自動車保険(任意)に入らないと何が困るのか?

f:id:MORIKO:20210126174958p:plain

車の保険には2種類あります。

  1. 強制保険(自賠責保険)
  2. 任意保険(自動車保険)

 

加入が義務づけられている強制保険には、「入らない」という選択肢がありません。

たとえるなら、買い物をしたときに「消費税を納めるかどうか」を選ぶ自由がないようなものです。

 

  • 消費税:納める
  • 自賠責保険:入る

といった具合で、新車購入時や車検のときに加入・更新しているのが自賠責保険(強制)です。

 

f:id:MORIKO:20210126175521p:plain

いっぽうで、任意保険に入るかどうかは、ドライバーの任意です。

こちらの加入は強制でもなければ、義務でもありません。

 

では、任意保険(自動車保険)に入らなかった場合(つまり強制加入の自賠責保険のみ)、 なにか困ることがあるのでしょうか。

 

この記事では、

  • 任意保険には入らなくても良い?
  • もし交通事故を起こしたらどうなる?

など、「自動車保険(任意)に入らないと何が困るのか」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

自動車保険(任意)に入らないと困ること

f:id:MORIKO:20210126174531p:plain

まず、すべてのドライバーは自賠責保険に入っています。 

その上でプラスして「自動車保険(任意)」に加入するかどうかは、各人の自由です。

 

自動車保険は、たとえるなら、生命保険のようなものだといえます。

入っても良いですし、嫌なら入らなくても構いません。

もちろん、任意保険に加入していないからとって、警察に捕まるようなこともありません。

 

自動車保険(任意)に入らないメリットは、毎月の保険料が浮くことです。

任意保険に加入すれば、月々3,000〜20,000円、あるいはそれ以上の金額を支払うことになります。

 

毎月払う保険金額は、

  • 等級
  • 補償内容
  • 自動車の型式
  • 被保険者の年齢

などによって異なります。

 

f:id:MORIKO:20210126180424p:plain

いっぽうで自動車保険(任意)に入らないデメリットは、交通事故を起こしたら人生が破滅すること、だといえるでしょう。

事故を起こして地獄を見ないためには、任意保険に加入しておくことです。

 

補償内容がぜんぜん違う 

f:id:MORIKO:20210126180727p:plain

自動車保険というのは、交通事故や災害が生じたときに、

  • 車の修理費
  • ケガの治療費
  • 入院費

などといった突発的な費用を補償するためのものです。

 

「私は絶対がんにならない」と誰も断言できないのとおなじで、交通事故もまた、「起こさないし、巻き込まれもしない」などと断言できる人間はいません。

すべてのドライバーが交通事故のリスクを背負っています。

 

もし交通事故を起こしてしまった場合、任意保険(自動車保険)に加入していていれば、さまざまな補償を受けられます。

 

f:id:MORIKO:20210126181510p:plain

たとえば相手への補償としては、

  • 対人賠責
  • 対物賠責

自らが受ける補償としては、

  • 示談交渉
  • 死傷
  • 車両保険

などがあり、交通事故にかかる費用のすべてをカバーしてくれます。

ゆえに自動車保険(任意)に入っていれば、万が一のときも安心だといえるでしょう。

 

交通事故に限らず、車がいきなり故障したり、盗難被害にあったりしても保険でカバーできるのが(車両保険に入っていれば)、 任意保険の強みだといえます。

 

では、強制加入の自賠責保険は、いったいなにを補償してくれるのでしょうか。

 

自賠責保険(強制加入)の補償範囲は狭い

f:id:MORIKO:20210126182014p:plain

任意保険は、車にまつわるトラブルのほぼすべてをカバーしていました。

予想外の出費を保険会社が補償してくれる、ということです。

 

いっぽうで、加入が義務づけられている自賠責保険の内容はどうでしょう。

もし交通事故を起こしてしまったとして、自賠責保険が補償してくれるのは、「相手」の「死傷」のみです。

 

言い換えれば、

  • 相手の車の修理費
  • 自分の車の修理費
  • 自分の入院・通院費

などはすべて実費で自己負担となります。

 

f:id:MORIKO:20210126182354p:plain

というのも、自賠責保険が唯一補償してくれるのは、「相手の死傷」にかかる費用だけだからです。

それも無制限に補償されるわけではありません。

 

  • 損害:120万円まで
  • 後遺障害第1級4,000万〜第14級75万円まで
  • 死亡:3,000万円まで

このように、自賠責保険は上限が決まっており、任意保険のように「無制限」で補償してくれるわけではないのです。 

もちろん、強制保険の補償を超えた部分については、すべて自己負担することになります。

 

事実、任意保険に入っていなかったドライバーが事故を起こし、経済的に破綻するケースは少なくありません。

 

f:id:MORIKO:20210126182819p:plain

もし高級外車にドンと追突してしまい、800万円の修理費用を請求されたら、今ある貯金でどうにか支払えそうでしょうか?

答えが「ノー」なら、任意保険に入るべきです。

 

 

任意保険に入らず車を運転する危険性

すべてのドライバーは自賠責保険(強制)に加入しています。

がしかし、もし交通事故を起こしてしまったら、自賠責保険の補償だけでは足りません。 

 

f:id:MORIKO:20210126183631p:plain

どれくらい足りないかというと、たとえるなら、火事を消すときにバケツ1杯の水でどうにかしようとするようなものだといえます。

すなわち、ぜんぜん足りません。

 

自動車保険に加入するかどうかは私たちの任意ですが、実際のところ、加入は必須だといっても過言ではありません

 

f:id:MORIKO:20210126183836p:plain

任意保険に入っていなければ、一瞬にして莫大な借金を抱えるハメになります。

たった一度の交通事故で、車だけでなく、人生までぶっ壊れてしまう危険があるのです。

 

もしも賠償金を支払えなかったら

f:id:MORIKO:20210126184052p:plain

任意保険に入らず車を運転するのは、たとえるなら、火を通さずに生で鶏肉を食べるようなものです。 

 

鶏肉を加熱せずに食べると食中毒を起こす恐れがありますし、任意保険に入らず公道を運転していると、交通事故で人生が詰むリスクがあります。

つまり、やめておいたほうが良い、ということです。

 

もし任意保険に入っておらず、相手から請求された賠償金を支払えない場合、裁判沙汰になったり、銀行預金を差し押さえられたりすることがあります。

待っているのは、経済破綻の4文字です。

 

お金がないから任意保険には入らない、は間違いです。

正しくは、お金がないからこそ任意保険に入るべき、です。 

 

f:id:MORIKO:20210126184339p:plain

たとえば資産が億超えの大富豪であれば、保険に入っていなくても、交通事故で人生が破綻するようなことはないでしょう。

 

「修理費が60万円で、通院費が50万円ですね。はい、今日に送金します」

ってなもんです。

 

億万長者でもない限り、自動車保険(任意)には入っておきましょう。

任意保険の費用を払えないくらいお金に困っているなら、そもそも車に乗るべきではありません

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210126184931p:plain

自動車保険(任意)というのは、お金がないからこそ入るべき保険、だといえます。

 

自動車保険のコストを安く抑えるためには、

  1. 親の等級を引き継ぐ
  2. ネット損保会社を利用する
  3. 車両保険に入らない(あるいは免責をつける)

などの方法が有効です。

これらの工夫をすれば、月々の保険料支払い額をグッと抑えられます。

 

とりわけダイレクト型(ネット型)自動車保険は費用が安いので、コストを抑えたいならうってつけです。

ちょうど、ネット通販Amazonを利用すればさまざまな物を安く買えるのとおなじです。

ネットは安い。

 

f:id:MORIKO:20210126185308p:plain

それから「交通事故は起こさないし、巻き込まれもしないから大丈夫」などという根拠のない自信があれば、捨てましょう。 

 

どれだけ安全運転をしていても、事故を起こすときは起こします。

脇道から飛び出してきたクルマに側面衝突されたりもします。

 

たとえるなら、どれだけ健康に気を遣っていても、大腸がんや胃がんなど、がんの発症を避けられないようなものです。

 

「任意保険」という名称ですが、実態はほぼ「必須」である点にご注意ください。

 

以上、自動車保険(任意)に入らないと何が困るのか、でした。

結論。自賠責保険だけでは、事故を起こした際、補償が足りない。ゆえに「任意保険に入らない」は間違い。任意保険に入らず車を運転するのは、パラシュートをつけずにスカイダイビングするようなもの。命知らずにも程がある。割安のダイレクト型(ネット型)自動車保険で、見積もりだけでも取ってみては。