【なぜ】コーヒーを飲んでも眠くなる理由2選

f:id:MORIKO:20201014214704p:plain

コーヒーに含まれているカフェインには覚醒作用があるため、「眠気覚まし」としてコーヒーを飲む人も少なくありません。

 

ところが世の中には、眠気覚ましどころか、コーヒーを飲んでいるにもかかわらず眠たくなってしまう人がいます。

まるで、風邪薬を飲んで咳や発熱がヒドくなるような、奇妙な現象です。

 

いったいなぜ、コーヒーを飲んでいるにもかかわらず、眠気に襲われてしまうことがあるのでしょう。

 

この記事では、

  • 砂糖入りのコーヒーを飲んでいる
  • カフェインが効きにくい体質

など、「コーヒーを飲んでも眠くなる理由」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

コーヒーを飲んでも眠くなる理由2選

f:id:MORIKO:20201014213555p:plain

コーヒーを飲むと頭がシャキッとするのは、コーヒーに含まれているカフェインに覚醒作用があるからです。

 

もしあなたが、覚醒作用をもつはずのコーヒーを飲んでいるのに眠くなってしまうとしたら、

  1. 砂糖入りのコーヒーを飲んでいる
  2. カフェインが効きにくい体質

いずれかの理由で説明ができます。

 

1. 砂糖入りのコーヒーを飲んでいるから

f:id:MORIKO:20201014215155p:plain

眠気覚ましとしてコーヒーを飲むなら、ブラックコーヒー以外の選択肢はないとお考えください。 

なぜなら、たいていの缶コーヒーやコーヒー牛乳には、砂糖がたっぷり含まれているからです。

 

大量の砂糖を摂って血糖値が急上昇することで、私たちは眠気に襲われるとされています。 

昼食後に眠くなってしまうのとおなじ原理です。

 

つまり砂糖入りのコーヒーを飲むことで、

  • カフェイン:眠気覚まし
  • 砂糖:眠気を誘う

これらを摂取し、体内で相反する作用が働き、結果、砂糖軍が勝ったということです。

 

砂糖入りのコーヒーは、眠くする作用と、眠気を覚ます作用の両方を持ちあわせているといえます。

ひとつの部屋で除湿機と加湿器をどうじにつけているようなもの。

 

眠気覚ましとしてコーヒーを飲むなら、余計なものが入っていないブラックコーヒーをお選びください。 

砂糖による眠気に襲われることなく、カフェインの覚醒作用だけを享受できます。

除湿機と加湿器の例でいえば、片方の電源をオフにするということ。 

 

 

2. カフェインが効きにくい体質だから

もしブラックコーヒーを飲んでも眠くなってしまうのであれば、あなたはカフェインの覚醒作用が効きにくい体質なのかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20201014215442p:plain

牛乳を飲んでお腹を壊す人、平気な人がいるのとおなじように、カフェインにたいする耐性には個人差があります。

ふだんからカフェインを摂取している人は、カフェインにたいする耐性ができ、だんだん(眠気覚ましとして)効きにくくなるともいわれています。

 

あなたがカフェインに強い体質だとしたら、コーヒーを飲んだ時間帯と、眠くなる時間帯がたまたま重なっただけかもしれません。

たいていの人は、午後2〜3時ごろに眠気に襲われがちです。 

 

あなたがこの時間帯にコーヒーを飲み(覚醒作用はほぼ無し)、その後眠くなったとしたら、まるで「コーヒーを飲んだら眠くなった」かのように勘違いするのも無理はないといえます。

 

カフェインの覚醒作用が効きにくい場合、あなたにとってコーヒーは、水とほとんど変わりません。

水を飲んでいて午後2時に眠くなったようなものです。

つまり、なんらおかしな話ではない、ということです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201014215844p:plain

コーヒーを飲んでいるのに眠くなる理由をお伝えしてきました。

 

可能性があるのは、

  1. 砂糖入りのコーヒーを飲んでいる
  2. カフェインにたいする耐性が強い

このいずれかです。

 

もし砂糖入りのコーヒーを飲んでいるとしたら、無糖のコーヒーに切り替えるだけで、眠気を抑えられるかもしれません。

 

ブラックコーヒーを飲んでもダメなら、あなたにはカフェインの覚醒作用が効きにくいということです。

こちょこちょが効きやすい人、効かない人がいるようなもの。 体質の問題なので変えられない。

 

眠気を覚ましたい場合、コーヒーには期待せず、歩くなどして体を動かすことをおすすめします。

あるいは、20分程度の仮眠をとるのも良いでしょう。

仮眠をとって脳を休めてやれば、回復した脳はふたたびシャキッと働いてくれます。

 

以上、コーヒーを飲んでも眠くなる理由でした。

結論。砂糖入りのコーヒーはNG。眠気覚ましにはならない。無糖のコーヒーを飲んでも眠くなるなら、カフェインが効きにくいか、よほど体が疲れているか。いっそ仮眠をとってみては。

 

www.shortshortshort.jp

仮眠についてはこちらの記事がおすすめです。