ホンダ新型「オデッセイ」がダサい。走るブラインドみたいなデザイン

f:id:MORIKO:20201107145518p:plain
ホンダの上級ミニバン・オデッセイが2020年11月にマイナーチェンジを行い、エクステリアデザインを刷新しました。

 

フロントには、無数の横線が入っています。

横、横、横、横、ってなもんです。

新型オデッセイのフロントデザインは、まるで窓に下ろすブラインドのようで、お世辞にもカッコいいとはいえません。

 

一ついえるとすれば、新型オデッセイはダサい、ということだけです。 

 

この記事では、

  • 走るブラインドって感じ
  • エッグスライサーみたい
  • おでこのシワにも見える
  • 三段腹いや……九段腹

など、「ホンダ新型オデッセイがダサい件」について書きました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ホンダ新型オデッセイはダサい

f:id:MORIKO:20201107124555p:plain

2020年11月にビックマイナーチェンジをした新型オデッセイは、端的にいって、ダサいです。 

 

横線だらけのフロントデザインは、自動車というよりも、もはやブラインドです

「外の景色が見えるモード」に調節してあるブラインドでしかありません。

 

f:id:MORIKO:20201107150101p:plain

スマートフォンの音声認識機能にむかって

「ブラインドみたいなデザインの車なんてないよね?」

と質問したら、

「一件だけ見つかりました。2020年11月にマイナーチェンジしたホンダのオデッセイです」

と返事が返ってくることでしょう。

 

あるいはインターネットで「ブラインド」と画像検索したら、数々のブラインドの写真に紛れて新型オデッセイが出てくるかもしれません。

 

たとえるなら、「藤原竜也」と画像検索すると、たいてい嵐の大野智の画像が紛れこんでいるようなものです(たぶん髪型のせい)。

つまり、似ている、ということです。

 

フロントグリルはエッグスライサー?

f:id:MORIKO:20201107143446p:plain

新型オデッセイのフロントグリルには、メッキのバーが等間隔で並んでいます。

 

このデザイン、どこか既視感がありませんか?

そう、ゆで卵をカットする調理器具、エッグスライサーそのものです。

 

新型オデッセイのフロントはエッグスライサーにそっくりで、見ていると、ゆで卵を押しつけたい衝動に駆られます。

 

新型オデッセイのフロントグリルで、ゆで卵をスライスしてみた!

こんな動画がYouTubeに投稿されるのも、時間の問題でしょう。

 

  1. エッグスライサーに似ている車
  2. エッグスライサーに似ていない車

ダサいのは、前者です。

ゆえに、新型オデッセイはダサいといえます。 

 

ところであなたは、日ごろ徒歩で移動する機会がありますか?

もし歩きで移動しているとしたら、道路を渡る際にはじゅうぶんご注意ください。

新型オデッセイに跳ね飛ばされたら、私たちの体は、エッグスライサーに切られたゆで卵のようになってしまいかねないからです。

 

横断歩道を渡る際には、新型オデッセイが来ていないかどうか確認しましょう。

  • ブラインドみたい
  • エッグスライサーみたい

新型オデッセイにはこのようなわかりやすい特徴があるため、すぐ判別できるはずです。

 

 

メッキのシワだらけ

新型オデッセイのフロント部分には、チープさの極みであるメッキが多用されています。 

派手で、品がなく、ナンセンスです。

 

もし新型オデッセイのメッキ部分が、ボディカラーと同色だったらどうでしょう。

ダサい、のひとことに尽きるはずです。

あるいは、格好悪い、の二言目が出てしまうかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20201107144056p:plain

フェラーリやマクラーレン、ポルシェを見ればわかるように、ほんとうに美しい車はメッキで加飾されていません。

なぜなら、ボディの造形そのものが美しいからです。

 

新型オデッセイのボディは美しくありません。 

ですので、太っている人がダボダボの服を着て体型を誤魔化すように、オデッセイはピカピカのメッキをフロントに貼りつけ、ダサさを誤魔化しています。

ただし問題は、ダサさを隠しきれていないことです。

 

f:id:MORIKO:20201107144550p:plain

新型オデッセイのフロントは、「メッキのシワ」だらけに見えます。

まるでおじいちゃんのおでこのようです。

 

おじいちゃんのおでこみたいな車よりは、おじいちゃんのおでこっぽくない車のほうが良いと思いませんか? 

私たちは気が合います。

 

ボテッとしたオデッセイのボディに入った無数の横線は、あたかも三段腹のようでもあります。

新型オデッセイの場合、正確には九段腹です。

九段腹のダサさは、言い逃れのしようがありません。 

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201107145035p:plain

ホンダの自動車販売金額のうち、70%以上を軽自動車とコンパクトカーが占めています。

N-BOXやN-WGN、フィットなどの小さな車たちです。 

 

いっぽうで、オデッセイをはじめとした大きな車たちは、売れていません。

いったいなぜ売れないのか、その理由は、マイナーチェンジを行った新型オデッセイを見ればよくわかります。

ダサいから、です。

 

見る人によって、

  • ブラインド
  • エッグスライサー
  • 銀色のシワだらけおでこ
  • メタボリック九段腹

このように新型オデッセイはさまざまな表情を見せます。

 

4種類のダサさを持つ上級ミニバン、それが新型オデッセイです。

ダサいのダサいの、飛んでけ。

 

以上、ホンダ新型オデッセイがダサい件でした。

結論。横横横横横横横横横。ひたすら横。心電図だったらご臨終だし、事実、新型オデッセイはダサくてご臨終。

  

www.shortshortshort.jp

メッキのダサさについて、当サイトにはこんな記事があります。

2020年11月マイナーチェンジの新型オデッセイが濫用している、あのメッキについてです。

 

エッグスライサーはこちらです。 

ゆで卵を薄くスライスしてサラダへ入れるときなどに役立ちます。