『科学的に自分を変える39の方法』の要約と感想

自分という人間にあなたは満足していますか?

 

この記事では、堀田秀吾著『科学的に自分を変える39の方法』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『科学的に自分を変える39の方法』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200729210439p:plain

まずは本書の要約から。

 

あなたは変わることができる。

人が変われるというのは、科学が証明している事実である。

 

性格や気質、行動、習慣、コミュニケーションの取り方について、変わりたい人に向け、世界中の研究データに基づく具体的なアクションを紹介する。

 

以上がおもな内容です。

あなたの短所を変えるヒントが、本書から得られるかもしれません。 

 

39の問題点とは?

著者は39種類の短所を取り上げ、その解決方法を解説しています。

 

短所というのはたとえば、

  • マイナス思考
  • プライドが高い
  • 完璧主義
  • 優柔不断
  • 時間にルーズ
  • 誘惑に甘い
  • 継続力がない
  • 行動力がない
  • 人見知り
  • 緊張しやすい
  • 嫉妬深い

などといった特徴のことをいいます。

このなかにあなたが該当しているものはありますか? 

 

たとえばプライドの高さを自覚しているとして、それを自身で「直したい」と思っていなければ、直す必要はありません。

なぜなら、プライドが高いことそれ自体には、良いも悪いもないからです。

 

ただし、「プライドの高さが邪魔をして〜ができない」といったことで困っているなら、改善したほうが良いでしょう。

プライドがあなたの行動に制限をかけているからです。

 

プライドの高さに対処する術として、他者を褒めるべし、と著者は述べています。 

理屈や詳細が気になる方は本書にてご確認ください。

 

 

「すべてに該当している人などいない」ことが本書の問題点

本書の問題点は、すべてのページが読者に関係しているわけではない点にあります。

つまり本書を買ったとして、あなたには関係のないページが多数ある、ということです。 

 

以下のような特徴39種類が本書には載っています。

  • マイナス思考
  • プライドが高い
  • 完璧主義
  • 優柔不断
  • 時間にルーズ
  • 誘惑に甘い
  • 継続力がない
  • 行動力がない
  • 人見知り
  • 緊張しやすい
  • 嫉妬深い

これらすべての短所を持っている人など、この世に存在しないでしょう。

すべてに当てはまっていたらとんでもないダメ人間。

 

したがってたいていの読者は、興味のないページ、読む必要のないページばかりだと感じてしまいます。

 

それから網羅性の高さと引き換えに、一つひとつの特徴について本書は、あっさりとしか触れていません。

 

プライドの高さについては「他人を褒めよ、以上」ってなもんです。

完璧主義については「あえて手を抜いてみよ、以上」ってなもんです。

短所を改善しようと思っても、本書の説明では物足りないといえます。

 

まとめ

人の性格や特徴について、広く浅く取り上げているのが本書です。

 

自分が該当している数ページのためだけにお金を払って本書を買うのは、おすすめしません。

エンゼルフィッシュを見るためだけに入館料を支払い、水族館に入るようなものだからです。

 

本書の内容が気になる方は、書店で立ち読みすると良いでしょう。

自分に該当しているページだけなら数分あれば読めてしまいます。

 

「そんなセコいことはしたくない」

そう思うマジメな方こそ、本書を立ち読みしてみてください。

プライドの高さに対処する術が紹介されています。

 

科学的に自分を変える39の方法

科学的に自分を変える39の方法

  • 作者:堀田 秀吾
  • 発売日: 2019/12/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

以上、堀田秀吾著『科学的に自分を変える39の方法』の要約と感想でした。

結論。役立つ3〜4つの情報と、興味のない35〜6の情報で構成されている本。完璧主義でマイナス思考、行動力がないくせに誘惑に弱い、そして時間にルーズって、そんな人間いない。

 

www.shortshortshort.jp

自分を変えるには、習慣を変えることです。

では、いったいどんな習慣を身につければ良いのでしょう。

 

答えは「成功者の習慣」です。

自分を高め、人々の役に立ち、お金を稼ぐ成功者の習慣に、あなたは興味ありませんか?

 

www.shortshortshort.jp

あなたが「ケチ」を自覚しているとしたら、こちらの記事をおすすめします。 

ケチな性格は直す必要がありません。

むしろ、いっそうのケチ、すなわちドケチを目指すべきです。