チョコレートを食べると太る?注目すべきはカカオ含有量

f:id:MORIKO:20200623153705p:plain

チョコレートを食べると太るのでしょうか?

これは一概には答えられません。

 

一言でチョコレートといっても、甘いミルクチョコレートからほろ苦い高カカオチョコレートまで、さまざまな商品が存在するからです。

 

そこでこの記事では、

  • チョコを食べると体重が増えるか
  • 食べても太りにくいチョコはあるのか
  • ダイエット中はチョコを控えるべきか

など、「チョコレートと肥満の関係性」についてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

チョコレートと肥満の関係性

f:id:MORIKO:20200623153502p:plain

「チョコレートを食べる」といっても、

  1. 食べる量
  2. チョコに含まれる糖質

によって、太るかどうかは変わってきます。

体脂肪を増やすのは、脂質よりも糖質。

 

糖質がたっぷり含まれた甘いチョコレートを山ほど食べれば、誰でも太ります。

いっぽうで、カカオ含有量の多いチョコレートを少しだけ(5gくらい)食べたくらいでは、体重は増えません。

 

したがって、チョコを食べる際に気をつけたいのは「摂取量」と「カカオ含有量(糖質)」だといえます。

 

太りにくいチョコレートは存在する

f:id:MORIKO:20200623154017p:plain

太りにくい(夢のような)チョコレートは、世の中に存在しています。

高カカオチョコレートがそれです。

 

カカオ含有量が70%以上のチョコレートを、一般的には高カカオチョコレートと呼びます。

 

なぜ高カカオチョコレートを食べても太りにくいのかというと、チョコに含まれている糖質が少ないからです。

そもそも、チョコレート自体があなたの体重を増やすわけではありません。 

 

あなたの体脂肪を増やしている犯人は、チョコに含まれている糖質です。

糖質が私たちの血糖値を高め、インスリンというホルモンを分泌させ、脂肪を溜めこみやすくしてしまうのです。

 

 

チョコの成分表に注目する

チョコレートを選ぶ際、パッケージの成分表を確認してみてください。

 

f:id:MORIKO:20200623154333p:plain

成分の一番最初に「砂糖」と書かれているチョコは、食べたら食べたぶんだけ太ります。

ダイエット中であれば避けるべき類のチョコレートです。

その商品に使われている原材料でもっとも多いのが「砂糖」だから。

 

そうではなく、パッケージに「カカオ70%」や「カカオ86%」のように書かれているチョコを選んでください。 

 

これらには糖質が少ないため、食べても太りにくいといえます。

さらにカカオ含有量が高ければ高いほど、太りにくくなります。

ただし、山ほど食べれば太る。あと、甘さは控えめ。

 

高カカオチョコレートの成分表には、先頭に「カカオマス」と書かれているはずです。

チョコが甘いのは砂糖が入っているからであって、原料のカカオマスそのものは甘くありません。

カカオはむしろ苦味が強い食材です。

 

チョコと小麦の組み合わせはダイエットの敵

f:id:MORIKO:20200623154856p:plain

ダイエット中に手を出すべきでないのが、「チョコと小麦が合わさってできたお菓子」です。

 

具体的な商品名は伏せますが、クッキーにチョコがかかっているアレや、プレッツェルをチョコでコーティングしたアレ、筒状のプレッツェルにチョコを流しこんだアレなどです。

 

なぜなら、小麦ほど私たちの血糖値を爆上げする食べ物はないからです。 

そうした意味では、チョコよりも、クッキーやビスケットのほうが肥満を招きやすいといえます。

 

したがってチョコレートを食べるとしても、

  1. チョコと小麦でできた商品は避ける
  2. チョコ単体のものを食べる
  3. 高カカオチョコレートを選ぶ

といったことを意識したほうが、体重増加を抑えられるでしょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200623155607p:plain

チョコレートと肥満の関係性についてお伝えしてきました。

 

ダイエット中にチョコレートを食べる場合、2通りの食べ方があります。

  1. 甘いチョコを少量食べる
  2. 高カカオチョコレートをそれなりに食べる

いずれも糖質の摂取量には差がなく、太りやすさにも違いはないといえます。

 

甘党の方は、甘くない高カカオチョコレートでは満足できないかもしれません。

であれば、甘いチョコレートを少量だけ食べるのがおすすめです。

 

アーモンドチョコを1粒食べたからといって太るわけではないからです。

ただし、1粒でやめられるかどうかが最大の問題。

 

明治 チョコレート効果カカオ72%大容量ボックス 1kg

明治 チョコレート効果カカオ72%大容量ボックス 1kg

  • 発売日: 2018/10/02
  • メディア: 食品&飲料
 

高カカオチョコレートのなかでは、明治のチョコレート効果カカオ72%がおすすめです。 

美味しいので。

 

以上、チョコレートと肥満の関係性についてでした。

結論。甘いチョコを少量か、高カカオチョコレートをガッツリか。おすすめは後者。カカオに含まれるポリフェノールによってアンチエイジング効果が得られるから。

 

www.shortshortshort.jp

あるいは、適度に運度をして好きなチョコを食べるのはどうでしょうか? 

好きなチョコレートを我慢するよりも、低ストレスで過ごせるはずです。