新型レヴォーグ「1番のおすすめグレード」がGTである理由

f:id:MORIKO:20210113171744p:plain

スバルが2020年に発売したステーションワゴン・新型レヴォーグには、

  1. GT
  2. GT-H
  3. STI Sport

これら3つのグレードが用意されています。

 

すべてに運転支援システム「アイサイト」が標準装備されており、われわれはプラス38万5千円(税込)を支払うことで、アイサイトを「アイサイトX」へと変更できます。

 

3つすべてのグレードにおいて、

  1. アイサイト
  2. アイサイトX

これら2つの選択肢が存在するため、新型レヴォーグには全6種類があることになります。

 

ではいったい、どのグレードの新型レヴォーグを買うのが良いのでしょうか。

 

この記事では、

  • 各グレードの違いは何?
  • 売れている人気グレードはどれ?

など、「新型レヴォーグでもっともおすすめのグレード」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

新型レヴォーグでもっともおすすめのグレードはGT

f:id:MORIKO:20210113171208p:plain
たとえば幕内弁当には、松竹梅という3つのランクがあります。 

最上級が松、中間が竹、もっとも廉価なのが梅です。

 

スバルの新型レヴォーグもおなじで、

  1. 松:STI Sport
  2. 竹:GT-H
  3. 梅:GT

このような位置付けとなっています。

 

そして、弁当についてくる味噌汁はたいてい、プラスで料金を支払えば豚汁へ変えられます。

新型レヴォーグについてくるアイサイトも同様で、追加費用を払えば「アイサイトX」というより高度な運転支援システムへと変更できます。

 

アイサイトX搭載車は、

  • GT EX
  • GT-H EX
  • STI Sport EX

というように名称に「EX」がつきます。

 

新型レヴォーグを買うとして、グレードにしようか迷っているのであれば、もっとも廉価なGTを選ぶのが良いでしょう

価格38万5千円のアイサイトXがついていないモデルです。

 

というのも、エンジン性能(馬力やトルク)は全グレードおなじだからです。

 

なぜもっとも安いGTがおすすめか? 

f:id:MORIKO:20210113172359p:plain

全グレードのなかで一番お買い得なのは、GTです。

なぜなら、

  • エンジン
  • ブレーキ
  • トランスミッション

など、走りに関わる部品はどのグレードも変わらないからです。

 

グレードに関わらず、新型レヴォーグが搭載しているのは、1.8Lのターボエンジンです。

ですので、STI Sportがもっとも速い、などといったことはありません。

馬力も加速力も、燃料タンクの大きさも、すべておなじです。 

 

ちなみに価格はいずれも税込みで、

  • GT:310.2万円
  • GT-H:332.2万円
  • STI Sport:370.7万円

このようになっています。

アイサイトXを希望する場合、上記へさらに追加で38.5万円が上乗せされ、EXとなります。

 

 「レヴォーグのなかでいちばん安いGTに乗るのはかっこ悪い」

このように感じる方もいるでしょう。

 

がしかし、新型レヴォーグそのものがすでに立派な自動車(カーオブザイヤー2020-2021を受賞するほど)ですので、安価なGTを選んだからといって「ダサい」などということはありません。

 

むしろ、見栄やプライドによって、自らには必要のない上位モデルを買うほうがダサいといえます。

なぜなら、「自分の評価軸」がないからです。

 

実際に売れているのは、 

  1. STI Sport EX
  2. GT-H EX
  3. GT-H

これらのグレードですが、人気を気にすることはないでしょう。

「みんなとおなじが良い」なら、スバルではなく、トヨタの自動車に乗るべきです。 

 

 

GTはどのあたりがショボいか

GT(グランドツアラーの略)は、

  • GT-H
  • STI Sport

これら2つのグレードにくらべてどんな点が劣っているのでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20210113173449p:plain

たとえば、タイヤサイズが違います。

GTのみ17インチで、GT-H、STI Sportは18インチのタイヤを標準装備しています。

ちなみに、タイヤの径が大きいほど、車は「かっこ良く」見えます。

 

とはいえ、17インチのタイヤは、 

  • スバルBRZ
  • トヨタ86

といったスポーツカーとおなじで、けっして小さくもダサくもありません。

新型レヴォーグのボディサイズでタイヤが17インチあれば、じゅうぶんです。

むしろ、インチが小さいぶんタイヤの購入費用が抑えられてお得だといえます。

 

メルセデス・ベンツCクラスのタイヤサイズは、16〜18インチが一般的です。

Cクラスとくらべても、GTの17インチが「小さい」とはいえないことがおわかりいただけるでしょう。

 

そのほかには、

  • ペダルがアルミ製ではない
  • 後席にシートヒーターがない
  • リヤゲートがハンズフリーで開かない

といった特徴(他のグレードにくらべた我慢ポイント)が、GTにはあります。

 

それから、GT-HとSTI Sportはバック時に、サイドミラーがやや下向きへと自動で角度が変わり、白線を見やすいようにサポートする機能がついています。

あなたがよほど「駐車がヘタクソ」でなければ、この機能は不要でしょう。

 

ペダルがアルミかどうかは大した問題ではありませんし(缶詰の缶がアルミかスチールかを見分けて分別するほうが重要)、後席のシートヒーターはただの「贅沢」です。

GTでも運転席と助手席にはシートヒーターがついていますので、それでじゅうぶんだといえます。

 

リヤゲートに「ハンズフリーのオープン」 を求めるのは、自宅に「自動ドア」を設置するようなもので、滑稽です。

トランクに荷物を乗せる際は、自分の手でガバッとドアを開ければ済む話です。

 

「両手に荷物を持っているときに困る」

そう感じる人もいるでしょうが、そもそも、これまで両手に荷物を持っていてもなんとかドアを開けてこれていたはずです。

 

わざわざハンズフリーのオープン機能を使い、日ごろの運動不足に拍車をかけることはありません

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210113173710p:plain

新型レヴォーグでもっともおすすめのグレードをお伝えしてきました。

全6種類のなかでは「GT」を買うのが賢いといえるでしょう。

 

というのもGTには、必要十分な装備がすべて揃っているからです。

エンジン性能に差はなく、車の速さはSTI Sportとおなじです。

 

むしろ、

  • GT:1825kg
  • STI Sport:1855kg

と車両総重量30kgの差があるため、軽いGTのほうが「速い」とすらいえます。

 

30kgといえば、子ども1人分、10kgの米袋3つ分に相当します。

バカにできない重量差です。

 

もちろん、重量が軽いほど燃費は良くなります。

その差はカタログにも現れており、

  1. GT
  2. GT-H
  3. STI Sport

この順で高燃費です。

 

つまり、GTがもっとも燃費が良い、ということです。

エクステリアのデザインはどのグレードも大差がなく、「STI」のバッジ欲しさ(つまり見栄)でGTよりも60万円高いSTI Sportを買うのは、愚の骨頂でしょう。

 

標準のアイサイトだけでもじゅうぶん高性能ですので、38万5千円の追加費用を出してまでアイサイトXを選ぶ必要はありません。

「渋滞時ハンズオフアシストでストレスを軽減」とありますが、そもそも渋滞にハマった時点で相当な精神的ストレスが生じるため、ハンズオフ機能など焼け石に水です。

 

その38万円を使って高級ホテルに連泊したほうが、よほど「快適」に違いありません。 

 

ただし、EXがついていないグレードは、ナビ・オーディオレス仕様になっています。

スマホのナビアプリで代用するなど、GTを選ぶ場合は、何か対策を考える必要があります。

 

以上、新型レヴォーグでもっともおすすめのグレードがGTである理由でした。

結論。走行性能に差はない。ここがもっとも重要。GTやSTI Sportは「あったら便利」な機能をモリモリと追加しているだけで、「なくても困らない」のが実情。見せかけの便利さや贅沢に、追加で数十万円を支払うだけの価値はない。

 

www.shortshortshort.jp

アイサイトXとアイサイトの違いに関して、当サイトにはこんな記事があります。  

 

www.shortshortshort.jp

スバル新型レヴォーグの車両価格について、当サイトにはこんな記事もあります。