『ミニマリスト スマホの中を片付ける』の要約と感想

デジタル・ミニマリストを名乗る著者が、スマホを自分仕様にカスタマイズし、フル活用する術を紹介しています。

 

端的にいえば、まるでスマホの取扱説明書みたいな本、です。

 

この記事では、飯島彩香著『ミニマリスト スマホの中を片付ける』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『ミニマリスト スマホの中を片付ける』の要約と感想

f:id:MORIKO:20201018154507j:plain

まずは本書の要約から。

 

前著『スマホひとつで暮らしたい』につづく2冊目の本。

スマホ以外のものをほとんど手放した著者が、デジタル・ミニマリストの意地とプライドをかけ、スマホの中身までスッキリ片付けていく

 

「スマホを効率よく最大限に使いこなせれば人生が変わる」を標榜する彼女が、SNSの活用法、メルカリの活用法、スマホを使ったお金の管理術などを解説する。

 

以上がおもな内容です。

要は、ミニマリストが「スマホの使い方」を説明している本です。

本書はそれ以上でも、それ以下でもありません。 

 

スマホの中を片付けるメリットとは?

スマホの中が散らかっているのは、部屋が散らかっているのとおなじこと 」だと著者は述べていました。

 

両者はほんとうにおなじでしょうか。

いえ、まったく違います。

 

部屋が散らかっていると、

  • 掃除をしにくい
  • ホコリが溜まりやすい
  • リラックスできない
  • 室内を移動しにくい
  • 探している物を見つけにくい

このようなデメリットが生じかねません。 

 

いっぽうで、スマホの中が散らかっていても(アプリだらけの状態?)、なんら支障はないといえます。

スマホに山ほどアプリをインストールしたところで、咳が出たり、つまづいて転んだり、スマホの重量が20g増えたりはしません。

 

アプリを探す手間が省けること

これが、スマホの中を片付ける(唯一にして最大の)メリットだそうです。

 

それだけかよ、ってなもんです。

散らかった部屋で爪切りを探すのと違い、スマホにインストールしてあるアプリを、1時間も2時間もかけて探す人はいません。

なぜなら、アプリはすぐ見つかるからです。

 

そもそもたいていのスマホアプリは無料でダウンロードできるため、どんどんアプリを増やしたとしても、損はしません。

使っていないアプリを削除すべき理由(アプリを探す手間が省ける)が弱すぎます。

 

 

ミニマリストが差別化を図っただけの本

世の中には自称"ミニマリスト"が溢れています。

ミニマリストの人口は、まったくもってミニマムではありません。

 

ところで著者は、前著の『スマホひとつで暮らしたい』という本がきっかけで人生が変わり、現在は会社員を辞め、「スマホを使ってミニマルライフを発信すること」を仕事としているそうです。

 

群雄割拠のミニマリストレッドオーシャンで勝ち抜くためでしょうか。

飯島氏は肩書きを前著の「ミニマリスト」から本書の「デジタル・ミニマリスト」へとアップグレードさせ、差別化を図っています。 

  

デジタル、掛ける、ミニマリズム、イコール、生き残り、ってなもんです。

ただ残念なことに、スマホの中を片付けるメリットは「アプリを探しやすくなること」しかないそうなので、デジタル・ミニマリストを名乗る著者の活動は、前途多難だといえるでしょう。

 

  • SNSの活用法
  • メルカリの活用法
  • スマホは家電のリモコンにもなるよ
  • 薬手帳や診察券もスマホで管理できるよ

など、スマホの片付けとは程遠い内容ばかりが書かれている本書は、ただの「スマホの取扱説明書」でしかありませんでした。

 

著者は「スマホひとつで人生を変えられる時代だ」と主張しています。

彼女がスマホで人生を一変させられたのは「アウトプット」をしたからです。

 

けっして、

  • スマホ決済を導入したから
  • スマホを家電のリモコンにしたから
  • 薬手帳と診察券をスマホで管理したから

人生が変わったわけではないのです。

 

本書を読み、彼女のマネをしたところで、私たち読者の人生は変わりません。

変わるのは、せいぜい「アプリを探す手間が省けること」くらいです。

 

「情報格差はやがて貧富の差になる」と著者は述べていました。

本書に載っている程度の情報であれば、知っていても、知らなくても、貧富の差につながることはないでしょう

 

まとめ

一冊の本として、無理があります。

なぜなら、終始スマホの活用方法を説いているだけだからです。

 

著者が推奨するようにスマホを使いこなせても、人生は変わりません

スマホ依存症になる、という意味では変わる可能性がありますが、マイナス方向に変わってしまうのは不本意です。

 

「私はスマホを使ってミニマルライフを発信して人生を変えたよ。そんな私のスマホの中はいまこんな感じ」

という感じの本でした。

 

それよりも興味深いのは、著者の動向です

  1. ミニマリスト
  2. デジタル・ミニマリスト

このように、著者の肩書きは遷移しています。

モノやアプリが増えるのは嫌がる飯島氏ですが、肩書きの字数が増えることは、気にしないようです。

 

もし3冊目の本が出版されるとしたら、いったいどんな肩書きで、今度はなにをスッキリさせたよ、と報告してくれるのでしょうか。

夫、ではないことを願っています。

 

あるいは彼女の夫が『ミニマリストの妻に捨てられない夫になる方法』ってな本を出版するのも、次の段階としては悪くありません。

 

ミニマリスト スマホの中を片付ける

ミニマリスト スマホの中を片付ける

  • 作者:飯島彩香
  • 発売日: 2020/06/24
  • メディア: 単行本
 

以上、飯島彩香著『ミニマリスト スマホの中を片付ける』の要約と感想でした。

結論。ミニマリストの世界で生き残るには、マキシマムな努力が必要だと感じさせられる本。モノをポイポイ捨てるだけでお金がジャラジャラ入ってくるほど、楽な世界ではないらしい。ちなみに本書は、ただのスマホ取扱説明書。

 

www.shortshortshort.jp

飯島彩香氏の前著はこちらです。