スピード狂の心理。車で猛スピードを出す人の気持ちとは

f:id:MORIKO:20200904203113p:plain

法定速度を守らず、猛スピードで車を走らせる人を「スピード狂」といいます。

 

スピード狂の人たちは、いったい何を考えているのでしょうか。

どんな目的があって、車の速度を上げるのでしょうか。

 

この記事では、

  • 自己顕示欲を満たしたい
  • ストレス発散

など、「スピード狂の心理」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

車で猛スピードを出す「スピード狂」の心理

f:id:MORIKO:20200904202730p:plain

法定速度を無視し、一般道や高速道路で車を爆走させるのがスピード狂です。

 

たとえば、制限速度40km/時の道路を、スピード狂は80km/時で疾走したりします。

車で飛ばす人たちは、速さに快感を覚えているのです。

なお、スピード狂に男女は関係ありません。 

 

彼/彼女らが車の運転で猛スピードを出す理由は、

  1. 自己顕示欲
  2. スリル
  3. ストレス

という3つのキーワードで説明できます。

 

1. 自己顕示欲を満たしたい

f:id:MORIKO:20200904203544p:plain

人は誰でも「他者に認められたい」という欲求を持っています。

これを承認欲求、あるいは自己顕示欲といいます。

 

スピード狂は、車を猛スピードで走らせることで自己顕示欲を満たそうとしているのです。

一般道を爆走して、

  • ドライビングテクニック
  • 度胸

などの凄さを、スピード狂は他者に見せつけたいのでしょう。

 

つまりスピード狂というのは、自分は運転がうまくて怖いもの知らずなのだと周囲にアピールし、悦に入っている、ということです。

 

スピード狂の勘違い

f:id:MORIKO:20200904203851p:plain

爆走する自分に後続車がついてこれないのは、

  • 運転技術がないから
  • 度胸がないから
  • 車の性能が低いから

などと考え、スピード狂は満足します。

 

ですが、これは勘違いです。

 

なぜなら多くのドライバーが猛スピードを出さないのは、運転がヘタなわけでも度胸がないからでもなく、制限速度を守ろうとしているからです。

あるいは、大きな交通事故を起こすリスクを抑えようとしているからです。

 

ところがスピード狂は勘違いし、「みんな度胸のない下手クソなドライバーばかりだ」と周囲を見下し、優越感を抱いています。

 

つまりスピード狂は、勝手な勘違いをして良い気分になっている、ということです。 

 

 

2. スリルを味わいたい

スピード狂が公道を爆走するのは、猛スピードによるスリルを味わいたいから、という動機もあるでしょう。

 

f:id:MORIKO:20200904204251p:plain

いい換えれば、彼/彼女らの日常生活はよほど退屈なのだといえます。

ですが、よくいわれるように「人間は刺激がなければ生きていけれない」生き物です。

 

だからこそ、

  • 事故を起こすリスク
  • 警察に取り締まられるリスク

などを冒し、心臓をドキドキさせ、アドレナリンの分泌とともに、スピード狂は興奮する快感を味わっているのではないでしょうか。

 

アクセルペダルを踏み込むだけで刺激を与えてくれるのが車です。

スピード狂にとって自動車は、刺激をもたらしてくれるオモチャに過ぎません。

 

場合によっては大事故を起こし、刑務所にぶち込まれることさえありますが、日常に退屈しているスピード狂にとっては刑務所生活も悪くないのかもしれません。 

刑務所で非日常という名の刺激を味わえるので。 

 

3. ストレスを発散したい

f:id:MORIKO:20200904204614p:plain

スピード狂が法定速度を無視する理由として、ストレス発散も挙げられます。

 

日常生活で溜め込んだストレスや怒り、鬱憤、モヤモヤとしたやり場のない感情を、猛スピードを出すことで発散している、ということです。

 

ストレスが溜まると、人間は全力でなにかをしたくなります。

  • カラオケで熱唱する
  • サンドバッグを殴りまくる
  • 上り坂を全力疾走する
  • 車内で大声を出す

など、溜め込んだ負のエネルギーを爆発させたくなるのです。

 

ストレス発散の手段として、スピード狂は「車を猛スピードで走らせること」を選んでいるのかもしれません。

 

とりわけ、ルールや規則を破る背徳感は人をスッキリとした気分にさせます。 

道交法で定められた法定速度を無視する背徳感が、快感となり、彼/彼女らのストレス解消に一役買っている側面もあるはずです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200904205433p:plain

いわゆる「スピード狂」といわれる人たちが車で猛スピードを出すのは、

  • 自己顕示欲を満たしたい
  • スリルを味わいたい
  • ストレスを発散したい

といった心理に突き動かされているからです。

 

すべてに該当しているのか、どれかひとつの動機に基づいているのかは、スピード狂によって異なります。

 

ただしあらゆるスピード狂に共通していえることがあります。

スピード狂と呼ばれる人たちは想像力が欠如している、ということです。

 

スピードを上げれば上げるほど、

  • 交通事故発生のリスク
  • 交通事故の大きさ

が甚大なものになるのは、疑う余地がありません。

ですが想像力が足りていないために、「交通事故を起こしたらどうなるか」をスピード狂の人たちは考えられないのです。

想像できていたら、あんなに猛スピードでぶっ飛ばさない。

 

猛スピードを出したせいで大事故を起こし、相手を死なせ、はじめて自らの運転を後悔します。

が、時すでに遅しです。

2020年8月のポルシェ追突死亡事故のように。

 

  • 自己顕示欲
  • スリル
  • ストレス発散

すべてクルマを爆走させなくても叶えられます。 

ほかの手段がいくらでもある、ということです。

 

法定速度を超過して爆走するのは、やめておいたほうが良いでしょう。

 

以上、スピード狂の心理でした。

結論。自分の凄さを見せつけたくて、刺激を味わいたくて、ストレスを発散したい。だからスピード狂は猛スピードで突っ走る。

 

www.shortshortshort.jp

もしあなたの身近にスピード狂がいるなら、こちらの記事を読んでもらってください。 

その人物が大事故を起こし、誰かを死なせる前の今ならまだ、間に合います。

あるいは本人が大事故を起こして死んでいない今ならまだ、助けられます。