傷や怪我で車のシートベルトを装着できないときはどうする?

f:id:MORIKO:20201124202029p:plain

道路交通法では、自動車の乗員全員が、シートベルトを装着することを義務としています。

 

とはいえ世の中には、脇腹をケガしていたり、胸に手術痕があったりして、シートベルトを着けるのが難しい人もいます。

シートベルトが体に当たると激痛が走るような状態でも、シートベルトを装着しなければならないのでしょうか。

 

答えはノーです。 

特別な事情があれば、シートベルトを装着しなくても構いません。

 

この記事では、

  • 道路交通法が認めている例外
  • シートベルト警告音を消す方法

など、「傷や怪我で車のシートベルトを装着できない状況」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

傷や怪我のせいで車のシートベルトを装着できないときは

f:id:MORIKO:20201124201635p:plain

運転席、助手席、後部座席どこに座っていても、自動車の乗員はシートベルトを装着しなければなりません。

これは道路交通法で定められている乗員の義務であり、従わないと、警察による取り締まりの対象になります。

 

ただし、どんな物事にも例外はあります。

たとえば法定速度に関しても、高速道路を爆走するポルシェ911を追いかけるとき、パトカーや白バイは法定速度を無視(スピード違反)します

制限速度を守らなくても良い「例外」です。

 

シートベルトもおなじです。

  • 怪我
  • 障害
  • 妊娠

などの理由により装着が困難な人は、シートベルトを着けなくても構わないことが、道路交通法によって「例外」として認められています。

ですので、痛みや苦しみに耐えながらシートベルトを装着する必要はありません。

 

特別な事情があれば、シートベルトをせずに運転しても、あるいは他人が運転する車に乗っても、問題ないといえます。

 

もし警察の取り締まりを受けたら

f:id:MORIKO:20201124202408p:plain

シートベルトを装着せずに車を運転していて、警察の取り締まりを受けたとします

あなたが抱えている事情を知らないため、警察は「シートベルト装着義務違反」を適用しようとしているわけです。

 

ただし、

  • 体に手術跡があって痛む
  • 妊娠中なので締め付けが苦しい

など、シートベルトを装着できない理由を警官に伝えれば、了承してもらえます。

つまり、交通違反にはなりません

 

私の知人女性(胸の間に手術痕があって痛みでシートベルトをつけられない)が、シートベルトをせずに運転していたところ、警官に止められたそうです。

 

彼女は、

「胸部の手術を受けたばかりで、シートベルトが傷跡に当たると痛いので装着できない

と警官に事情を説明しました。

 

もちろん、シートベルト装着義務違反にはなりませんでした。

「傷を見せましょうか」と男性警官に伝えたところ、「そこまでしなくても大丈夫だ」と返ってきたそうです。

 

 

シートベルト警告音を消す方法

シートベルトを装着しないまま走行すると、たいていの車は、ピーピーといった警告音が鳴るようにプログラムされています。

 

f:id:MORIKO:20201124203002p:plain

シートベルトを着けられない場合には、目的地に着くまでずっとやかましいアラームを聞きつづけなければならないのでしょうか。

いえ、アラームキャンセラーという便利グッズを使えば、警告音を消すことができます。

 

アラームキャンセラーとは、シートベルト先端についている金具部分だけの商品をいいます。

ようは、シートベルトのダミーです。

 

このダミーを差込み口にカチッとはめれば、車は「シートベルト装着完了」と勘違いし、騒々しいアラームを止めてくれます。

 

ピーピーうるさい電子音を聞きながら運転することはありません。

むしろ気が散って事故を起こすリスクがあるため、アラームを無視して運転すべきではないといえます。

 

アラームキャンセラーを使って車を黙らせ、静かな車内で運転に集中しましょう。

 

まとめ

傷や怪我で車のシートベルトを装着できない状況についてお伝えしてきました。

シートベルトの装着は義務ですが、絶対ではありません。

 

装着しなくても良い例外がいくつか認められています。

たとえば、

  • 怪我
  • 障害
  • 妊娠

などの事情がある場合です。

 

たとえるなら、人前で裸になるのはアウトでも、銭湯などの公衆浴場であれば問題ないようなものです。

あるいは、脱毛サロンで施術を受ける際にも、見知らぬスタッフの前で裸になります。 

もちろん、逮捕されたりはしません。 

 

シートベルトもおなじで、装着しなくて良い例外が認められています。

 

あなたが例外に当てはまる場合には、アラームキャンセラーを使うと良いでしょう。

なぜなら、鬱陶しいシートベルト警告音をピタッと止められるからです。

 

ただし、シートベルトを着けていないぶん、交通事故にはご注意ください

 

以上、傷や怪我で車のシートベルトを装着できない状況についてでした。

結論。事情があればシートベルト装着義務は免除される。アラームキャンセラーがあれば騒々しい警告音をストップできる。激痛に悶えながらシートベルトを着ける必要はないし、延々と鳴り響く警告音を聞きつづけることもない。

 

Amazonではこちらのアラームキャンセラーが販売されています。

 

www.shortshortshort.jp

アラームキャンセラーを使える場面について、当サイトにはこんな記事もあります。