ホンダN-BOXの「ノンターボ」を買うと後悔するかも

f:id:MORIKO:20201021205935p:plain

ホンダのN-BOXには、標準車、カスタムともにターボエンジンと自然吸気(ノンターボ)エンジンが設定されています。

 

「スピードは出さないから」 

という理由で価格が安いノンターボエンジンを選んでしまうと、納車後に後悔するかもしれません。 

なぜなら、N-BOXの自然吸気エンジンは非力だからです。

 

この記事では、

  • N-BOXは車重が重い
  • 街乗りでもターボは必要か

など、「ホンダN-BOXのノンターボを買って後悔するリスク」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ホンダN-BOXのノンターボを買うと後悔するかも

f:id:MORIKO:20201021205707p:plain

ホンダのN-BOXは、軽自動車のなかでもトップクラスの「重さ」を誇るクルマです。

 

重たいボディを走らせるには、エンジンにそれなりのパワーがなければなりません。

 

重いN-BOXを自然吸気(ノンターボ)エンジンで走らせるのは、まるで、小学校低学年の女の子に10kgの米袋を運ばせるようなものです。

つまり、厳しい、ということです。 

 

自然吸気とターボの性能差

f:id:MORIKO:20201021210644p:plain

N-BOXの自然吸気(ノンターボ)エンジンとターボエンジンは、その性能に差があります。

 

  • 自然吸気:58馬力(トルク6.6kgm)
  • ターボ:64馬力(トルク10.6kgm)

馬力はエンジンのパワーを、トルクは加速力をそれぞれ表しています。

58馬力と64馬力、両者の差は6馬力です。 

 

「たった6馬力」と思うかもしれませんが、トルクの差も相まって、自然吸気とターボとではパワーや加速力が大きく異なります。

あなたがカーマニアでなくとも、両者の違いをハッキリと感じることができるでしょう。

 

自然吸気(ノンターボ)を買って後悔したユーザー

f:id:MORIKO:20201021211021p:plain

世の中には、自然吸気エンジンのN-BOXを買い、後悔してすぐ売ってしまう人がいます。

なぜなら、58馬力の自然吸気が非力だからです。

 

N-BOXの重たいボディを運ぶには58馬力では物足りず、走りにストレスを感じ、手放してしまう人が存在するのです。

ノンターボのN-BOXを買ったものの、後悔してすぐ売却し、ターボエンジンのN-BOXを買い直すユーザーさえいます。

 

お金を損してもいいから、ターボモデルに買い換えたい、自然吸気エンジンでは我慢できない、というわけです。

中古車や新古車でN-BOXを買う場合、試乗をしないまま決めてしまうケースは少なくありません。

 

というのも、ディーラーと違い、中古販売業者では試乗を行っていないことが多いからです。

ディーラーには試乗専用車があるが、中古の場合はそのものが商品なので。

 

非力なN-BOXのノンターボモデルを買って後悔しないためにも、ホンダのディーラーでN-BOXの試乗車を運転してみることをおすすめします。

 

 

N-BOXのパワーウェイトレシオ

車重÷馬力をパワーウェイトレシオといい、この数値がクルマの動力性能を大きく左右します。

 

f:id:MORIKO:20201021211709p:plain

たとえばあなたが、

  • 5kgのリュック
  • 20kgのリュック

これらを背負って走るようなものです。

あなたの足の速さは一定なので、背負っている負荷が軽ければ軽いほど、あなたは速く走れます。

 

自動車もまったくおなじです。

エンジンのパワーにたいして車重が軽ければ軽いほど、車はキビキビ走ります。

その目安となるのが、先述のパワーウェイトレシオという指標です。

 

たとえば、N-BOXカスタムGEX・4WD・ノンターボエンジンの場合、車重が1000kg(つまり1t)で、エンジン出力が58馬力です。

 

これらの数値からパワーウェイトレシオを計算すると、17.2kg/psとなります。

早い話が、一頭の馬に17.2kgの重りを乗せているような状態です。

 

では、N-BOXカスタムGEX・4WD・ターボはどうでしょう。

先ほどとの違いは、エンジンがターボかどうか、という点です。

 

ターボエンジンのほうが重量が重くなり、車重は1020kg、エンジン出力は64馬力です。

1020kg÷64馬力=15.9kg/ps、つまり、一頭の馬に15.9kgの重りを乗せている状態です。

ノンターボは17.2kgの重りでした。

 

パワーウェイトレシオで比較すると、ターボエンジンのほうが優れていることがよくわかります。

 

ちなみに、ホンダのS660α(MT)を計算してみると、車重が830kgでエンジン出力が64馬力ですので、12.9kg/psという結果になります。

N-BOXにくらべてS660がどれだけ軽快なのか、数値だけでもなんとなくイメージできるのではないでしょうか。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201021212752p:plain

ホンダN-BOXのノンターボを買って後悔するリスクについてお伝えしてきました。

 

世の中には、実際にN-BOXのノンターボを買い、その非力さゆえに後悔している人がいます。

坂道が多い地域に住んでいる方は、N-BOXのノンターボエンジンのパワーでは物足りないかもしれません。

 

たとえあなたが、

  • メインは街乗り
  • 走りにはこだわらない
  • 高速道路はほとんど走らない

などと考えているとしても、自然吸気(ノンターボ)エンジンはおすすめしません。

 

もっとも確実なのは、契約する前にN-BOXに試乗し、運転してみることです。

ホンダのディーラーへ行けば、無料で試乗させてもらえます

 

もしN-BOXのノンターボモデルを買うのであれば、納車後に後悔しないためにも、試乗は必須だといえるでしょう。

 

以上、ホンダN-BOXのノンターボを買って後悔するリスクでした。

結論。ヘビーなN-BOXに58馬力のエンジンではパワー不足。値段は高いが、ターボエンジン搭載モデルを買うのが無難。

 

www.shortshortshort.jp

ホンダN-BOXについて、当サイトにはこんな記事もあります。 

N-BOXカスタムとノーマルの違いは把握していますか?