自殺と自死、自決の違い。3つの言葉が持つ意味とは?

f:id:MORIKO:20201020214359p:plain

自殺と自死、それから自決は、どれも「自らの手で自らの命を絶つこと」を指す言葉です。

 

ただし、これら3つの単語はそれぞれニュアンスが異なっており、まったくおなじ意味を持つわけではありません。

自殺と自死、自決はどのように使いわけたら良いのでしょうか。

 

この記事では、

  • 自死は自殺の婉曲表現
  • 自決には責任が伴う

など、「自殺と自死、自決の違い」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

自殺と自死、自決の違いとは

f:id:MORIKO:20201020213913p:plain

自殺、自死、自決、いずれの言葉も、自らの手で命を絶つ行為を指しています。

 

自殺と自死に意味の違いはありません。

自殺の婉曲表現、すなわち自殺を遠回しに表現したのが、自死です。

 

「自らを殺す」と書くよりも「自ら死す」と書いたほうが、字面の激しさを抑えられます。

したがって、自殺という言葉の使用に抵抗があるとき、自殺の代わりに「自死」という表現を用いることがあります。

 

たとえるなら、トイレのことを遠回しに「お手洗い」と表現するようなものです。

 

自殺した作家

f:id:MORIKO:20201020215021p:plain

歴史に名を残す作家のなかには、自殺を図って人生の幕を閉じた者も少なくありません。 

 

たとえば、『羅生門』などの作品で知られる作家の芥川龍之介は、睡眠薬を多量摂取し、自殺しています。

 

『武器よさらば』などの作品で有名な作家のアーネスト・ヘミングウェイは、飛行機のプロペラに飛びこもうとするなどし、生涯のうちで何度も自殺未遂を図っています。

最期は散弾銃で自らの頭部を撃ち、彼は自殺しました。

 

芥川もヘミングウェイも、精神を病んでいたとされています。

 

自殺と深い関係にあるのがうつ病です。 

うつ病患者は希死念慮(自殺願望)を抱き、場合によっては実行してしまうことがあります。 

 

 

自決とは何か

なんらかの意思表示や責任を取るための自殺を自決と呼びます。

 

f:id:MORIKO:20201020215414p:plain

自殺という行為に、

  • 責任を取るため
  • 強い抗弁のため

といった意味合いが含まれている場合、その自殺は「自決」と表現します。

自殺のなかの自決、野菜のなかのブロッコリー、そんなイメージです。

 

自殺や自死には暗いイメージが漂っていますが、自決には、ある種の潔さがあるのが特徴です。

 

自決した作家

f:id:MORIKO:20201020223533p:plain

『金閣寺』などの著書で知られる作家の三島由紀夫は、自決をした人物のひとりです。

 

三島由紀夫は憲法改正のために自衛隊の決起を呼びかけ、その直後に短刀で割腹自殺をしました。

抗弁(強い主張)のための自殺であることから、彼の死は自殺ではなく、「自決」と表記されるのが一般的です。

 

1970年11月25日に起こったこの事件は、三島事件と呼ばれています。

 

2014年には、集団的自衛権に反対する男性が、新宿で焼身自殺を図りました。

命は取りとめたため、自殺ではなく自殺未遂です。

 

彼はスピーカーを使って1時間ほど演説をした後、ペットボトルに入れてあったガソリンを頭から被り、持っていたライターで火をつけました。

もし彼が命を落としていたら、彼の焼身自殺は「自決」と呼ばれていたことでしょう。

 

ちなみにこの騒動は、一部始終をおさめた動画がネット上で拡散されたことで、当時話題となりました。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201020224543p:plain

自殺と自死、自決の違いについてお伝えしてきました。

 

自殺の婉曲表現が自死です。

責任を取るため、強い抗弁や意思表示のための自殺が、自決です。

 

それぞれの言葉には微妙なニュアンスの違いがあり、それぞれ使い分けることができます。

 

もちろん、すべてを「自殺」としても問題ありません。  

なぜなら、自殺と自死はイコールの関係ですし、自決は自殺のなかに含まれているからです。

 

すべてを自殺を呼ぶこともできますが、そのときの空気や死の理由によって、自死や自決を使い分けられるようになると、日本語力がワンランク高まります。

本記事を参考にし、ぜひ自殺と自死、自決をうまく使い分けてみてください。 

 

以上、自殺と自死、自決の違いについてでした。

結論。自らの手で命を絶つのが自殺。遠回しに表現すると自死。抗弁や意思表示、責任を取るための死であれば自決。

 

www.shortshortshort.jp

自殺を防ぐためには、こちらの本が参考になります。 

重要なのは、自殺衝動に駆られたときに気持ちをグッと抑えることです。

 

www.shortshortshort.jp

語彙力を増やしたい方には、こちらの記事もおすすめです。