ピスタチオの殻が開かないときにおすすめの開け方

f:id:MORIKO:20200926170119p:plain

ピスタチオのなかには、殻がほとんど開いておらず、実が取り出しにくいものがあります。

 

殻を閉ざしたピスタチオ」に遭遇したとき、あなたはどのように対処していますか? 

 

一発で殻が開かないとイライラして捨てる、という人もいますが、もったいないのでおすすめしません。

ちょっとした工夫で、ピスタチオの殻は開けられます。

 

そこでこの記事では、

  • 爪が割れるリスク
  • 歯で噛みつぶす開け方

など、「ピスタチオの殻が開かないときにおすすめの開け方」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ピスタチオの殻が開かないときにおすすめの開け方

f:id:MORIKO:20200926165422p:plain

ピスタチオは硬い殻に覆われた状態で市販されています。

 

殻はたいてい「鳥のクチバシ」のような形で少しだけ開いており、隙間に爪や指先をひっかけてパキッと殻を開け、なかの実を取り出すのが一般的な食べ方です。

 

問題なのは、不良品とでもいうべきピスタチオです。

隙間がほぼなく、殻にただヒビが入っているだけのような状態のピスタチオは、爪や指先の力だけでは開けられません。

 

歯で殻を噛み砕く 

f:id:MORIKO:20200926170609p:plain

殻がほとんど開いていないピスタチオに遭遇したら、歯を使うことをおすすめします。 

 

ピスタチオを殻ごと口のなかへ入れ、左右いずれかの奥歯のあたりにセットし、噛み砕いてください。

人間の噛む力はおよそ70kgですので、硬いピスタチオの殻もあっさり砕けます。

 

バキバキッという音がしたら、ピスタチオを口から出します。 

ヒビ割れた殻を爪で取り除き、なかの実を取り出して食べればミッションコンプリートです。

 

裏技やテクニックというよりは、ただの力技に過ぎません。

ただ、ドアの鍵が開かないとき、映画の主人公はたいていドアを蹴破って通ります

 

いざとなったらパワーで解決するのが手っ取り早い、ということです。 

 

 

爪で殻をこじ開けようとするのはNG

殻のわずかな隙間に爪をさしこみ、開けようとするのはタブーです。

やめておきましょう。 

 

f:id:MORIKO:20200926171750p:plain

なぜなら、

  • 爪が割れる
  • 爪が剥がれる

などの怪我を負うリスクがあるからです。

ピスタチオの殻は硬く頑丈で、爪先だけでチョチョイと開けられるようなものではありません。

 

ググッと力を込めた結果、爪が負け、割れたり剥がれたりするケースが実際に起こっています。

たった1つのピスタチオのためにそこまで犠牲を払う必要はないでしょう。

 

爪が剥がれる」だなんて、まるで映画の拷問シーンのような光景を、自らの指先に再現したいと思いますか?

答えがノーであれば、爪でピスタチオをこじ開けようとしないことです。 

 

爪よりも頑丈な「歯」を使いましょう。

 

まとめ

ピスタチオの殻が開かないときの対処法をお伝えしてきました。

 

開く気配のないピスタチオの殻は、奥歯で噛み砕くのがおすすめです。

けっしてスマートな解決法ではありませんが、効果は覿面です。

原始人になった気分で、ピスタチオの殻をガリガリと噛み砕きましょう。

 

ただし、

  • 歯が弱い方
  • 歯茎が弱い方
  • 詰め物をしている方
  • 被せ物をしている方

など、歯になんらかの不安要素を抱えている方にはおすすめしません。

 

奥歯で噛み砕くのが難しい場合、殻を閉ざしたピスタチオは捨てましょう

ちょうど、カビが生えているミカンを捨てるのとおなじです。

つまり、安心や安全を優先すべきだ、ということです。 

 

コップで叩き割る?

f:id:MORIKO:20200926172343p:plain

「テーブルにピスタチオを置き、コップやマグカップで叩いて割れば良いのでは?

このように考える方もいるでしょう。

 

道具を使った賢い方法です。

このやり方でたしかにピスタチオの殻は割れるかもしれませんが、同時に、テーブルに凹みや擦り傷がつく恐れがあります。

 

なぜなら、硬いマグカップに力を込めて振り下ろすからです。

強い衝撃はピスタチオの殻に伝わり、そのままテーブルにも伝わります。

 

ガラステーブルならヒビが入るかもしれませんし、木製テーブルなら、凹みや擦り傷がつくことでしょう。

ピスタチオは、そこまでして(家具を破損させてまで)食べる必要のあるものでしょうか。 

 

ちなみにピスタチオは、販売しているメーカーによって「殻が閉じているヤツの出現率」がだいぶ異なります。 

さまざまなメーカーの商品を試し、殻が閉じているピスタチオが少ない、信頼できるメーカーを見つけてみてください。

 

以上、ピスタチオの殻が開かないときにおすすめの開け方でした。

結論。爪の強度を過信するなかれ。マグカップを振り下ろすことなかれ。奥歯で殻を噛み砕け。木っ端微塵にしてしまえ。

 

www.shortshortshort.jp

食べ物に関して、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

食事をとる際、血糖値になんらかの配慮をしていますか?