こたつで部屋全体を暖めるのは無理。頼るべき3つの暖房器具

f:id:MORIKO:20201225215241p:plain

こたつの熱で部屋全体を暖めるのは不可能です。

 

理由はシンプルで、部屋の空気を暖めるのに、こたつの熱ではパワーが足りないからです。

こたつが温度を上げられる範囲は「こたつ布団のなか」が限界でしょう。

 

こたつ布団を取っ払って部屋全体の温度を上げようとするのは、たとえるなら、玄関のドアを全開にした状態でエアコンの暖房を使い、札幌市全体の気温を上げようとするようなものです。

 

つまり、無茶だ、ということです。

ほかの暖房器具を使えば、室温はすぐ上げられます。

こたつにこだわる必要はありません。 

 

この記事では、

  • エアコン
  • 石油ファンヒーター

など、「こたつよりマシな部屋全体を暖められる暖房器具3選」をわかりやすくご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

部屋全体を暖められる暖房器具3選。こたつは落選

f:id:MORIKO:20201225184653p:plain

想像してみてください。

 

札幌市在住の男性が、真冬にもかかわらず、玄関のドアを開け放っています

そして、

  • 温度:30度
  • 風量:強

に設定した自宅のエアコンで、この男性が札幌市の気温を上げようとしていたら、あなたはどう思いますか?

 

「正気なのか」

そう感じることでしょう。

 

こたつで部屋全体を暖めようと試みるのもおなじです。

自宅のエアコンで札幌市の気温を1〜2度上げるのは不可能ですし、こたつの熱だけで室温を1〜2度上げるのも、不可能です。

 

なぜなら、こたつが部屋の空気を暖めるパワーよりも、

  • 壁から伝う外気の寒さ
  • 床から伝う外気の寒さ
  • 隙間風の冷たさ

など、部屋を冷やすパワーのほうが強力だからです。

 

支出より収入を増やさなければお金は増えないのとおなじで、冷やすパワーを暖めるパワーが上回らなければ、部屋の温度は上がりません。

  1. エアコン
  2. 石油ファンヒーター
  3. セラミックファンヒーター

室温を上げるなら、これらパワフルな暖房器具に頼るべきです。

 

1. エアコン

f:id:MORIKO:20201225221904p:plain

部屋の空気を暖めたいなら、こたつではなく、エアコンを使うと良いでしょう。

 

冷房機能だけでなく暖房機能も備えているエアコンは、冬のシーズンになると暖房器具として活躍してくれます。

 

ただしエアコンには、お金がかかる、という金銭的デメリットがあります。

たとえば、こたつを1台買うなら予算2万円もあればじゅうぶんですが、2万円があってもエアコンは買えません。

 

エアコン本体は、最低でも10万円します

高性能モデルなら、20万円、30万円するものも珍しくありません。 

 

くわえてエアコンの使用には、それなりの電気代がかかります。

こたつにくらべて4〜8倍、あるいはそれ以上の電力をエアコンが消費するからです。

 

  • 本体の購入費用
  • 電気代

これらを捻出すれば、エアコンは、冬でも暖かくて快適な室内空間をわれわれに提供してくれます。

 

 

2. 石油ファンヒーター

エアコンほど費用をかけることなく部屋を暖められるのが、石油ファンヒーターです。

石油ファンヒーター本体は、1万円台で買えます

 

f:id:MORIKO:20201225221216p:plain

ただし、燃料となる「灯油」がなければ、石油ファンヒーターは動いてくれません。

ここが(電気だけで動いて手間のかからない)エアコンとの違いです。

 

  • ガソリンスタンドで灯油を買う
  • ヒーターのタンクに灯油を移す
  • タンクが空になったら給油
  • 灯油が終わったらスタンドへ

このような手間と労力、時間を割かなければならないのが、石油ファンヒーターの短所だといえるでしょう。

 

エアコンにくらべてグッと暖房費用を抑えられる反面、何かと手間がかかって面倒なのが石油ファンヒーターです。

  • 灯油をこぼして玄関が臭くなる
  • 灯油が手について指が臭くなる

など、その扱いは厄介です。

 

とはいえ、風の暖かさでは石油ファンヒーターがエアコンに勝っています。

なぜなら、石油ファンヒーターは内部で化石燃料を燃やして熱風を生み出しているからです。

 

暖かいを通りこし、「熱風」を吐き出せるのが石油ファンヒーターの強みだといえます。

冷たい外気を暖めて室内に送り込んでいるエアコンに、「熱風」は出せません。

 

寒さが厳しい地域に住んでいる方は、エアコンではなく、強力な石油ファンヒーターで暖をとるのが良いでしょう。

 

3. セラミックヒーター

f:id:MORIKO:20201225221447p:plain

石油ファンヒーターは灯油と電気で熱を生み出す暖房器具でした。

 

いっぽうでセラミックヒーターは、電気エネルギーだけで部屋を暖めてくれる暖房器具です。

すなわちセラミックヒーターなら、

  • 灯油を買いに行く
  • タンクに灯油を移す

といった手間や労力がかかりません。

 

くわえてセラミックヒーターは化石燃料を燃やさないため、石油ファンヒーターのような"特有のニオイ"がしないのも特徴です。

 

ただしセラミックヒーターは、エアコン同様にそれなりの電力を消費します。

  • 中温風:600W
  • 高温風:950W

これは一例です。

 

ちなみにこたつの消費電力は、

  • 弱:100W
  • 中〜強:200〜300W

この程度で済みます。

こたつの弱(100W)とセラミックヒーターの中温風(600W)を比較したとき、セラミックヒーターのほうが6倍の電気代がかかる、ということです。

 

もちろん、

  • こたつ:こたつ布団のなかだけ
  • セラミックヒーター:部屋全体

このように温度を上げられる範囲が異なるため、単純比較はできません。

 

たとえるなら、ホテルで20平米の部屋に1泊するよりも、180平米のスイートルームに1泊するほうが料金が高いようなものです。

 

セラミックヒーター本体は1万円以下で買えますので、 ちょうどエアコンと石油ファンヒーターの折衷案といったところではないでしょうか。

 

  1. 電気だけで動く(エアコンの長所)
  2. 価格が安い(石油ファンヒーターの長所)

これら良いところを取っているのが、セラミックヒーターです。

ただし暖房性能においては、石油ファンヒーターに劣ります。

 

Amazonでは、評判の良いKEYNICEのセラミックヒーターが売っています。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201225223009p:plain

こたつよりマシな部屋全体を暖められる暖房器具3選をお伝えしてきました。

 

こたつは「こたつ布団のなか」を暖めるための暖房器具ですので、部屋全体を暖めることは想定していません

 

ちょうど、ルイヴィトンのバッグが「鮮魚」を入れて運ぶことを想定していないようなものです。

 

鮮魚を運びたい方は、ヴィトンのバッグではなくクーラーボックスを利用するべきですし、部屋全体を暖めたい方は、

  1. エアコン
  2. 石油ファンヒーター
  3. セラミックヒーター

これらの暖房器具に頼るべきです。

 

「冬場の室温上昇」は、こたつには荷が重すぎるミッションです。

こたつに無理をさせないようご注意ください。 

 

以上、こたつよりマシな部屋全体を暖められる暖房器具3選でした。

結論。出費を厭わない方はエアコン。手間を惜しまない方は石油ファンヒーター。低予算かつ楽がしたい方はセラミックヒーター。

 

Amazonでは、こちらのセラミックヒーターも売っています。 

先ほどご紹介したセラミックヒーターよりもハイパワーで、リビング等の広い場所でも使える製品です。

  

www.shortshortshort.jp

こたつから抜け出す方法に関して、当サイトにはこんな記事があります。