『そのとき、どうする?ただちに命を守るとっさの行動マニュアル』の要約と感想

自分だけは死なない、自分だけは被災しない。

その根拠のない自信が、いざというとき命取りになると著者はいいます。

 

この記事では、甘中繁雄著『そのとき、どうする?ただちに命を守るとっさの行動マニュアル』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『そのとき、どうする?ただちに命を守るとっさの行動マニュアル』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200701134552p:plain

まずは本書の要約から。

 

災害の備えをしている人4割にたいし、大災害発生の可能性が高いと感じている人は6割。

つまり、危機感はあるのに何も対策をしていない人が存在するということ。

だが、いざというとき、備えこそが自分の身を助ける最強の術になる。 

 

地震、風水害、天候の急変、火災、山の事故、水難事故、応急処置について、すぐ対応できるようイラスト付きで解説。

命を守る知識がここに詰まっている。

 

以上がおもな内容です。

災害で命を落とすリスクを下げたい方に本書はおすすめです。

つまり、ほぼ全国民におすすめ。

 

細かいシチュエーションごとに解説

本書が優れているのは、状況設定を細かく分けてあらゆる状況を網羅していることです。

 

たとえば震度7の大地震が発生した際、あなたはどこにいて、なにをしているでしょうか?

 

もしかしたら寝室で寝ているかもしれませんし、お風呂に入っているかもしれません。 

あるいは職場で仕事をしている、スーパーで買い物をしている、外を歩いている、車を運転しているなど、あらゆるシチュエーションが考えられます。

 

つまり大地震が発生したとき、私たちはどこでなにをしているかわからないわけです。

本書では(上のような)あらゆる状況ごとにページを割き、

  • 何に注意すべきか
  • どこに避難すべきか
  • 揺れがおさまったらどうすべきか

など、取るべき行動や気をつけるべきポイントが紹介されていました。

 

入浴中に大地震が起こった場合、どうすればいいか知っていますか?

こうした知識があるかないかが、運命を分けるかもしれません。

知っておいて損はないはずです。

 

 

もし、体に火が燃え移ったらどうしますか?

地震に限らず、本書はあらゆる災害を網羅しています。

 

たとえば、もしも体に火が燃え移ったら、あなたはどうしますか?

たいていの方がパニックになって走り回るのではないでしょうか。

 

ですが、体に火が燃え移った状態で走り回るのは、絶対NGだといいます。

なぜなら、走るとかえって火が燃え広がってしまうからです。

この知識がなかったら、走り回ってたぶん死ぬ。 

 

では衣服が燃えたらどうすればいいのかというと、それは「横になって転がり回る」が正解なのだそうです。

ぜひ皆さん、体がファイヤーしたら地面に寝て、転がり回って消火してください。

 

火や煙は上に向かうため、立っていると危険です。

顔や呼吸器に火傷を負う恐れがありますので、ご注意ください。

この知識がなかったら、たぶん顔や呼吸器に大ヤケドを負う。 

 

もし、転がり回っても火がなかなか消えないときにはどうするか……本書に答えが書かれています。

 

まとめ

本書を読んで損はありません。

むしろ防災に関する知識を持っていなければ、「死なずに済んだ状況」で命を落としたり、家族や友人を助けられなかったりする恐れがあります。

 

なぜ避難時にブレーカーを落とさなければいけないか、知っていますか?

冠水している道路を歩くときに、もっとも気をつけるべきはなんだと思いますか?

収斂火災とは何かをご存知ですか?

 

知らない知識があった方は、本書を読んで得るものがあるはずです。

生存確率がアップする。

 

少なくとも、YouTuberが〜してみた動画を視聴するよりは役に立ちますし、芸能人のゴシップ記事を読み漁るよりはタメになります。

 

そのとき、どうする?~ただちに命を守るとっさの行動マニュアル

そのとき、どうする?~ただちに命を守るとっさの行動マニュアル

  • 作者:甘中 繁雄
  • 発売日: 2020/02/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

以上、甘中繁雄著『そのとき、どうする?ただちに命を守るとっさの行動マニュアル』の要約と感想でした。

結論。YouTuberの動画や芸能人のSNS投稿を眺めるより、本書を眺めるほうが100倍有意義。イラスト付きで読みやすい。

 

エアゾール式簡易消火器 クイックガード

エアゾール式簡易消火器 クイックガード

  • メディア: ホーム&キッチン
 

本書を読んだ人が買いたくなるモノ、其の壱。 

 

其の弐。