ホンダN-BOXはターボとノンターボどっちがおすすめ?

f:id:MORIKO:20201019165833p:plain

ホンダが販売している2代目N-BOX(2017年〜)には、ターボと自然吸気(ノンターボ)、2種類のエンジンが用意されています。

 

どちらのエンジンを搭載したN-BOXを買うべきなのかは、あなたが何を重視するかによって変わります。

 

この記事では、

  • 燃費重視ならノンターボ
  • 走りを重視するならターボ

など、「ホンダN-BOXはターボとノンターボどっちがおすすめなのか」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ホンダN-BOXはターボとノンターボどっちがおすすめなのか

f:id:MORIKO:20201019165348p:plain

あなたが重視しているポイントによって、おすすめのエンジンタイプは変わってきます。 

  1. 燃費の良さ
  2. 走りの良さ

あなたにとって重要なのはどちらでしょうか。

 

もし燃費の良さ(維持費の安さ)を重視するなら、自然吸気(ノンターボ)エンジンがおすすめです。

燃費が良いのは、ターボよりもノンターボエンジンです。

 

いっぽうで、N-BOXに走りの良さやパワーを求めるなら、おすすめはターボエンジンです。

 

1. 燃費重視ユーザーはノンターボ

f:id:MORIKO:20201019170134p:plain

燃費の良さを求めるなら、ターボエンジンを積んだN-BOXではなく、ノンターボの自然吸気エンジンを積んだN-BOXを買うのがおすすめです。 

 

なぜなら、自然吸気エンジンのほうが、ターボエンジンよりも燃費が良いからです。

ターボエンジンはその仕組み上、エンジンの燃焼室を冷却するために(ノッキングを防ぐために)燃料を余分に噴射し、その気化熱によって冷却しています。

 

つまりターボエンジンは、燃焼室を冷却するために余分に燃料を使ってしまうわけです。

たとえるなら、暑い夏の日に打ち水(庭先や道路に水をまく)をするようなものです。

 

メカニックな要因はともかく、ターボエンジンよりも、ノンターボエンジンのほうが燃費が良いのは事実です。

 

N-BOXの場合、ターボとノンターボでは1Lあたりの走行可能距離におよそ1.5kmの差が生じています。

おなじ1Lのガソリンを燃焼した際に、ノンターボのほうがターボモデルよりも1.5km先まで走行できる、ということです。

 

N-BOXのガソリンタンク容量は、

  • FF:27L
  • 4DW:25L

このようになっています。

FFのターボとノンターボでは、燃料を満タンにしたときの走行可能距離に(27L×1.5km=)45.5kmの差が生じる計算になります。

 

あなたが燃費の良さや経済性を重視するのであれば、ノンターボのN-BOXを買うのがおすすめです。

 

 

2. 走り重視ユーザーはターボ

走りを重視する方には、N-BOXのターボモデルをおすすめします。

 

58馬力のノンターボモデルにくらべ、ターボモデルは、軽自動車の自主規制いっぱいである64馬力にまで出力が高められているからです。

 

f:id:MORIKO:20201019170546p:plain

パワーもトルク(加速力)もターボエンジンのほうが優れているため、

  • 遅いのは嫌だ
  • 高速道路も走る
  • 坂道を走ることが多い
  • 軽快な走りを楽しみたい

といった方は、ターボエンジンを積んだN-BOXを買うと良いでしょう。

 

グレードによって車重が違う

f:id:MORIKO:20201019171038p:plain

ターボエンジン搭載モデルのN-BOXでも、仕様によって車重が異なります。 

走りに軽快さや速さを求めるのであれば、車重は、軽ければ軽いほど良いといえます。

 

たとえるなら、あなたがリュックを背負って走るようなものです。

  • 5kgのリュック
  • 20kgのリュック

どちらを背負っている状態のほうが速く走れるでしょうか。

 

間違いなく5kgのリュックです。

というのも、あなたの足の速さが一定なら、負荷が軽いほど速く走れるからです。

 

自動車もおなじです。

64馬力のエンジンを搭載しているN-BOXは、軽ければ軽いほど速く走れます。

 

まず、N-BOXの標準車とN-BOXカスタムをくらべると、標準車のほうが軽いことがわかります。

N-BOXカスタムが重たいのは、大型のリアスポイラーがついているためでしょう。

 

それからN-BOXには、

  • ベンチシート
  • スーパースライドシート

これら2種類の仕様があります。

重要が軽いのは、ベンチシートタイプです。

 

  • FF
  • 4WD

これらの駆動方式のうち、軽量なのはFFです。

4WDは後輪を回すためのシャフト(回転軸)が加わるため、車重が重くなってしまうのです。

 

したがってN-BOXのなかでは、標準車のベンチシートFFターボモデルが、もっとも軽快に走れるグレードだといえます。

おなじ64馬力のエンジンにたいして車重がもっとも軽いので。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201019171402p:plain

ホンダN-BOXを買うならターボとノンターボ、どっちがおすすめなのかについてお伝えしてきました。 

 

燃費を重視する方にはノンターボのN-BOXが、走りを重視する方にはターボのN-BOXが、それぞれおすすめです。

 

ただしホンダのN-BOXは、軽自動車のなかでもトップクラスの車重(約1t)を持つクルマです。

ノンターボモデルを買ったものの「パワーが全然足りない」と不満に感じ、ノンターボのN-BOXを売り、新たにターボモデルのN-BOXを買う人もいます。

 

よほど燃費にこだわらない限り、ターボエンジン搭載のN-BOXを買うのが無難だといえます。

ノンターボのN-BOX購入を検討している方は、ホンダのディーラーへ行き、試乗してみると良いでしょう。

 

もちろん、試乗は無料です。

中古での購入を検討している方も、ディーラーでN-BOXの試乗車を運転してみてください。

というのも、中古車や新古車は、試乗させてもらえないケースが多いからです。

 

以上、ホンダN-BOXはターボとノンターボどっちがおすすめなのか、でした。

結論。燃費を重視するならノンターボ、走りを重視するならターボ。N-BOXは車重がヘビーなので、燃費にこだわらない人はターボを選ぶのが無難。

 

www.shortshortshort.jp

N-BOXに関して、当サイトにはこんな記事もあります。