MAZDA3のボディ色は「ホワイト以外」がおすすめの理由

f:id:MORIKO:20210119195625p:plain
MAZDA3のボディカラーは(ファストバック・セダンともに)、ホワイト以外どれを選んでも問題ありません。

 

なぜなら、唯一ホワイトだけが 、MAZDA3のエクステリアがもつ美しさを発揮できていないからです。

 

ちょうど、寝室には赤色のものを置かないほうが良いようなものです。

色彩心理学において赤は「興奮や刺激」をもたらすとされているため、寝室というリラックスすべき空間にはふさわしくありません。 

 

寝室でレッドを避けたほうが良いのとおなじで、MAZDA3のボディカラーもまた、ホワイトだけは避けておくのが正解です。 

 

この記事では、

  • MAZDA3が持つ美しさ
  • なぜ白いMAZDA3はダサいのか

など、「MAZDA3のボディ色でホワイトを避けるべき理由」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

MAZDA3のボディ色でホワイトを避けるべき理由

f:id:MORIKO:20210119195737p:plain
私たちそれぞれに似合う色、似合わない色があるのとおなじで、自動車にもまた、似合う色と似合わない色があります。 

 

たとえば、2013年9月の1ヶ月限定で、トヨタがクラウンRe BORN PINKという限定仕様車を受注発売しました。

まるで漫画『Dr.スランプ』に出てくるウンチにそっくりなピンク色は、品がなく、高級車セダン・クラウンにまったく似合っていません。

 

f:id:MORIKO:20210119200018p:plain

つまり、クラウンのボディにピンク色は似合わなかった、ということです。

 

MAZDA3におけるホワイトも似たようなものです。

ピンク色のクラウンほど酷くはないものの、ホワイト塗装のMAZDA3もまた、センスがないといえます。

 

ホワイトの物足りなさ

f:id:MORIKO:20210119200719p:plain

MAZDA3でホワイトを選ぶべきでない理由は、デザインが物足りなく見えてしまうからです。

 

たとえば、MAZDA3をサイドから見てみてください。

「キャラクターライン」と呼ばれるくっきりとした線が、MAZDA3のボディには入っていません。

 

たいていの自動車が線でデザインを作り出しているなか、マツダの魂動デザインは、「面の美しさ」で勝負しています。

MAZDA3のドアに反射する光(映り込み)など、もはや芸術の域です。

 

f:id:MORIKO:20210119200425p:plain

がしかし、ボディ色にスノーフレイクホワイトパールマイカを選んでしまうと、面の美しさが感じられません

代わりに、

  • 余白だらけ
  • こざっぱりしている

といった残念なイメージを抱くことになります。

 

周囲からは、「MAZDA3でホワイトを選ぶだなんて、この人は魂動デザインの美しさをまったく理解していない」 とバカにされかねません。

ちょうど、髪を紫色に染めている高齢女性を見た人が、「うわっ」と引くようなものです。

 

ちなみにMAZDA3のスノーフレイクホワイトパールマイカは特別塗装色であり、選ぶと、税込み33,000円の追加費用が生じます。

わざわざ3万円を支払ってまで、愛車をダサいカラーに塗装することはありません。

 

 

コントラストが強過ぎる

一般的な自動車と、MAZDA3の違いはなんでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20210119201245p:plain
大きな差異は、フロントにメッキを使っているかどうか、です。

たいていの自動車はフロント部分にメッキ加飾を施していますが、MAZDA3はメッキを避け、ブラックで統一しています。

 

  • MAZDA2
  • CX-3
  • CX-5
  • CX-8

など、ほかのマツダ車とも違う、いわばMAZDA3だけの特徴です。

 

ホワイトの反対色はブラックです。 

ボディカラーにホワイトを選ぶと、

  • バンパー
  • ヘッドライト
  • フロントグリル

など、ブラックで塗装されているパーツとのコントラストが強烈になり、 かえってこれらのブラック部分を目立たせてしまいます。

 

MAZDA3(ファストバック)のフロントにおける「黒」の部分だけを遠くから見ると、まるでヒトデのような形をしていることがわかります。

つまるところホワイトのMAZDA3は、「黒いヒトデ感」が強調されてしまう、ということです。

 

f:id:MORIKO:20210119201703p:plain

ちょうど、フロントに正月飾りをつけている車がダサいのとおなじで、フロントに黒くてデカいヒトデをつけているような車もまた、ダサいといえます。

 

ホワイト以外のカラーを選べば、フロントのブラック部分が目立ち過ぎることはありません。ヒトデっぽくならないよう、白は避けておきましょう。

 

ボディカラーはホワイトを選んでおくのが無難」との考えが日本にはありますが、MAZDA3は例外です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210119201947p:plain

MAZDA3のボディカラーについてお伝えしてきました。

 

MAZDA3のカタログを見てみると、

  • ソウルレッド
  • マシングレー

これらに塗装された車体の写真が多く使われています。

つまり、マツダが考える「MAZDA3に似合う色」はソウルレッドやマシングレーだ、ということです。

 

カタログを見る限りマツダは、MAZDA3に「ホワイト」を推していません。

 

もしMAZDA3を買うなら、ホワイト以外のボディカラーを選び、MAZDA3が持つデザインの美しさを引き立たせてはいかがでしょうか。

 

以上、MAZDA3のボディ色でホワイトを避けるべき理由でした。

結論。ホワイトを選ぶと、サイドは物足りなくなり、フロントは黒いヒトデ感が強くなる。つまりダサくなる。ピンク色のクラウンだけが下品なのとおなじで、ボディカラーは車の印象を大きく左右する要素。MAZDA3に「白が無難」は通用しないので注意。

 

www.shortshortshort.jp

マツダのクリーンディーゼルエンジンに関して、当サイトにはこんな記事があります。 

 

www.shortshortshort.jp

MAZDA3のボディカラーについて、当サイトにはこんな記事もあります。 

白ほど酷くないものの、白のつぎに避けたいのはブラックです。