【キスした?】彼女に「元彼のこと」を聞くのはありか?

f:id:MORIKO:20201114092944p:plain

世の中には、彼女の元彼について知りたくなってしまう人がいます。

 

  • どっちから告白したのか
  • 交際期間はどれくらいか
  • なにが原因で別れたのか
  • いまも連絡をとっているか
  • 元彼とキスはしたのか

などなど、です。

こうした質問を彼女にするのがアリかナシかといえば、答えはナシです。 

 

元彼について彼女に聞くのはやめてきましょう。

なぜなら、元彼との交際内容を知ったあなたが幸せになることは、まずないからです。

 

この記事では、

  • あなたのイメージが下がる
  • あなたは精神的ショックを受ける

など、「彼女に元彼のことを聞くべきではない理由」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

彼女に元彼のことを聞くべきではない理由

f:id:MORIKO:20201114075843p:plain

自分の彼女にかつてほかの交際相手がいた、という現実は、あまり心地の良いものではありません。

 

なんだか悔しいですし、他の男性に惚れていた過去に嫉妬してしまいますし、できれば彼女には、元彼とキスをする前に破局していて欲しいと願ってしまいます。

 

ただ、元彼との交際について彼女に聞くのはやめておきましょう

聞くべきでない理由は2つあります。

  1. あなたのイメージが下がりかねないから
  2. 精神的ショックを受ける恐れがあるから

それぞれご紹介していきます。 

 

1. あなたのイメージが下がりかねない

f:id:MORIKO:20201114093320p:plain

あなたが元彼について質問をすることで、彼女は、あなたにたいする評価をグッと下げてしまう恐れがあります。

なぜなら、彼女にとって元彼との恋は、バッドエンドを迎えたネガティブな過去だからです。

 

元彼と別れた過去は、2人の間になんらかの問題が生じ、破局してしまったことを意味します。

つまり、彼女にとって元彼との思い出は、「ハッピーな思い出」ではありません。

 

そんなバッドエンドを迎えた恋について「どうだったの?」と聞かれたら、誰だって良い気はしないでしょう。

 

あなたの彼女も、終わった恋について掘り返したくないはずです。

もしかしたら元彼との交際は、彼女にとって、忘れ去りたいツラい過去かもしれません

たとえば彼氏が5人と同時に浮気してた、とか。

 

死者が眠っているお墓を掘り起こしてはいけないのとおなじで、彼女のネガティブな過去を掘り起こすのも、よろしくないといえます。

 

ただ、彼女は元彼と破局した、という事実があるだけです。

あれこれ詮索せず、事実をそのまま受け入れましょう。

 

「元彼」はNGワード

f:id:MORIKO:20201114094014p:plain

「元彼」はNGワードです。

 

彼女にたいして「元彼とはさぁ……」などと発言してしまったら最後、あなたのイメージはガクッと落ちます。

彼女にとっては「元彼との交際を知ってどうしたいの?」ってなもんです。

 

キスの経験があるかどうかを知ろうとすればするほど、あなたは、彼女から「器が小さいヤツだ」との烙印を押されるリスクが高まります。

 

元彼について彼女に聞くのは、彼女にたいして失礼です。

デリカシーがないともいえます。

 

どれくらいデリカシーがないかといえば、女子にバストサイズを質問するくらいデリカシーがありません

つまり、まったくありません。

 

あなたはスタイルが良い女子に「何カップ?」などとは聞いたりしないはずです。 

聞きたい気持ちをグッと堪えているはずです。

 

彼女の「元彼との思い出」についてもおなじです。

嫉妬深い男だと思われないためにも、元彼について、彼女に聞かないことをおすすめします。

 

 

2. 精神的ショックを受ける恐れがある

ところであなたは、「知らぬが仏(ほとけ)」という言葉をご存知でしょうか。

 

知らぬが仏は、世の中には、知らないほうが穏やかに過ごせる情報や事実があることを意味しています。

 

f:id:MORIKO:20201114094626p:plain

彼女の元彼に関する過去や思い出も「知らぬが仏」です。

 

彼女の交際歴について知ったところで、あなたが得をすることはまずありません。

むしろ、精神的ショックを受けて落ち込む可能性が大です。

 

カップルであれば、たいてい手を繋ぎますし、たいていキスもします。

もしかするとあなたの彼女は、元彼と、もっと先のステージ(ステージ6くらい?)にまで進んでいたかもしれません。

 

知るべきではありませんし、そこにあなたの幸せはありません。

たとえるなら、「自分が何歳で死ぬか」に関する情報のようなものです。

 

自分が何歳で死ぬかなど、知りたくないのではないでしょうか。

「あなたは64歳で死にます。死因は心筋梗塞です。けっこう苦しみます」などと自らの運命を知ったところで、「聞くんじゃなかった」と後悔するのが関の山です。

 

なぜなら、死が迫ってくる恐怖に怯えながら生きることになるからです。

たいていの人は「死」を考えないようにして生活している。 

 

仮に彼女が「元彼とはキスしてないよ。そんな関係になる前に別れちゃった」と語ったとしても、それは嫉妬深いあなたの性格に配慮した、彼女なりの優しいウソかもしれません。

そして彼女に内心で「小さい人間ね」と見下されるのです。 

 

元彼について聞くのは、やめてきましょう。

聞いてしまったら、終わり、です。 

聞いた事実をなかったことにはできません。

 

まとめ

彼女に元彼のことを聞くべきではない理由をお伝えしてきました。

 

元彼に関する質問をすると、

  1. イメージが下がる
  2. 精神的ショックを受ける

このような恐れがあります。

 

彼女の恋愛遍歴を掘りかえすのは、死者が眠る墓を掘りかえすようなものですので、やめておくことをおすすめします。

 

  • 彼女は元彼と別れた
  • 彼女は今あなたを愛している

これらが現実であり、事実です。

事実をただ、そのままに受け入れましょう。 

 

そうすればあなたも彼女も、ハッピーでいられます。

 

元彼のことをしつこく聞こうとすると、彼女に嫌われ、あなたが彼女の「元彼リスト」に移行してしまうかもしれません。

元彼リストに移行しないよう(振られないよう)ご注意ください。 

 

以上、彼女に元彼のことを聞くべきではない理由でした。

結論。ふつう、死者が眠る墓は掘り起こさない。ふつう、女子のバストサイズを聞いたりしない。ふつう、見知らぬ女性のカラダには触れない。元彼との過去もおなじ。触れない、聞かない、掘り起こさない。

 

www.shortshortshort.jp

カップルについて、当サイトにはこんな記事もあります。

 

www.shortshortshort.jp

彼女にたいするNG質問は、「元彼のこと」のほかにもあります。