『無意味のススメ <意味>に疲れたら、<無意味>で休もう。』の要約と感想

本書は「無意味」をテーマに書かれた本です。

 

この記事では、川崎昌平著『無意味のススメ <意味>に疲れたら、<無意味>で休もう。』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『無意味のススメ <意味>に疲れたら、<無意味>で休もう。』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200707182820p:plain

まずは本書の要約から。

 

無意味だって悪くない。

これは無意味の価値、快楽を伝えるための本である。

 

氾濫する「意味」から心を守るための、無意味実践の手引き。

 

以上がおもな内容です。

正直なところ、本書を通して著者がなにをいいたいんだか、イマイチわかりませんでした。 

 

自己陶酔的文章

まず、文章が難解です。

一般的にほとんど使われない言葉や表現だらけの本書は、読み進めるのに骨が折れます。

 

著者の川崎氏はふだん編集者として働いているそうです。

だからでしょうか、本書はまるで語彙力自慢大会のような本でした。

地区予選は突破できそう。

 

タイトルには「意味に疲れたら、無意味で休もう」とありますが、とても休めません。

本書を読めば読むほど読者は疲れます。

 

体調が優れているときに読むか、あるいは読まないことをおすすめします。

どちらかといえば、読まないことをおすすめします。

意味を持たないキザな文体を見せつけられるだけだからです。

 

 

「意味」と「情報」を混同している?

著者は「意味」という言葉の定義を示していません

「意味」には、

  • 動機
  • 意図
  • 意義
  • 趣旨
  • 文脈で言葉が指し示す内容

など、あらゆる定義が存在します。

 

言葉について語るのに、その言葉の定義を共有しないまま話を進め、自己陶酔的文章をひけらかし、主張も曖昧なまま終えるというのは、いかがなものでしょうか。

 

たとえば著者は「意味が犯した最大の罪は、私たちから間違える自由を奪ったこと」だと述べています。

ですが、この指摘には納得できません。

 

私たちが間違いをおかさないようになったのは、ネット環境とスマホが普及した結果だからです。

あらゆる物事を事前に調べられるようになったからこそ、マズいラーメン屋に行くことも、くだらない映画を観ることも、すぐ壊れるスピーカーを買うこともなくなったのだといえます。

 

つまり、私たちから間違える自由を奪ったのは、意味ではなく情報だ、ということです。

このように情報とすべきところを、著者は「意味」と表記しています。

 

どうやら、著者が考える「意味」のカバー範囲は、果てしなく広いようです。

であればなおのこと、「意味」の定義を明らかにして欲しかった。

 

まとめ

意味のわからない本でした。

これが著者の思惑通りなのかどうかはわかりません。

 

ただ、本書を読んだことをきっかけに「無意味の良さ」に気づけたかといえば、答えはノーです。

無意味に難解な表現を使い、無意味にキザな言い回しをし、無意味に手書きのイラストを挿入した結果がこれだとしたら、それこそ無意味です。

 

ひとつわかったことがあるとすれば、意味で溢れる世界よりも、混沌とした無意味な世界のほうが疲れるということです。

 

以上、川崎昌平著『無意味のススメ <意味>に疲れたら、<無意味>で休もう。』の要約と感想でした。

結論。意味と情報を混同しがち。世の中には「無意味な情報」も存在しているので、意味と情報を同義で使うのは誤り。意味不明なことを意味不明な文体で綴った、意味のわからない書。