【5人乗り】スバル新型レヴォーグの後部座席は快適か

f:id:MORIKO:20210105182354p:plain
2020年にフルモデルチェンジを果たしたスバル新型レヴォーグ(2代目)は、2列シートで、乗車定員は5名です。

レヴォーグに3列シートのモデルは存在しません。 

 

ところで、新型レヴォーグ後部座席の座り心地はどうでしょう。

たとえば、リヤシートもリクライニングは可能なのでしょうか

 

この記事では、

  • 後部座席はリクライニングできるか
  • 後部座席に大人が座っても平気か
  • 後部座席にもシートヒーターはあるのか

など、「スバル新型レヴォーグの後部座席」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スバル新型レヴォーグの後部座席

f:id:MORIKO:20210105181750p:plain

レヴォーグのボディ形状はステーションワゴンといい、じゅうぶんな人数と荷物を載せて運べるのが特徴です。

 

たとえば、

  • ポルシェ911
  • 日産GT-R
  • トヨタ86

といった2ドアスポーツカーの後部座席はほとんど「荷物置き場」で、人が座るには狭くて窮屈ですが、レヴォーグの後部座席は広く、快適です

 

レヴォーグのリヤシートに大人が座っても、なんら問題ありません。

天井の高さもじゅうぶんにあります。

 

後部座席もリクライニング可能

f:id:MORIKO:20210105182626p:plain

レヴォーグの後部座席は(初代・新型ともに)、リクライニングが可能です。

 

フルフラットになるまで背もたれを倒すことはできませんが、ある程度は、リヤシートも後ろへリクライニングできます。

 

後席に座っている乗員が、

  • 疲れたとき
  • 眠りたいとき
  • 車酔いしたとき
  • 体調が悪くなったとき

などに、座席が倒せるのは大きなメリットだといえるでしょう。

 

後部座席のシートを倒してくつろげるのは、軽自動車など、小さな車にはない魅力です。

 

 

後部座席にもシートヒーター搭載

新型レヴォーグ(2代目・2020年〜) は、全グレードにおいて、運転席および助手席のシートヒーターを標準装備としています。

 

シートヒーターというのは、トイレの便座を温めるようなイメージで、車のシートを温めてくれる機能をいいます。

便座は温かいほうが良いように、自動車のシートもまた、冬場は温かいほうが快適です。 

 

f:id:MORIKO:20210105182950p:plain

後部座席のシートヒーターは、

  • GT
  • GT EX

これらのグレード(エントリーモデル)を除き、新型レヴォーグに標準装備されています。

残念ながらGTおよびGT EXでは、メーカーオプションとしても後部座席にシートヒーターを搭載することはできません。

 

  • 後席に人を乗せる機会が多い方
  • 寒冷地に住んでいる方

などは、リヤシートにもシートヒーターが搭載されているモデルを選ぶと良いでしょう。

 

具体的には、

  1. GT-H
  2. GT-H EX
  3. STI Sport
  4. STI Sport EX

これら4つのグレードです。

新型レヴォーグのなかでこれら4つは上位グレードですので、後部座席のシートヒーターが標準装備となっています。

 

シートヒーターのメリットは、自分だけ温度調整ができる点です。

たとえば、後席に座っている女性ひとりだけが「寒い」と感じていても、ほかの乗員3名が「ちょうど良い温度」だと感じていれば、エアコンから出る温風は、女性以外にとって不快です。

 

いっぽうでシートヒーターがあれば、自分が座っているシートだけを温められるので、他の乗員に合わせる必要がありません。

エアコンでは実現できない「個々の温度調整」を可能にしてくれるのが、シートヒーター機能のメリットです。 

 

快適に移動できるのは4名まで

f:id:MORIKO:20210105183315p:plain

新型レヴォーグの乗車定員は5名ですが、快適に移動ができるのは4名までです。

 

なぜなら、3名が座れる後部座席のうち、中央だけシートのクオリティが低いからです。

バスでいうところの「補助席」のようなものだとお考えください。

 

座れないこともないけれど、ふだんは使わない、それがレヴォーグ後席の中央部分です。

たとえば、後部座席の左右は、

  • 座面
  • 背もたれ

それぞれが窪んでおり、乗員の体をホールドするように設計されています。

 

いっぽうで後部座席の中央部分は、

  • 座面
  • 背もたれ

いずれもモッコリと盛り上がっており、体のホールド性に欠けます。

後席中央に座った乗員は、レヴォーグが曲がるたびに体を左右に揺すられ、不快な思いをすることでしょう。

 

そもそも後部座席の中央部分は、背もたれをバタッと前に倒すと「センターアームレスト(カップホルダー付き)」となるように設計されています。

5人目が座る中央部分は、あくまでも補助席扱いだ、ということです。

 

近場を移動するだけなら良いでしょうが、

  • 遠出
  • 旅行

など、片道30kmを超えるような長距離を移動する場合、レヴォーグに5名が乗るのはやや窮屈だといえます。

ただし、うち1名が小学生以下の子どもであれば、レヴォーグに5人乗っても問題ないでしょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210105183843p:plain

スバル新型レヴォーグの後部座席についてお伝えしてきました。

 

グレードを問わず、レヴォーグの後部座席はリクライニング可能です。

  1. GT
  2. GT EX

これら2つのエントリーモデルを除き、後部座席にはシートヒーターが標準装備されています。

寒冷地に住んでいるユーザーにとって、シートヒーターは重宝するに違いありません。 

 

運転席および助手席には、全グレードで(GTとGT EXにも)シートヒーターが搭載されています。

 

新型レヴォーグには何人乗れるか」の問いにたいする答えは、5名です。

ただし、快適に移動できるのは4名までです。

なぜなら、後部座席の中央は補助席的な扱いであり、ほかの座席にくらべて座り心地が劣っているからです。

 

リヤシートの中央部分は座席としてではなく、カップホルダー付きのセンターアームレストとして使うのが正解だといえるでしょう。

 

ちなみに、新型レヴォーグには、後部座席用にUSB電源2口が標準装備されています。

移動中のスマホ充電などに活用でき、便利です。

 

以上、スバル新型レヴォーグの後部座席についてでした。

結論。新型レヴォーグの後部座席はリクライニングできるし、一部グレードにはシートヒーターも付いているし、なによりシートの質が高くて快適。ただし、5人目の乗員は補助席のようなポジションに座るハメになる。乗車定員は5名だが、全員が心地よく移動できるのは大人4名まで。

 

www.shortshortshort.jp

新型レヴォーグの価格について、当サイトにはこんな記事があります。 

 

www.shortshortshort.jp

新型レヴォーグのボディカラーに関して、当サイトにはこんな記事があります。