『ブルース・リー 命を焼きつけた100分』の要約と感想

ブルース・リーについて知りたい方に本書はおすすめです。

本書には、彼が生まれてから32歳で亡くなるまでの記録が載っています。

 

この記事では、『ブルース・リー 命を焼きつけた100分』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『ブルース・リー 命を焼きつけた100分』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200706170941p:plain

まずは本書の要約から。

 

NHK『アナザーストーリーズ運命の分岐点』という番組をもとに再構成したもの。

ブルース・リーがどんな少年で、なにをして育ち、なにがきっかけでカンフーを始め、俳優デビューし、そして命を落としたかが綴られている。

 

ブルース・リーの生き様や作品へのこだわりを知ることができる一冊。

 

以上がおもな内容です。

ブルース・リーの出演作を観たことがない方でも本書は楽しめます。 

読めばきっと、彼の代表作である『燃えよドラゴン』を鑑賞したくなるでしょう

 

ブルース・リーの人生を知る

本書はブルース・リーの伝記だといえます。

彼がどんな人生を歩んだのか、どんなことを考えていたのかを知るのにぴったりです。

 

載っている情報に過不足がないため、本書を読めば彼についてザッと知ることができます。

文章量もけっして多くなく、早ければ1時間、遅くても3時間あれば本書はすべて読み切れます。

 

ブルースが喧嘩っぱやい少年だったこと、大学で哲学を学んでいたこと、当時のアクション映画はガンアクションとカーアクションが主流だったことなど、彼の人柄や時代背景について書かれていました。

ブルース・リー入門書として本書はおすすめです。

 

 

武術にスタイルを持たない

俳優であり武道家でもあったブルース・リーは、武術にスタイルを持たないことにこだわったといいます。

なぜなら、決まった型を持たなければ、どんなスタイルにも適合できるからです。

 

すべての流儀を利用するが、何ものにも縛られない。

目的に適うものであれば、どんなテクニックや方法でも用いる。

 

これが武術にたいするブルース・リーの考えです。

こうした姿勢の根底には、柔軟さを説いた孔子の教えがあるのだといいます。

 

スタイルに縛られないブルースのような柔軟性は、私たちにとっても重要ではないでしょうか。

なにかに固執せず、あらゆるものを取り入れることは、すなわち変化するということです。

 

変化スピードが速い現代社会においては、彼のような柔軟さがますます必要とされているのかもしれません。

電子書籍なんて嫌だ、電気自動車なんてバカげている、ウェアラブル端末などいらんなどと頑固になっていたら、時代に取り残される。変化が大事。柔軟さが大事。

 

まとめ

伝説の俳優ブルース・リーの生き様を知れる一冊でした。

 

SNSが普及している現代では、誰もが情報発信をし、「有名人ごっこ」に興じています。

なかには世間から注目され、スターとなる人物もいます。

「自分も有名になってチヤホヤされたい」という動機でアウトプットしている人もいることでしょう。

 

映画俳優としてスーパースターになったブルースは、その生活について「それほどバラ色でもない」と語っています。

彼は有名人になるのと引き換えに、プライバシーを失ってしまったからです。

 

もしあなたが「みんなから注目されたい」という願望を持っているとしたら、ぜひ本書を読んでみてください。

有名人の苦悩を知ることができます。

 

以上、『ブルース・リー 命を焼きつけた100分』の要約と感想でした。

結論。ブルース・リーの人生がギュッと詰まった一冊。読めば、なぜ彼がヌンチャクを振り回すようになったのかも知れる。

べつにヌンチャクが好きだったわけではい。他に理由があった。