新型レヴォーグのボディ色「ピュアレッド」を選ぶメリット・デメリット

f:id:MORIKO:20201211154952p:plain

スバルが2020年に発売した新型レヴォーグ(2代目)のボディカラーには、ピュアレッドという色があります。

 

ピュアレッドで新型レヴォーグをオーダーしようか悩んでいる人もいることでしょう。 

 

そこでこの記事では、 

  • ダサい
  • 人と被らない

など、「新型レヴォーグのボディ色でピュアレッドを選ぶメリット・デメリット」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

新型レヴォーグのボディ色でピュアレッドを選ぶメリット・デメリット

f:id:MORIKO:20201211154715p:plain

赤いボディ色の新型レヴォーグには、良い点と悪い点がそれぞれ1つずつあります。 

 

まず良い点は、他のレヴォーグとボディカラーが被らないことです。 

なぜなら、レヴォーグの赤は不人気色だからです。

 

いっぽうで悪い点は、レヴォーグがダサくなることです。

新型レヴォーグのデザインに赤が似合いませんし、そもそもスバルが用意している「ピュアレッド」自体、綺麗な色ではありません。

 

デメリット:ダサい

f:id:MORIKO:20201211155243p:plain

新型レヴォーグでボディ色としてピュアレッドを選ぶデメリットは、ダサいことです。 

 

マツダのソウルレッドのようなメタリックカラーではなく、スバルのピュアレッドはベタッとした赤色をしています。

フェラーリなどのスポーツカーならともかく、図体のデカいステーションワゴンでベタッとした赤を選ぶと、

  • くどい
  • しつこい
  • うるさい
  • オバサン感が尋常でない

といったネガティブな印象を招きかねません。

 

それから、フェラーリに赤のイメージがあるように、スバルはブルーの印象が強い自動車メーカーです。

ゆえに、赤いレヴォーグに乗っていると、「スバル車で赤かよ」 と人から小バカにされるリスクがあります。

 

ピュアレッドの新型レヴォーグを買うのは、たとえるなら、赤い冷蔵庫を買うようなものだといえます。

つまり、センスがない、ということです。

 

事実、スバルのウェブサイトで新型レヴォーグのページを開いてみても、

  • アイスシルバー・メタリック
  • クリスタルホワイト・パール
  • ラピスブルー・パール

といったボディカラーのレヴォーグばかりが登場しています。

ピュアレッドに塗装されたレヴォーグの姿はありません。

 

スバルサイドが、ピュアレッドを「イケてる」とは思っていない証拠です。

 

 

メリット:人の新型レヴォーグと被らない

新型レヴォーグのピュアレッドは不人気色ですので、誰も選びません。

 

f:id:MORIKO:20201211155738p:plain

結果として、街中で新型レヴォーグとすれ違ったとしても、ピュアレッドのボディ色が被ることはまずないでしょう

たいていのオーナーは白、黒、シルバー、ブルーあたりの無難な色を選んでいるはずです。

 

街中でピュアレッドのレヴォーグ同士がすれ違うのは、たとえるなら、アフロヘアの人同士がすれ違うくらい珍しいことだといえます。

ピュアレッドのレヴォーグ2台が遭遇することも、アフロヘアの2人が遭遇することも、どちらもまずありません。

なぜなら、いずれも絶対数が少ないからです。

 

ですので、

  • 人といっしょは嫌だ
  • 個性的でありたい

といった願望を持つ方は、あえて新型レヴォーグをピュアレッドでオーダーすると良いのではないでしょうか。

 

ちょうど、人と被りたくないがゆえに、王道の白ではなく"ピンクメタリック"の軽トラを選ぶ人のようなイメージです。 

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201211160114p:plain

新型レヴォーグのボディ色でピュアレッドを選ぶメリット・デメリットをお伝えしてきました。

 

メリットは、ボディカラーが他人の新型レヴォーグと被らないことです。

なぜなら、誰もピュアレッドを選ばないからです。

 

一般的なオーナーがピュアレッドを避ける理由は「ダサいから」であり、これがそのままピュアレッドを選ぶデメリットだといえます。

 

メリットとデメリットを比較するまでもなく、デメリットの圧勝です。 

全8色(STI以外は7色)のなかからボディ色を選べるにもかかわらず、わざわざダサいピュアレッドを選ぶことはありません。

 

他のボディカラーをオーダーするべきです。

 

以上、新型レヴォーグのボディ色でピュアレッドを選ぶメリット・デメリットでした。

結論。ダサい。人と被らない。それがピュアレッドの特徴。選んだら後悔して、だんだん赤が恥ずかしくなり、オーナーの顔もピュアレッドになりかねない。

 

www.shortshortshort.jp

新型レヴォーグのボディカラーについて、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

新型レヴォーグに関して、当サイトにはこんな記事もあります。