『ガソリン節約のための燃費の本』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200412170310p:plain

本書には、車の燃費を良くする31のコツが載っています。

現在の燃費に満足していますか?

 

この記事では、宮野滋著『ガソリン節約のための燃費の本』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『ガソリン節約のための燃費の本』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200412172829p:plain

まずは本書の要約から。

 

著者は燃費ギネス記録を持つ達人。

クルマには一番燃費が良いスウィートスポットという状態がある。

スウィートスポット走法を含む燃費アップのコツを31個解説する。

 

以上がおもな内容です。

 

【注意】ケチなわけではない

f:id:MORIKO:20200412170720p:plain

本書に記載されている「燃費を良くする方法」を実践したからといって、ガソリン代を減らせるわけではありません

なぜなら、著者が燃費の良さを追求するのは環境のためだから。

 

ガソリン代を節約するためではなく、石油資源の消費を抑え、地球環境を守るために、著者は燃費アップを目指しているんですね。

※宮野氏は医師です。お金に不自由しているわけではなさそう。

 

たとえば著者は、エンジンオイルをこまめに交換するよう呼びかけています。

が、エンジンオイルの交換頻度を高めれば、そのぶん出費が増えます(オイル代と工賃)。

 

このように本書は、「トータルの出費を抑える」という方向ではなく「燃費をアップさせる」という方向だけを向いて書かれています。

燃費のためなら支出増加も厭わない姿勢です。 

  • お金を節約するためではない
  • 地球環境を守るため

この前提を理解して読む必要があります。

 

 

スウィートスポット走法とは

クルマを時速50〜60キロで走らせている状態でもっともエンジン音が静かなときが、そのクルマにとって一番燃費が良い速度なのだそう。

著者はこの状態を「スウィートスポット」と呼んでいます。

 

f:id:MORIKO:20200412171409p:plain

スウィートスポットに達したら、速度を一定に保ちます。

燃費が良い状態で走っているわけなので、当然ながらガソリンの消費を抑えられます。

これがスウィートスポット走法だといいます。

 

一定のスピードを保つためには前車との車間距離を広くとっておく必要がある、と指摘していました。

 

www.shortshortshort.jp

車間距離を空けて走っていますか?

 

 燃費アップのためにできること

f:id:MORIKO:20200412171954p:plain

燃料消費を減らしたいなら、トランクには余計な荷物を積まないほうが良いそうです。

車のトランクを物置のように使ってしまうと、そのぶん車重が重くなり、燃費が悪化してしまうからです。

 

タイヤの空気圧が下がっている状態も好ましくないといいます。

圧が不足していれば、ガソリンスタンドのスタッフに無料で空気を入れてもらえます。

空気圧は2週間に1度くらいのペースで確認してもらうのが望ましい。

 

と、ここまではありがちな燃費アップ術ですが、さすがは燃費ギネス記録保持者、一般人とは発想がちがいます。

 

たとえば「カーナビを使って最適なルートで目的地に向かうべし」というアドバイスがありました。

道に迷ってあちこち彷徨っていたら、ガソリンがムダになってしまうからです。

斬新かつ本質的な助言です。

 

f:id:MORIKO:20200412172227p:plain

意表を突かれたのが、自転車活用のススメ

そんなのありかよ、ってなもんです。

地球環境のために石油資源の消費を減らそうと思ったら、ここにまで考えが及ぶらしい。

 

さすが医師。

セコい燃費アップ術とは一線を画しています。 

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200412172507p:plain

本書は「燃費アップ」だけに特化しています。

そのために他の出費が増える(たとえエコタイヤを買う)としても構わない、というスタンスです。 

 

だから迷いがなく、内容がストレート。

燃費にも家計にも気を遣っていたら、「エンジンオイルはこまめに替えよう」などというアドバイスは書けません。

燃費向上だけに振り切っていて良いと思います。

 

地球を守ろう」という著者の考えに賛同する人は、すべて実践するのが良いでしょう。

「お金を節約しよう」という動機であれば、出費が増えそうもない方法だけを実践すればOKです。

 

自分のためにガソリンを節約するのか、みんなのためにガソリンを節約するのか。

できれば医師である著者のように、エゴを溶かし、慈愛の心をもって燃費アップに励みたいものです。

 

以上、宮野滋著『ガソリン節約のための燃費の本』の要約と感想でした。

本書を買ってガソリン代を節約できれば、いずれ本の代金は回収できます。