『片付けは減らすが9割 ゆるミニマリストが教える 頑張らない整理術』の要約と感想

パクチーのようにクセがある本書は、読み手を選びます。

 

というのも、

  • てか
  • んなもんは
  • てやんでえバーロー!

など、終始砕けた文体で、著者が「片付け」について述べているからです。

阪口氏という人物は片付けブログの管理人だそうで、本書もまた、ブログ記事のような調子で書いてありました。

 

上のような言葉遣いに抵抗がない方なら、本書を最後まで読み通すことができるでしょう。

 

この記事では、阪口ゆうこ著『片付けは減らすが9割 ゆるミニマリストが教える 頑張らない整理術』の要約と感想をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

『片付けは減らすが9割 ゆるミニマリストが教える 頑張らない整理術』の要約と感想

f:id:MORIKO:20210106201434p:plain

まずは本書の要約から。

 

著者は整えアドバイザー。

月間平均250万PV超えの片付けブログ管理人でもある。

 

具体的な整理術にはほとんど触れず、整理にたいする著者の考えを、おもしろおかしく解説する。

 

以上がおもな内容です。

ユーモアセンスに自信がある、1981年生まれの女性が書いたお片付けエッセイ集です。

暇つぶしの読み物には良いかもしれませんが、本気で部屋を片付けたい方に本書は適していません。

 

片付けのやり方は自分で決めよう

まず、重要な情報をお伝えします。

本書には、

  • 整理術
  • 収納術
  • 片付け方法

などがほとんど出てきません。

 

ですので、具体的な整理術を期待している方にとっては、期待はずれな本だと言えるでしょう。

 

「正当なやり方、正しいやり方、唯一のやり方、そんなものは存在しない」

という哲学者ニーチェの言葉を引き合いに出し、「片付けのやり方もおなじだ。正解なんてないから、自分で考えよう」と著者は述べていました。

 

本書の内容を端的にまとめれば、 

  1. ものを減らすのが大事
  2. その方法は自分で見つけろ

ってなもんです。

 

この手のノウハウ本には「どうしたら良いのか」という具体的な方法が記されているのが一般的なので、本書は例外だといえるでしょう。

 

たとえば、部屋を片付けるにあたってまず一番に捨てるべきは、空き箱でも紙袋でもなく、「自分への期待と過信」だそうです。

このような精神論が(砕けた文体で)延々と綴られていました。 

 

 

本書を読んでも変われない理由

本書を買って読んだとしても、部屋の様子が変わることはないでしょう。

なぜなら、本書には具体的な「アクション」が記されていないからです。

 

  • てか
  • 「秒」で終わる
  • てやんでえバーロー!
  • んなもんは、人による

などといった砕けた文章で、自らの面白さ、ユーモアセンスをひけらかしている印象を受けました。

 

本書を通して著者がもっとも広めたいのは、頑張らない整理術ではなく、ユーモアのある私、に違いありません。

読者はおそらく「なんだか面白い本だった」ってな感想を抱くでしょう。

ただし、具体的なアクションにつながるアドバイスがないため、行動は変わりません。

 

面白ければ良いのは、小説やエッセイだけです。

本書は小説でなければエッセイでもなく、「整理術」を説いているノウハウ本です。

 

無料で公開しているブログ記事のようなノリで書いていますが、有料コンテンツである書籍において、著者のこの態度は目に余ります。

まるで、学生気分が抜けていない新社会人のようです。 

 

お金を出して買った整理術の本に「てやんでえバーロー!」などと書かれていたら、そして整理術についてほとんど書かれていなかったら、読者はどう思うでしょうか。

整理術を頑張る、頑張らないは著者の自由ですが、本書の執筆は、頑張るべきでした。 

 

まとめ

想像してみてください。

 

ある女性が、SNSにランチの写真を投稿しています

がしかし、この女性がみんなに見せたかったのは、ランチではありません。

 

女性が人々にアピールしたいのは、写真の左上に見切れて写っている「ハイブランドのバッグ」です。

これは、SNS上でしばしば見かける「さりげない自慢」です。

 

Aを主張しているように見せかけて、本当はBを自慢している、というゲスいやり方です。 

Bを自慢したいがために、Aというダミーを置いている、ともいえます。

 

この手法を採用しているのが、本書です。

タイトルには「整理術」とありますが、著者がほんとうに伝えたい(自慢したい)のは、自らのユーモアセンスだけでしょう。

 

たとえば阪口氏は、ミニマリストを小馬鹿にしつつ、ゆるミニマリストなるものを提唱しています。

  • ミニマリストが感じている幸せは偽物
  • ミニマリストこそ物に執着している
  • ミニマリストはテレビを捨てがち
  • でも私は捨てない。テレビが好きだから

こんな具合です。

 

整えアドバイザーが品のない文章で書いた抱腹絶倒お片付けエッセイ、それが本書です。 

 

以上、 阪口ゆうこ著『片付けは減らすが9割 ゆるミニマリストが教える 頑張らない整理術』の要約と感想でした。

結論。整えアドバイザーが品のない文章で書いた抱腹絶倒お片付けエッセイ。どうせ実用性のないエッセイを読むなら、さくらももこのエッセイを読んだほうが良い。

  

もものかんづめ (集英社文庫)

もものかんづめ (集英社文庫)

 

Amazonでは、さくらももこのエッセイ集『もものかんづめ』が売っています。

 

www.shortshortshort.jp

部屋の片付けに関して、 当サイトではこんな本も紹介しています。

精神論ではなく「ノウハウ」に特化して解説しているのが、本書の特徴です。

 

阪口ゆうこ著『片付けは減らすが9割 ゆるミニマリストが教える 頑張らない整理術』とは正反対の内容だといえます。