新型レヴォーグの「ボディカラー」は8色のうちどれがマシ?

f:id:MORIKO:20201219203732p:plain

スバルが2020年に販売を開始した新型レヴォーグ(2代目)には、全8色のボディカラーが用意されています。

 

うち「WRブルー・パール」はSTI限定色ですので、STI以外のグレードでは、WRブルー・パールを除く全7色のボディ色から選択できます。

 

新型レヴォーグはそもそものエクステリアデザインがダサいため、どのボディ色を選んでもカッコよくはなりません。

たとえるなら、ブサイクな男性が何色のTシャツを着たとしてもイケメンにはなれないようなものです。

 

では、新型レヴォーグのボディカラーは何色を選ぶのが"マシ"なのでしょうか。

 

この記事では、

  • レッドは論外
  • ホワイトも論外

など、「新型レヴォーグのボディカラーは8色のうちどれがマシか」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

新型レヴォーグのボディカラーは8色のうちどれがマシか

f:id:MORIKO:20201219203506p:plain

新型レヴォーグのエクステリアデザインは、お世辞にもかっこいいとはいえません。 

 

  • 小さすぎるヘッドライト
  • 離れすぎているヘッドライト
  • 目ヤニがついているかのようなライト形状

など、新型レヴォーグはヘッドライトに難があります

人間の顔も目の大きさやバランスが大事であるように、車のデザインもまた、ヘッドライトの形状や大きさが重要です。 

 

新型レヴォーグのかっこ悪さが目立たないようにするためには、そもそも自動車の存在が目立たないカラーを選ぶと良いでしょう。

ゆえに、この上なく目立つレッドは、レヴォーグのボディカラーとして問題外です。 

  

ピュアレッドは無し

f:id:MORIKO:20201219204130p:plain

目が小さくて離れているブサイクな顔つきを「ピュアレッド」で強調するのは、残念な行為だといえます。

 

たとえるなら、太っている人がボーダーのTシャツを着るようなものです。

肥満体型の人が横に大きく見えるボーダーを着ても得はしませんし、新型レヴォーグが真っ赤なボディ色を纏っても、やはり得しません。

 

自分で自分の首を絞める行為は、控えておくに限ります。

 

マツダのソウルレッドのようなメタリックカラーではなく、新型レヴォーグの赤は、「オバサン感MAX」のベタッとした赤です。

  1. 顔つきのダサさを強調
  2. オバサン感を放つ 

こんなピュアレッドを選ぶ理由は、どこにもないでしょう。

 

 

クリスタルホワイト・パールも無し

クリスタルホワイト・パールもまた、新型レヴォーグで選ぶべきではない色のひとつです。

なぜなら、白いボディ色をを選ぶと、レヴォーグのフロントが「のっぺらぼう」のようになってしまうからです。

 

f:id:MORIKO:20201219204428p:plain

ただでさえ目が小さくて離れているレヴォーグの薄い顔が、ホワイトを選ぶことで、いっそうこざっぱりして見えます。

 

しかもクリスタルホワイト・パールは特別塗装色ですので、選ぶと33,000円の追加費用が生じるという、泣きっ面に蜂カラーとなっています。

 

わざわざ追加費用を支払ってまで、愛車をかっこ悪く仕立てることはありません。

だったらいっそ、33,000円の現金をドブに投げ捨て、ホワイトではないボディカラーを選んだほうがマシです。

 

アイスシルバー・メタリックも無し

f:id:MORIKO:20201219204748p:plain
アイスシルバー・メタリックも候補から外しましょう。

なぜなら、新型レヴォーグをチープな車に見せる色だからです。

 

シルバーは、似合う車と似合わない車の差が大きく出ます。

ちょうど世の中には、髭が似合う男性とそうでない男性がいるようなものです。

 

たとえば、ポルシェ911やアストンマーティンにはシルバーがよく似合います。

これらのボディをシルバーに塗装しても、車がもつ高級感を損なっていません。

 

では、新型レヴォーグの場合はどうでしょう。

アイスシルバー・メタリックに塗装された新型レヴォーグは、とても400万円近くする"高い"自動車には見えません。

 

ほんとうは高い自動車が安っぽく見えてしまうのは、ほんとうは頭が良いのにバカっぽく見られてしまうようなもので、損だといえます。

ゆえに、アイスシルバー・メタリックも避けておくのが無難です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201219205000p:plain

新型レヴォーグのボディカラーについてお伝えしてきました。

 

  1. ピュアレッド
  2. クリスタルホワイト・パール
  3.  アイスシルバー・メタリック

これら3色は、消去法により選択肢から外れます。

理由は先述のとおりです。

 

新型レヴォーグのフロントデザインはダサいので、なるべく暗い色を選び、存在が目立たないようにすると良いでしょう。

イメージとしては、舞台上の黒衣です。

 

新型レヴォーグに用意されているボディカラーのなかでは、

  1. クリスタルブラック・シリカ
  2. ラピスブルー・パール

この2色が、暗く、地味で、良さげです

いずれのカラーを選んでも追加費用は発生しません。

 

以上、新型レヴォーグのボディカラー(ボディ色)は8色のうちどれがマシか、でした。

結論。臭い物には蓋、ダサいフェイスには暗い色。 ボディカラーで悩む前に、新型レヴォーグを買うかどうか、すなわち出発点を再検討してみては。

 

www.shortshortshort.jp

新型レヴォーグの車両価格について、当サイトにはこんな記事があります。 

 

www.shortshortshort.jp

新型レヴォーグの欠点に関して、当サイトにはこんな記事があります。 

 

www.shortshortshort.jp

新型レヴォーグのボディカラー「ピュアレッド」について、当サイトにはこんな記事もあります。