『精神科医が教えるストレスフリー超大全 人生のあらゆる「悩み・不安・疲れ」をなくすためのリスト』の要約と感想

仕事や家庭、人間関係、お金のことでストレスを抱えていませんか?

 

「ストレスの原因を取り除くのは難しく、ただ心身を消耗するだけ。そうではなく、あなたの考え方や受け止め方を変えるべきだ

と著者はいいます。

 

不安や悩みから解放されるためのさまざまな「行動」が本書には載っていました。

ストレスをうまくコントロールしたい方におすすめです。 

 

この記事では、樺沢紫苑著『精神科医が教えるストレスフリー超大全 人生のあらゆる「悩み・不安・疲れ」をなくすためのリスト』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『精神科医が教えるストレスフリー超大全 人生のあらゆる「悩み・不安・疲れ」をなくすためのリスト』の要約と感想

f:id:MORIKO:20201117205407p:plain

まずは本書の要約から。

 

「To Do」の提示にこだわっているのが本書の特徴だ。 

なぜなら著者が「不安を消すには行動するしかない」と考えているからだ。

 

人間関係、プライベート、仕事、健康、メンタル、生き方について、あなたが抱えている悩みや不安、疲れから解放されるための「行動」を、精神科医が解説する。

 

以上がおもな内容です。 

苦しい現状から脱するためのアクションが明確であり、読んだらすぐ行動に移せます。

  • 朝日を浴びる
  • 食事はよく噛む
  • 健康に良い食べ物
  • 自己投資の具体例
  • 職場で理解される方法

など、「知っていれば人生のクオリティを上げられる情報」が詰まった一冊でした。

 

本書を読めば「行動」がはっきりする

本書が良いのは、やるべきことを明確にしている点です。

なぜなら樺沢氏は、行動しなければ不安は消せない、と考えているからです。

 

ゆえに本書には曖昧なアドバイスではなく、「To Do(すべきこと)」が明記されていました

 

たとえば、メンタルの健康を保つ上で欠かせないのがセロトニン(通称幸せホルモン)です。

セロトニンの分泌を増やすためには、

  • 朝日を浴びる
  • よく噛んで食べる
  • リズム運動(ジョギング等)を行う

このような行動が有効だと言います。

 

セロトニンは、ただメンタルの安定に作用するだけではありません。

セロトニンが増えれば、睡眠の質が高まります

なぜなら、セロトニンを原料として、われわれの体内では、睡眠物質であるメラトニンが作られているからです。

 

セロトニンの分泌が増えれば、 

  • 昼:意欲や集中力アップ
  • 夜:睡眠の質アップ

このように、寝ても覚めても良いことばかりが起こります。

とりわけ、起床してから1時間以内に15〜30分程度の散歩をするのが最強だ、と著者は述べていました。

 

すべき行動は明確で、あとは、私たちがやるかやらないかだけの問題です。

 

ほかにも、

  • お金持ちになる方法
  • 社会で評価される方法
  • 自己投資の具体的な例
  • 自殺衝動を抑える方法
  • 嫌いな人を減らす思考法
  • 職場で理解されるための方法

などが本書には載っていました。

いずれも「To Do(つまり解決策)」が記されているので、読めばスッキリするのではないでしょうか。

というのも、われわれのやるべきことが明確になるからです。 

 

何をしたら良いのかわからない、という霧のなかから脱する方法が見つけられるはずです。

 

 

深く学べる書籍も紹介されている

「このテーマについてもっと深く知りたい」と思った読者のために、著者は、おすすめの書籍を紹介していました

 

たとえば、人間関係について書かれているパートの最後に「こんな本がおすすめです」と、人間関係の悩みに関する詳しい書籍が載っているわけです。

こうした読者への配慮は、親切で良いといえるでしょう。

 

たとえるなら、医師が紹介状を書き、患者にほかの病院を受診させるようなものです。

ただ問題なのは、紹介先の医者がヤブ医者であること、です。

 

本書に載っている「おすすめ書籍」のなかには、とても役に立たない本がいくつか混ざっていました。

たとえば、大嶋信頼氏の著書です。

 

www.shortshortshort.jp

大嶋氏の著書について、当サイトにはこんな記事があります。 

樺沢氏はおすすめしていますが、私は、大嶋氏の著書をおすすめしません

 

www.shortshortshort.jp

大嶋氏の著書は何冊か読みました。 

時間を失った代わりに、いくつかの気づきを得ました。

 

www.shortshortshort.jp

すべてに共通しているのが、

  1. 文章が下手クソ
  2. おまじないで解決

この2点です。

 

樺沢紫苑氏の著書はどれも役立つものばかりですが、樺沢氏が本気で大嶋氏の本(複数冊)をおすすめしているとしたら、残念です。

まるで、ラーメン通におすすめのラーメン店を聞いたら「あのカップ麺が最高だな」と返事が返ってきたようなものだといえます。

 

まとめ

人生の悩みや不安、疲れをなくすためのさまざまな方法が書かれている本です。

まさに大全といった感じ。

 

アドバイスが具体的ですので、参考になるのではないでしょうか。

精神論ではなく、とるべき行動が載っています

 

じっとしていても悩みや不安は消えないでしょうから、本書を参考に、なにかアクションを起こしてみるのも悪くないはずです。

 

以上、樺沢紫苑著『精神科医が教えるストレスフリー超大全 人生のあらゆる「悩み・不安・疲れ」をなくすためのリスト』の要約と感想でした。

結論。大嶋氏の著書を「おすすめ書籍」にしているのが欠点。あとは良い。

 

www.shortshortshort.jp

悩みについて、当サイトではこんな本も紹介しています。 

 

www.shortshortshort.jp

ストレスに関しては、こんな記事があります。