【危ない】こたつから聞こえる「変な音」は断末魔だ

f:id:MORIKO:20201229123843p:plain

「断末魔の叫び」という言葉をご存知でしょうか。

断末魔の叫びとは、苦しんで死ぬ直前の叫び声を指します。

 

アニメや特撮の悪役がやられるときに出す「ウォォー」ってな大声、あれが断末魔の叫びです。

 

こたつから聞こえてくる「変な音」は、おそらく、こたつの断末魔の叫びでしょう。

つまり、こたつが寿命を迎えて苦しんでいる、ということです。

 

ヒーター部分が壊れている可能性が高いため、こたつを修理に出すか、新しいこたつに買い替えるのが無難です。

 

この記事では、

  • こたつから異音が聞こえる原因
  • 変な音を無視して使うリスク

など、「こたつから変な音が聞こえるときの対処法」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

こたつから変な音が聞こえるときの対処法

f:id:MORIKO:20201229123554p:plain

まず、異音が出ているこたつを使うのはやめておきましょう。

というのも、ヒーターが故障したこたつを使っていると、発火して火災が発生する恐れがあるからです。

 

事実、電気こたつが原因となった火災が、ここ5年間で200件近く起こっています。

 

こたつに限らず、機械製品から聞き慣れない異音がしているときは、たいてい故障しているか、不具合が生じているときです。 

  • 自動車
  • 冷蔵庫
  • 加湿器
  • エアコン

など、どんな機械製品であっても「変な音」が出ていたら使用をやめるべきです。

 

可能性が高いのはヒーターの故障

f:id:MORIKO:20201229124508p:plain

「変な音」が出ているこたつは、ヒーター部分が壊れているのでしょう。 

 

そもそもこたつというのは、テーブルの裏側にヒーターが取りつけられているだけのシンプルな暖房器具です。

ですので、異音がするとしたら、ヒーター部分しか考えられません。

 

異音を発しているこたつは、心臓部であるヒーターに不具合が生じていると見て間違いないといえます。

ヒーターの他に、変な音が出るような場所はありません。

 

もしもこたつの脚(木製)の部分がずっとミシミシ鳴っているとしたら、故障ではなく、もはや心霊現象です。

電気屋に修理を依頼するより先に、まず霊媒師に除霊を頼んだほうが良さそうです。

 

どんなものであれ、形のあるものはいつか壊れます。

こたつもまた、例外ではありません。

 

 

ヒーターの寿命は10年程度

こたつのヒーターは、だいたい10年くらいで寿命を迎えます。

変な音を奏でている問題のこたつは、買ってからどれくらい経つでしょうか。 

 

f:id:MORIKO:20201229124955p:plain

ちょうど10年前後であれば、ヒーターが寿命を迎えるころです。

修理(ヒーター部分の交換)や、新品への買い替えを検討してみてください。

 

もし1〜2年前に買ったこたつだとしても、壊れることはあります。

納車したその日にドアが壊れる(閉まらなくなる)車も存在しますので、運が悪かった、ということでしょう。

 

買って間もなくの故障であれば、保証期間に該当しているかもしれません。

保証期間内であれば、「変な音がするこたつ」を「静かなこたつ」へと無料で修理してもらえる可能性があります。

 

ですのでまず、こたつの保証書を探してみてください。

 

ちなみに、熱帯魚用の水槽ヒーターは1年で寿命を迎えます。

壊れたヒーターから異音が出ることもあります。

1年でぶっ壊れてしまう水槽用ヒーターにくらべれば、10年持つこたつのヒーターは、長持ちするほうです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201229125607p:plain

変な音がするこたつについてお伝えしてきました。

ヒーター部分が故障している恐れがあるため、異音が出るこたつの使用は控えておきましょう

 

チャックが壊れたバッグを使っていても問題ありませんが、ヒーターが壊れているこたつには、発火して火災を引き起こすリスクがあります。

こたつに「暖かさ」は求めていても、「燃えさかる炎の熱さ」は求めていないはずです。 

 

変な音がするこたつへの対処法は、

  1. 修理に出す
  2. 新品に買い替える

このいずれかです。

変な音を無視して使いつづけるのは危険ですので、ご注意ください。

 

燃え上がったこたつが、あなたの自宅を(最悪、あなた自身も)丸焼きにする恐れがあります。

 

こたつから出ている異音は断末魔の叫びであり、日本語に訳すと「死ぬー!苦しいー!」ってなもんです。

もう使うのはやめてあげましょう。

 

以上、こたつから変な音が聞こえるときの対処法でした。

結論。異音はこたつの断末魔の叫びだ。発火する寸前かもしれないので、使用は控えよう。こたつを修理に出すか、買い替えるかするべき。

 

www.shortshortshort.jp

こたつが引き起こす火災のリスクに関して、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

こたつに関して、当サイトにはこんな記事もあります。 

こたつの故障を機に、いっそ部屋全体を暖められる暖房器具へ乗り換えてはいかがでしょう。