どこからが浮気か。NGの基準を知れば2人は円満

f:id:MORIKO:20210225155625p:plain

浮気には、これといった基準が存在しません。

 

たとえば、

  • キスしたら浮気
  • 異性と連絡をとっただけで浮気

など、どこからを"浮気"とするかは、人によって異なります。

 

f:id:MORIKO:20210225155946p:plain

ちょうど、「お金持ち」の基準が曖昧なのとおなじで、浮気かどうかの判断基準も、ぼんやりしていて明確ではありません。

 

だからこそ、「どこからが浮気なのか」について恋人や配偶者と話し合っておくことが大切だといえます。

 

この記事では、

  • 浮気のラインは2人で決めるもの
  • NG行為を共有すれば安心できる

など、「どこからが浮気なのか」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

どこまでがセーフでどこからが浮気なのか

f:id:MORIKO:20210225155056p:plain

浮気の基準をインターネットに求めても、意味がありません。

なぜなら、どこからが浮気なのかは、カップルや夫婦が2人で決めることだからです。

 

もし「異性と2人だけで食事をするのはセーフか浮気か」を知りたければ、スマホで検索するのではなく、パートナーに聞くと良いでしょう。

 

世間一般的にどうなのかは、無関係です。

 

浮気の基準は人それぞれだから

f:id:MORIKO:20210225160537p:plain

1枚5,000円で売られているTシャツは、高いでしょうか、安いでしょうか。

 

Tシャツが5,000円もするなんて高過ぎると感じる人もいれば、安物だと一蹴する人もいます。

というのも、値段の捉え方は人それぞれだからです。

 

浮気もおなじです。

自らの考える「ここからが浮気のライン」と、パートナーが考える「ここからが浮気のライン」が一致しているとは限りません。

 

f:id:MORIKO:20210225160852p:plain

むしろ、浮気の線引きはお互いにズレている、と考えていたほうが良いでしょう。

 

ですので、「浮気にたいする認識のズレ」をまず解消すべきだといえます。

価値観の違いを放っておくと、いつか2人の間にトラブルが生じかねません。

 

たとえば、親しい異性の友人とメッセージのやりとりをしていただけで「浮気だ」とパートナーに責められ、喧嘩に発展する、などです。

 

連絡とったら浮気でしょ。下心があるはず」

「浮気ってふつう、肉体関係を持つことだよ」

「そんなのは問題外」

といった具合で、認識の齟齬を解決しないまま放っておくと、やがて面倒なことになります。

 

曖昧さの危うさ

f:id:MORIKO:20210225161254p:plain

カップルや夫婦間で「浮気の線引き」をはっきりさせておかないのは、たとえるなら、暗闇のなかを歩き回るようなものです。

 

わけもわからず歩いていて、いきなりパートナーに「そこは入っちゃダメに決まってるでしょ」と罵られても、暗くてなにも見えていなかったわけで、悪意はありません。

 

f:id:MORIKO:20210225161506p:plain

ただ、そこが立入禁止区域だと把握していなかっただけです。

 

浮気もおなじで、パートナーが考える「浮気の領域」を聞いておかないと、悪気なくバリケードを越えてしまい、修羅場がやってくる恐れがあります。

 

 

浮気の定義を2人で共有しておく

カップルや夫婦が揉めごとを避けるためには、やって良いことといけないことを明確に分けて、恋人や配偶者と共有しておく必要があります

 

f:id:MORIKO:20210225162123p:plain

たとえば、

  • 連絡を取りあう
  • 複数人で出かける
  • 2人きりで出かける
  • キスやハグをする
  • ペッティングをする
  • 肉体関係を持つ

このような行為について、パートナー以外の異性とするのはどこまでがセーフなのか(どこからが浮気なのか)を、2人の間で白黒ハッキリさせておきましょう。

 

くわえて、

  • 風俗店の利用
  • アイドルや俳優の写真集購入

なども揉める恐れがあるため、浮気に該当するのかどうか、あらかじめ確認しておくべきです。

 

もし2人とも「パートナーが異性と連絡をとるのは嫌だ」と考えるなら、「じゃあ異性と連絡を取りあったら浮気で」と決めてしまいます。

これで、やって良いことといけないことの線引きが明確になりました。

 

f:id:MORIKO:20210225162429p:plain

メッセージのやりとりがアウトであれば、

  • 2人でお出かけ
  • キス
  • ハグ
  • ペッティング
  • 性行為

などの行為はいっそうハードなので、当然ながらアウト(不貞行為)だといえます。

 

異性との連絡に関しては原則NGとしつつ、

  • 家族や親戚はOK
  • 仕事に関する要件ならOK

など、禁止行為の例外まで細かく決めておくと、パートナーとのすったもんだを避けられます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210225162959p:plain

どこからが浮気なのかをお伝えしてきました。

 

浮気かどうかに明確な基準はありません。

すべての人に当てはまる基準がないため、カップルや夫婦それぞれがイエス・ノーの線引きをする必要があります。

 

「なにをしたら浮気か」を2人の間でハッキリさせておけば、「まさかこれが浮気に該当すると思わなかった」といったパートナーの言い訳を封じられます。

なぜなら、事前に話し合った結果、「ダメ」だと決まっていたはずだからです。

 

禁止していたはずの行為をしたなら、パートナーは紛れもない確信犯ですので、もはや許す余地がありません。

別れる、といった適切な処置をとりましょう。

 

日本は法治国家であり、殺人や窃盗をNGにしている法律が存在するからこそ、私たちは安心して暮らせています。

誰もナイフを持って襲いかかってきたりしないはずだ」という前提のもとで生活できるからです。

 

f:id:MORIKO:20210225163621p:plain

浮気もまったくおなじです。

彼氏や彼女、旦那や妻と話して「どこからが浮気なのか」を明らかにしておけば、すなわち2人だけの法律をつくっておけば、浮気や不倫の心配をすることなく暮らせます。

 

  1. どこからが浮気か
  2. もし浮気したらどうするか

これらをパートナーと話し合って、お互いの認識を共有しておきましょう。

 

以上、どこまでがセーフでどこからが浮気なのか、でした。

結論。ネット上に答えはないし、他人の意見も関係ない。カップルや夫婦ふたりだけの問題だから。「どこからが浮気だと思う?」とパートナーに聞いてみては。

 

www.shortshortshort.jp

怪しいパートナーの浮気調査に関して、当サイトにはこんな記事もあります。