夫婦が同じベッドに寝るのは良くない。別々のベッドにすべき理由

f:id:MORIKO:20201103175647p:plain

夫婦で1つのベッドに寝るのはおすすめしません。

たとえベッドサイズがダブルでも、クイーンでも、キングでも、です。

 

なぜなら、夫婦がおなじベッドで寝てしまうと睡眠の質が2人とも下がり、寝てもじゅうぶん休めない可能性があるからです。

夫婦それぞれがベッドを用意し、別々のベッドで寝るのが理想だといえます。

 

この記事では、

  • マットレスの振動が伝わる
  • 手足が当たる

など、「夫婦が同じベッドに寝るべきでない理由」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

夫婦が同じベッドに寝るべきでない理由

f:id:MORIKO:20201103175331p:plain

夫婦の寝室はおなじ部屋でも構いません。

ただ、ベッドは2台設置して、夫婦がそれぞれのベッドで寝るべきです。 

 

なぜなら、おなじベッドに2人で寝ると、睡眠の質が下がりかねないからです。

具体的には、

  1. マットレスの振動が伝わる
  2. 手や足が当たる

といったデメリットが生じる恐れがあります。

 

旦那/奥さんのことが好きだとしても、ベッドは別々にしたほうが良いのではないでしょうか。

 

デメリット1. マットレスの振動が伝わる

f:id:MORIKO:20201103180135p:plain

夫婦がおなじベッドで寝てしまうと、それぞれが、相手の動きに影響を受けます。 

なぜなら、マットレスをとおして振動が伝わるからです。

 

パートナーが寝返りを打ったり、体を動かしたりすれば、マットレスの振動によってパートナーの動きがあなたに伝わります。

 

もしパートナーが夜中にトイレへ起きたりすれば、

  • ベッドから起き上がるとき
  • ベッドに戻ってきたとき

いずれかの振動であなたは目を覚ましてしまう恐れがあります。 

睡眠が分断されてしまっては、熟睡や快眠どころではありません。

当然ながら疲れも取れないでしょう。

 

たとえるなら、夫婦でおなじ車に乗っていて、助手席のパートナーが(音楽に合わせて)体を揺らしているようなものです。

パートナーの踊りは、おなじ車に乗っているあなたにも伝わり、どうじに不快感をもたらします。

 

では、夫婦別々の車で移動していたらどうでしょう。

どれだけ旦那さんや奥さんがノリノリになったとしても、あなたは影響を受けません。

なぜなら、別々の車に乗っているからです。

 

ベッドもおなじです。

パートナーに睡眠の質を下げられたくない方は、ベッドを分けるのがおすすめです。

 

 

デメリット2. 手や足が当たる

寝ている最中に、誰かに叩かれたり、蹴られたりしたら、熟睡できると思いますか?

叩かれたり蹴られたりするよりは、叩かれも蹴られもしないほうが、間違いなくグッスリ眠れます。

 

f:id:MORIKO:20201103180523p:plain

ところが、夫婦でおなじベッドに寝てしまうと、パートナーの手足があなたの体に当たりかねません

配偶者は眠っていて意識がないため、どれだけ「ぶつかってこないで」とお願いしても無意味です。

 

「寝てる時にぶつかってこないで」とパートナーにお願いするのは、部屋に現れた虫に「こっちに来ないで」とお願いするようなものです。

まったく期待できない、ということです。

 

寝相が悪いパートナーの手足が当たらないようにするには、ベッドを2つ用意するしかありません。

シングルサイズやセミダブルサイズのベッドを2つ買い、それぞれを離して寝室に置きます

 

これで、パートナーのパンチやキックを喰らうことなくゆっくり眠って、たっぷり体力を回復できます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201103180842p:plain

夫婦が同じベッドに寝るべきでない理由をお伝えしてきました。

1つのベッドに2人で寝ていると、じゅうぶん休めない恐れがあります。

 

寝ても取れない慢性的な疲れは、夫婦生活に影響を及ぼしかねません。

「疲れてるから、あなたがお皿洗いやって」

「俺だって疲れてるよ」

「あなたの寝相が悪いせいで、夜中に何回起こされてるか知ってる?」

「そんなこと言われたって」

ってなもんです。

 

ラブラブの象徴である夫婦で1つのベッドには、ふたりを険悪な仲にするリスクがあるのです。

 

ベッドを別々にしたからといって、夫婦の愛が冷めたりはしません。 

白米を別々の茶碗に盛ったからといって、夫婦の愛が冷めたりしないのとおなじです。

 

むしろベッドを分けて熟睡できれば、体力を回復でき、お互いに気分良く生活できるのではないでしょうか。

イメージとしては、ホテルのツインルームのような感じです。

 

以上、夫婦が同じベッドに寝るべきでない理由でした。

結論。結婚すれば、2人の姓はおなじになる。でも、2人のベッドまでおなじにする必要はない。むしろベッドをわけることが、夫婦円満の秘訣。

 

www.shortshortshort.jp

夫婦の睡眠について、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

英語よりも韓国語よりもマスターすべきは「赤ちゃん語」です。 

英語がペラペラでも夫婦仲は良くなりませんが、赤ちゃん語を話せるようになれば、夫婦仲がグッと良好になります

ほんとうです。