『ホントはコワイ夏バテ51の対策』の要約と感想

夏バテを避けるには、身を守るための正しい知識が必要です。

さまざまな夏バテ対策を本書から学んでみてはいかがでしょうか。

 

この記事では、福田千晶著『ホントはコワイ夏バテ51の対策』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『ホントはコワイ夏バテ51の対策』の要約と感想

f:id:MORIKO:20200826151719p:plain

まずは本書の要約から。

 

夏バテが恐ろしいのは、熱中症のリスクを高めることだ。

夏バテは体調不良の範疇だが、熱中症にかかると死亡することもある。

 

食事や衣類、空調、ライフスタイルなど、さまざまな夏バテ対策について解説する。

 

以上がおもな内容です。

夏バテしやすい人の特徴として、

  • 寝不足
  • 胃腸が弱い
  • 身体が冷えている
  • 汗をかきにくい 

などが挙げられていました。

いずれかに該当している方は、本書を読んでおいたほうが良さそうです。

 

夏バテ対策が網羅されている

本書には、夏バテを防ぐための知識が51項目載っています。

情報量に関して不足はありません。

 

そもそも夏バテとは、暑さによって体力や胃腸の働きが低下し、

  • 消化不良
  • 身体の冷え
  • 食欲の低下
  • エネルギー不足

などを引き起こしている状態を指します。

 

これだけならただ「体調が優れない」だけですが、身体が弱っているため、夏バテしている人は熱中症にかかるリスクが高まるといいます。

熱中症で命を落とす人は、毎年かならず出ています。 

 

あなたが熱中症の犠牲者とならないためにも、まずは夏バテの対策をおすすめします。

 

 

夏バテ対策としてすべきこと

本書に載っていた夏バテ対策の中から、いくつかの方法をご紹介します。

 

まず、夏バテ予防として冷房は必須です。

というのも、冷房がない部屋は高温となり、あなたの体力を奪っていくからです。

 

暑い部屋でガマンして生活していたら、気づかないうちに体力を消耗し、胃腸の働きが悪くなり、体調を崩してしまうかもしれません。

できればエアコン、エアコンが高くて買えない場合には扇風機くらいは持っておきたいところです。

 

それから食事面では、「単品メニューを避けるべきだ」と著者は述べていました。 

なぜなら、丼物やうどんといった単品メニューは、そのほとんどが炭水化物だからです。

 

炭水化物ばかり食べていては、体に必要なビタミンやミネラル、タンパク質をじゅうぶんに摂取できません。

結果として体の機能が落ち、暑さに負け、夏バテを引き起こしかねないのです。

 

食事を単品で済ませるのではなく、 

  • 主菜
  • 副菜
  • 汁物

などを用意し、栄養バランスに配慮したいところです。

夏場に限らず、食事の栄養バランスはいつでも大事。

 

まとめ

夏バテになるかどうかは、「運」で決まるわけではありません。

夏バテ対策の知識量と実践によって決まります。

 

つまり、正しい知識を持っていれば夏バテは防げる、ということです。

 

締め付けが強い衣類が良くないこと、夜更かしを避けたほうが良いこと、体力の必要性など、あなたはどれだけ「夏バテ対策」を把握しているでしょうか。

あるいは、あなたが正しいと思っていた知識が、じつは間違っている可能性もあります。

 

夏は毎年かならずやってきます。

夏バテに関する知識を持っておいて損はないでしょう。

あなただって、熱中症でポックリ死にたくはないはずです。

 

ホントはコワイ夏バテ51の対策

ホントはコワイ夏バテ51の対策

  • 作者:福田 千晶
  • 発売日: 2013/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

以上、福田千晶著『ホントはコワイ夏バテ51の対策』の要約と感想でした。

結論。日本に住んでいれば、夏は毎年やってくる。暑さに勝つためには知識が必要。その知識が本書に詰まっている。

 

www.shortshortshort.jp

アイスクリームは胃腸を冷やし、消化吸収の機能を低下させ、あなたを夏バテへと誘導します。

アイスの食べ過ぎにはご注意ください。

 

www.shortshortshort.jp

睡眠不足がつづくと夏バテしやすくなります。 

快適な寝室でぐっすり眠れていますか?