読書を趣味にできたら勝ち。読書がもつ3つのメリット

f:id:MORIKO:20200802161042p:plain

読書を趣味にできた人は幸せです。

なぜなら本好きな人間は、人生に退屈することがないからです。

 

本を読む行為がどれほど素晴らしいか、あなたは理解していますか? 

 

この記事では、

  • 人生から退屈が消える
  • 読書はお金がかからない

など、「読書を趣味にするメリット」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

読書を趣味にできたら勝ち。読書がもつ3つのメリット

f:id:MORIKO:20200802160652p:plain

数ある趣味のなかで、飛び抜けて優れているのが読書です。 

 

なぜなら読書には、

  1. 退屈知らずになれる
  2. お金がかからない
  3. ひとりで楽しめる

という3つのメリットがあるからです。

本を好きになれたなら、充実した人生が約束されたも同然だといえるでしょう。

 

1. 人生から退屈な時間が消える

f:id:MORIKO:20200802161323p:plain

読書を好きになれば、ヒマな時間というのが人生から消えてなくなります。

 

なぜなら、この世にはほぼ無限といっていいほど本が存在しており、読んでも読んでも「読みたい本」がなくならないからです。

 

たいてい本を一冊読むと、新しく読みたい本が見つかります。

それはおなじ著者が出している別の本かもしれませんし、本のなかで登場した分野に関する本かもしれません。

マインドフルネスというものが紹介されていて興味を持った、など。

 

読書好きな人間は、つねに「読みたい本だらけ」の状態にあります。

読みたい本がある状況は、やりたいことがある状況だと言い換えることができるでしょう。

 

「やりたいことがある」は幸福

f:id:MORIKO:20200802161717p:plain

私たち人間にとって、「やりたいことがある状態」は、すなわち幸せです。

やりたいことがあると、心がワクワクするからです。

 

ゲームが趣味だという人間は、「面白いゲームがない」と嘆くことがあります。 

いっぽうで読書好きな人間が「面白い本がない」と嘆くことはありません。

世の中には、私たちの知的好奇心を刺激する本が溢れているからです。

 

つまり読書好きの人間は、死ぬまでずっと「やりたいこと」がなくならず、ワクワクしつづけられるということです。

 

 

2. 読書にはお金がかからない

読書というのは、もっともコストパフォーマンスに優れた趣味の一つです。 

本を1冊買うのにかかる費用など、数百円〜2千円にすぎません。

 

f:id:MORIKO:20200802162051p:plain

  • 旅行
  • 演劇鑑賞
  • クルマいじり
  • アイドルグッズ収集

などの趣味にくらべ、読書は安く済みます。

つまり、お金を気にして活動をセーブしなくて良い、ということです。

 

旅行が好きだとしても、毎週末どこかを旅できるわけではありません。

費用がかかりすぎるからです。

ですが、本であれば、毎週新しい本を買って読むくらい、どうということはありません。

 

本の購入費用を削りたければ、

  • 中古本を買う
  • 図書館で借りる

といった手があります。

コストを削るためにヒッチハイクしなければならない旅行よりも、読書は、コストダウンしやすい趣味だといえるでしょう。 

 

映画好きよりもリーズナブル

f:id:MORIKO:20200802162318p:plain

趣味として人気なのが映画です。

たくさんの作品があるという意味では、映画が好きな人も人生で退屈することはないでしょう。

ただし2分間のスキマ時間で楽しめないのは映画の欠点。

 

ところが映画というのは、鑑賞環境への投資にお金がかかります

自宅のテレビで観るよりは、映画館へ行って作品を観たほうが楽しめるでしょう。

自宅にホームシアターを作る夢も、多くの映画好きにとっての憧れです。

 

つまり映画というのは、鑑賞する環境にお金をかけるほど、より質の高い映画体験を得られるわけです。

したがって、スピーカーやプロジェクターといった機材にお金をかけたり、映画館に足を運んだりしたくなり、結果としてお金がかかります。

 

いっぽうで読書には、読む環境による体験の差異がありません。

おなじ作品を、

  • 単行本
  • 文庫本
  • 電子書籍版

どれで読んでもいっしょです。

読書においては、読者の集中力と理解力だけが重要であって、環境や本にお金をかけたところで、読書体験にはほとんど影響しません。

 

お金持ちも貧乏人も関係ない、読書はすべての人にフェアな趣味だということです。

 

どれだけどっぶりと読書にハマったところで、お金がどんどん減っていく心配もありません。 

読書というのは、この上なく安心かつ健全な趣味なのです。 

 

3. ひとりで楽しめる

f:id:MORIKO:20200802162735p:plain

読書の強みは「ひとりで楽しめる」点にもあります。

テニスやゴルフと違い、読書は、誰かといっしょに行う必要がない活動です。

 

読書を趣味にしている限り、あなたは他者とのスケジュール調整など、億劫な作業とは無縁でいられます。

 

誰も誘うことなく、気が向いたときに、好きな場所で、たとえ夜中でも楽しめる、それが読書の魅力です。

仕事や家庭など、ふだんから私たちは、誰かに気を遣いながら生活しています。 

 

趣味の時間くらいひとりで楽しみたいと思いませんか?

読書ならそれが可能です。

 

たとえあなたが嫌われ者で友達がひとりもいないとしても、読書をする上で、なんら支障はありません。

誰からも誘いがこないため、友人がいないのは、読書好きにとってむしろ好都合だといえるでしょう。

 

つまり、嫌われに者こそ読書の素質がある、ということです。 

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200802163515p:plain

読書を趣味にする3つのメリットをお伝えしてきました。

  1. 退屈知らずになれる
  2. お金がかからない
  3. ひとりで楽しめる

読書を好きになることで、あなたはこうした恩恵に授かれます。 

 

本をまったく読まない人よりは、充実した人生を送れることでしょう。 

ひとりで、お金をかけず、楽しみがずっと持続する趣味など、読書くらいのものです。 

読書こそ最強の趣味だといえそうです。

 

世の中には、読書のメリットとして、

  • 頭が良くなる
  • 語彙力が高まる
  • 年収が高くなる
  • 会話の引き出しが豊富になる

といった効果を挙げる人がいます。

ですが、いずれも些末なオマケであって、たいしたメリットではありません。

 

読書が素晴らしいのは、ひとりで、お金をかけず、楽しみがずっとつづく点にこそあるといえます。

ゆえに、読書を趣味にできたら勝ちなのです。 

 

以上、読書を趣味にするメリットでした。

結論。読書好きが偉いわけではない。賢いわけでもない。でも、こっそり人生を楽しんでいるのは事実。

 

www.shortshortshort.jp

読書を習慣にする方法はこちらです。 

本を読む習慣がない方は、ぜひ参考にしてみてください。

本好きに変身できるかもしれません。

 

www.shortshortshort.jp

本好きのなかで、ビジネス書ばかり読んでいる方はいませんか?

 

www.shortshortshort.jp

趣味として避けるべきはドライブです。 

なぜなら、趣味を楽しんでいる途中で人の命を奪ったり、自分が命を落としたりする危険性があるからです。

 

いっぽう読書なら、本を読んでいて誰かを殺すことも、本の角に頭をぶつけて脳震盪を起こすこともないでしょう。

ドライブと違い、読書は安心安全なのです。