フィアット500とアバルト595の違いを知ろう【画像あり】

f:id:MORIKO:20210121170744p:plain
フィアット500(チンクエチェント)とアバルト595はルックスが似ているものの、別の車です。

 

アバルト595は、ベース車両であるフィアット500を、(アバルト社が)スポーティにチューンアップした自動車です。

つまりフィアット500を、

  • もっと速く
  • もっと刺激的に

チューンしたのがアバルト595だといえます。

 

ではこれら2台は、具合的にどう違っているのでしょうか。 

 

この記事では、

  • エクステリアの違い
  • エンジン性能の違い
  • トランスミッションの違い

など、「フィアット500とアバルト595の違い」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

フィアット500とアバルト595の違い

f:id:MORIKO:20210121170212p:plain

まず、フィアットとアバルトは、それぞれ別の会社です。 

 

500(チンクエチェント)などを製造するフィアットは、イタリアの国民的カーブランドです。

いっぽうでアバルトは、ハイパフォーマンスカーを扱うニッチなメーカーです。

 

ちょうど私たちがスーパーで食材を買ってきて野菜炒めを作るのとおなじで、アバルトもまた、フィアット500に手を加え、アバルト595を製造しています。

 

1. エクステリアの違い

f:id:MORIKO:20210121171136p:plain

フィアットとアバルトは会社が異なるので、自動車についているエンブレムも異なります。

ちょうど、トヨタとマツダのエンブレムが違っているようなものです。 

 

フィアット500には「FIAT」の文字が書かれた赤いエンブレムが、アバルト595にはサソリが描かれたエンブレムが、それぞれ取り付けられています。

 

500と595は車体のシルエットこそ似ていますが、フロントマスクは595のほうが威圧的だといえるでしょう。

これは、(エンジンを冷やすために)595がフロントグリルをガバッと大きくとっているからです。 

 

フィアット500とアバルト595の全幅は、いずれも1,625mmで変わりません。

ただし、全長はアバルトのほうが90mm長く、全高はアバルトのほうが10mm低くなっています。

 

f:id:MORIKO:20210121171349p:plain

500と595の全長が90mm異なるのは、

  • フロントバンパー
  • リアバンパー

これらの形状が違っているからです。

 

マフラーが左右2本出しになっている(フィアットは1本)など、よりいっそうスポーティさを強めているのがアバルト595の特徴です。

 

それからエクステリアに関しては、

  • ホイールの形状
  • ホイール中心にあるロゴ

なども500と595とでは違っています。

 

2. インテリアの違い

f:id:MORIKO:20210121171522p:plain

フィアット500とアバルト595のシートは別物です。

 

アバルト595は、ホールド性の高いスポーツシートを採用しています。

アバルト595の最上級グレードであるコンペティツィオーネは、Sabelt製のスポーツシートが専用装備となっています。

 

ただしSabelt製シートは超スパルタンで、まるでベンチのように硬く(クッション性がなく)、快適さには欠けていますのでご注意ください。

ドライバーが良いとしても、助手席の同乗者からはクレームが出ること必至です。 

 

f:id:MORIKO:20210121171708p:plain

フィアット500がホワイトを基調とした明るい内装であるのにたいし、アバルト595は、ブラック基調のダークな内装に仕上がっています。

インテリアではほかにも、

  • アルミ製ペダル
  • アバルト専用ステアリング

など、スポーティさが強調されており、フィアット500のような可愛らしい雰囲気はありません。

 

ただ惜しいのは、フィアット500のパーツを595が一部そのまま使用している点です。

たとえば、アバルト595には「500」と記されたフィアットのパネルがそのまま使われています(助手席部分)。

 

f:id:MORIKO:20210121172303p:plain

実際にはアバルト595であるにもかかわらず、ダッシュボードに「500」と入っているのは、オーナーにとって気になるかもしれません。

アバルトにとって重要な「走り」とは関係がない部分なので、コストを削ったのでしょう。

 

事実、パネルの数字を500から595に変えたところで、車が速くなるわけでないのは事実です。

 

 

3. エンジン性能

フィアット500とアバルト595、最大の違いはその速さです。

というのも、それぞれ搭載しているエンジンが異なるからです。

 

フィアット500には、

  • 1,240cc・自然吸気エンジン・69馬力
  • 875cc・ターボエンジン・85馬力

これら2タイプのエンジンが用意されています。

 

f:id:MORIKO:20210121172457p:plain

いっぽうでアバルト595が積んでいるのは、1,368ccのターボエンジンです。

チューニングの違いにより、

  • 595:145馬力
  • ツーリズモ:165馬力
  • コンペティツィオーネ:180馬力

このように、最大出力に差が設けられています。

 

パワーやトルクなどのエンジン性能に関しては、フィアット500の比ではありません。

アバルト595のほうが断然速いといえます。

 

参考までに、トヨタ86後期型(2L自然吸気エンジン)は、最高出力207馬力です。

 

4. トランスミッションの違い

f:id:MORIKO:20210121172623p:plain

トランスミッションに関して、フィアット500ではMTを選択できません。 

現在500には、デュアロジック(ATモード付5速シーケンシャル)のみ設定されています。

 

たいしてアバルト595は、

  • デュアロジック
  • MT

いずれか好きなほうを選べます。

ただ残念なことに、6速MTではなく、5速MTのみとなっています。

 

たとえば国産スポーツカーなら、

  • トヨタ86
  • スバルBRZ
  • ホンダS660

などはいずれも6速MTです。

ほかにも、MAZDA2、スイフトスポーツなども6速MTです。

 

スポーツカーで5MTというのは、アバルトの「ガッカリポイント」だといえるでしょう。

 

自転車でたとえるなら、5段階変速と6段変速の違いのようなもので、ギア数は多いに限ります。

ちなみに、ロードバイクは24段変速が可能だったりしますが、いわゆるママチャリはたいてい3段変速です。

 

5. 車両価格

f:id:MORIKO:20210121172804p:plain

では最後に、フィアット500、アバルト595それぞれの車両価格をくらべてみましょう。 

 

まずはフィアット500からご紹介します。

  • 1.2Pop:2,000,000円
  • TwinAir Pop:2,410,000円
  • TwinAri Lounge:2,760,000円

このように、すべてのグレードが200万円台におさまっています

 

つづいて、アバルト595の車両価格です。

  • 595:3,000,000円
  • TURISMO:3,630,000円
  • COMPETIZIONE:3,830,000円

フィアットにくらべ、100万円ほど高いイメージです。

上の金額はすべて「5MT」のものであり、トランスミッションにデュアロジックを選ぶと、さらに20万円ほど上乗せになります。

 

たとえばCOMPETIZIONEのデュアロジックは、ちょうど400万円です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210121173039p:plain

フィアット500とアバルト595の違いをお伝えしてきました。

 

見た目こそ似ている2車種ですが、走行性能は大きく異なっています

搭載しているエンジンが違うだけでなく、

  • 足回りのセッティング
  • ブレーキ性能

なども、アバルトはスポーティにチューンアップされているからです。

 

アバルト595が気になっているなら、ぜひフィアットのディーラーへ行って試乗してみてはいかがでしょう。 

フィアットディーラーでアバルト595も扱っていますので、500と595それぞれに試乗することが可能です。

 

フィアット500は(国産車にくらべて)ボディ剛性が高く、コーナリング性能も優れているので、運転してみたら案外「フィアット500で充分かも」と思えるかもしれません。

 

以上、フィアット500とアバルト595の違いでした。

結論。見た目は似ているが、走行性能がまったく違う。百聞は一見にしかずというやつなので、実際にディーラーを訪れ、試乗車を運転してみるのが一番手っ取り早い。