青汁1杯の「便秘解消効果」ってどうなの?

f:id:MORIKO:20201203204723p:plain

青汁には、便秘を解消する効果があるとされています。

なぜなら青汁は、不溶性食物繊維を多く含んでいるからです。

 

では、青汁を飲むようにさえすれば、便秘の悩みから解放されるのでしょうか。

 

この記事では、

  • 不溶性食物繊維の含有量
  • 青汁を飲みアーモンドを食べる

など、「青汁の便秘解消効果」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

青汁の便秘解消効果はどう?

f:id:MORIKO:20201203204410p:plain

青汁に多く含まれている不溶性食物繊維には、便秘を解消する効果があります。 

 

というのも、われわれの体内に入った不溶性食物繊維は、水分を吸ってかさが増し、腸を刺激し、蠕動運動を活発にしてくれるからです。

 

食物繊維が不足しているせいで便秘になっている人は、青汁を飲むことで、便秘を改善できるかもしれません。

ゆえに、便秘で悩んでいるなら青汁を飲んでみる価値はあります。

 

不溶性食物繊維の含有量

f:id:MORIKO:20201203205401p:plain

便秘解消に役立つのは、青汁そのものではなく、青汁に含まれている不溶性食物繊維です

 

たとえるなら、コーヒーが総死亡リスクを下げるのは、コーヒーそのものではなく、コーヒーに含まれるクロロゲン酸のおかげであるようなものです。

 

ですので、便秘解消が目的であれば、青汁にこだわる必要はありません。 

大切なのは、不溶性食物繊維を摂取することです。

 

  • 青汁(ケール)粉末3g:1.1g
  • 青汁(大麦若葉)粉末3g:1.2g

青汁に含まれている不溶性食物繊維の量は、原料べつにそれぞれ上の通りです。

多いか少ないかでいえば、不溶性食物繊維の量はかなり多いといえます。

 

たとえば、

  • じゃがいも100g:0.7g
  • キャベツ100g:1.4g
  • 白菜100g:1.0g
  • バナナ100g:1.0g

このように、ほかの食材は不溶性食物繊維を微量しか含んでいません。

もし青汁の粉末を100g摂取したら、およそ36〜40gの不溶性食物繊維を摂れる計算になります。

 

もちろん、1日で青汁の粉末を100gも摂取することはありませんが、わずか3gで1gを超える食物繊維が摂れてしまう青汁は、優秀だといえるでしょう。

 

 

青汁とアーモンドが最強

あなたの目的が「便秘を解消すること」であれば、青汁だけにこだわる必要はありません

なぜなら、不溶性食物繊維をどんどん摂れる食材は、ほかにも存在するからです。

 

たとえるなら、ダイエットをするならジョギングにこだわらなくても、

  • 水泳
  • 筋トレ
  • エアロバイク
  • 食事制限

など、さまざまなやり方があるのとおなじです。

 

f:id:MORIKO:20201203205828p:plain

不溶性食物繊維を摂るなら、青汁にくわえてアーモンドをとるようにすると良いでしょう

アーモンドは1粒あたり0.1gの不溶性食物繊維を含んでいます。

 

ですので、アーモンドを10粒食べれば、1.0gの不溶性食物繊維を摂取できる計算です。

白菜を100g食べて1.0gの不溶性食物繊維をとるよりは、効率的かつ賢い判断です。

 

それからアーモンドは、美肌・アンチエイジング効果の高いビタミンEの含有量が、食品トップクラスです。 

ゆえにアーモンドは「天然の抗酸化サプリメント」の異名を持っています。

 

また、アーモンドに含まれているオレイン酸にも、肌を整える効果があります。

そもそもビタミンEは脂溶性ビタミンですので、水には溶けません。

体内でビタミンEを吸収するには、脂が必要です。

 

アーモンドはオレイン酸など脂質を多く含むため、ビタミンEの吸収にもってこいです。

まさにアーモンドは天然の抗酸化サプリメント、あるいは奇跡のナッツなのです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201203210646p:plain

青汁の便秘解消効果についてお伝えしてきました。

 

青汁が便秘解消に効くとされているのは、不溶性食物繊維を多く含むからです。

そして、便秘解消が目的であれば、私たちが注目すべきは「不溶性食物繊維」です。

 

不溶性食物繊維の摂取量を増やすには、

  1. 青汁
  2. アーモンド

これらを生活に取り入れると良いでしょう。

腸が刺激され、蠕動運動が活発になって排便をうながしてくれるはずです。

 

青汁と違い、アーモンドは、小腹が空いたときの「健康的な間食」になる点でも優れています。

 

ぜひ青汁とアーモンドで、

  • 便秘解消
  • 美肌
  • アンチエイジング

これらを目指してみてはいかがでしょう。

 

ちなみに便秘は「大腸がん」のリスクを高めるとされています。

なぜなら、腸内に溜まった消化液や排泄物のせいで、腸壁の細胞に炎症を起こしやすくなるからです。

ダメージを受けることで細胞はがん化しやすくなる。

 

イメージとしては、ずっと湿気がたまっていると、浴室の壁にカビが生えやすくなるようなものだといえます。

湿気も、便も、外へ出すに限ります。

 

便秘にはご注意ください。

 

以上、青汁の便秘解消効果についてでした。

結論。青汁は便秘解消に役立つ。アーモンドも役立つし、くわえてアーモンドは美肌やアンチエイジング効果ももたらしてくれる。どっちも毎日摂りたい。

 

【参考文献】

井上浩義、『アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!』扶桑社、2014年

 

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包

  • 発売日: 2007/04/09
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

Amazonではこんな青汁が売っています。 

 

www.shortshortshort.jp

アーモンドの便秘解消効果について、当サイトにはこんな記事があります。