちする7つの習慣』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200409133728p:plain

いま乗っている車を気に入っていますか?

正しいメンテナンスを行えば、故障やトラブルを避けて長く愛車に乗ることができます。

 

この記事では、松本英雄著『クルマが長持ちする7つの習慣』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『クルマが長持ちする7つの習慣』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200409135727p:plain

まずは本書の要約から。

 

正しい運転やメンテナンスを行えば、愛車の寿命を伸ばすことができる。

クルマにかかる負担を減らし、長く乗るコツを伝授する。

 

あわせて、中古車を買う際に外せないチェックポイントも解説。

状態の良い一台を選べなければ、故障を避け、長持ちさせることはできない。 

 

以上がおもな内容です。

すでに車を持っている方はもちろん、中古車の購入を考えている方にとっても本書は参考になります。

 

異常に気づいたら早めに点検

f:id:MORIKO:20200409134108p:plain

車を長持ちさせるコツは、異常に気づいたら早く点検してもらうこと

これがもっとも重要だといいます。

 

たとえば、

  • タイヤから異音がする
  • エンジンの振動が大きくなった
  • ブレーキを踏むとステアリングが震える

など、これまでにない現象が起こっていることに気づいたら。

放置せず、ディーラー等で点検や修理をしてもらうのが、愛車に長く乗るうえでは大切なのだそう。

 

なぜなら、不具合を放っておくと広範囲に広がったり、深刻化してしまう恐れがあるからです。

 

f:id:MORIKO:20200409134406p:plain

これは私たちの健康管理とおなじです。

体に現れた異変は、がんや心疾患の初期症状かもしれません。

 

早めに手を打てば最小限の時間とお金で治せますが、受診を後回しにすることで、手に負えなくなる危険性が生じます。

がんなら他の臓器への転移するなど。

 

だからこそ症状が小さいうちに対処しておくのが大事

これはクルマにも、私たちの健康にも共通していえることです。

 

 

消耗品はケチらない

著者は「消耗品をケチるべきではない」と主張しています。 

消耗品の代表的なものとして挙げられていたのが、タイヤでした。

 

f:id:MORIKO:20200409134659p:plain

クルマを長持ちさせるためには、タイヤにお金をかけるべきなのだそう。

なぜならタイヤは、路面からの衝撃を最初に吸収するパーツだから。

 

タイヤの性能が高ければ、シャシーやボディなど、ほかの部分にかかる負担を軽減できます。

結果として、クルマが長持ちするわけです。 

 

人間でたとえるなら、高品質の靴を履くのに似ています。

高齢者の多くが「靴にはお金をかけたい」と考えているのも、靴が重要だからでしょう。

 

f:id:MORIKO:20200409135040p:plain

クッション性が高く、足腰の負担を軽くしてくれる靴は歩きやすいですよね。

低品質な靴を履いていると、膝や腰によけいな負担がかかり、関節を痛めてしまいかねません。 

 

したがって、健康寿命を伸ばすためには良いシューズが欠かせないといいます。

クルマも同様で、長持ちさせるためには、人間の靴にあたる「タイヤ」にお金を惜しまないことが重要だといえます。

  • 高品質のタイヤを選ぶ
  • 擦り減ったら新品に交換する

などですね。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200409135529p:plain

クルマを長持ちさせる秘訣は、異常に気づいたらすぐに点検すること。 

故障を予防するためには、消耗品(とりわけタイヤ)をケチらないこと。

 

強調されていたのはこの2点です。

 

加えて本書では、

  • 暖機運転は必要か
  • 車に負担をかけないハンドル操作
  • 車に負担をかけないブレーキ操作
  • ボディが濡れた際のメンテナンス

など、細かいポイントが多く紹介されています。

大事な愛車に長く乗りたいと考えている方は、こうした知識を持っておいて損はありません。

 

さらには、中古車選びのコツについても詳しく解説されています。

新車とちがい中古車は玉石混交です。 

ハズレを引かないよう、最低限のチェック項目は頭に入れておきたいものですね。

 

以上、松本英雄著『クルマが長持ちする7つの習慣』の要約と感想でした。

結論。車を大事にしたいなら読んで損はない。