行きたくない。デートのドタキャンに使える理由8選

f:id:MORIKO:20210320111343p:plain

約束していたデートを直前になってドタキャンするには、断るための理由が必要です。

 

やっぱりデートに行くのが嫌になった

これが本心だとしても、そのまま伝えるべきではありません。

なぜなら、お相手にたいして失礼だからです。

 

f:id:MORIKO:20210320111734p:plain

では、どんな口実を使えば波風を立てることなく、2日前、前日、あるいは当日に、デートの約束をドタキャンできるのでしょうか。

 

この記事では、

  • 嘔吐した設定
  • 親族が生死をさまよっている設定

など、「ドタキャンに使えるデートに行けれない理由」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ドタキャンに使えるデートに行けれない理由8選

f:id:MORIKO:20210320111130p:plain

デート当日なのか、それとも前日〜数日前なのかによって、約束のキャンセルに使う「口実」は変わってきます。

 

たとえば、デートの3日前に「お腹が痛いから、3日後の映画はムリかもしれない」と断るのは、そうとう不自然です。

なぜなら、お腹の痛みが3日後もつづいているかどうかなど、現時点でわかりっこないからです。

 

f:id:MORIKO:20210320112009p:plain

デート当日を迎えていきなり嫌気がさしたのか、それとも数日前に行く気が失せたのか、断るタイミングに応じて(ウソの)理由をうまく使いわけましょう。

 

デート当日のドタキャンなら

f:id:MORIKO:20210320112249p:plain

デート当日に約束をキャンセルしたいなら、

  1. 仮病
  2. 身内が死にそう

使える口実はこの2つだけです。

 

ただし仮病といっても、腹痛は避けておいたほうが良いでしょう。

 

なぜなら、腹痛はたいてい「トイレで大便を出せば治るでしょ」と軽く思われがちで、デートのキャンセルに繋がらない恐れがあるからです。

 

「待つから、もうちょっと様子を見てみよう」

もし相手にこういわれたら、厄介ではないでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20210320112501p:plain

仮病は仮病でも、腹痛ではない、もっと重たい症状を訴えるべきです。 

 

1. 頭痛

f:id:MORIKO:20210320112615p:plain

もっともスタンダードで使いやすい仮病は、頭痛です。

 

頭痛は、老若男女に関係なくいきなり襲ってくるものですし、いつ痛みがおさまるのかわかりません。

デートを断る理由にもってこいの症状だといえます。

 

f:id:MORIKO:20210320112816p:plain

「頭が割れそうなくらい痛い」とやや大袈裟に伝えれば、スマホの画面を見ることすらツラいと遠回しに訴えられるので、(会うはずだった相手と)メッセージのやりとりをしなくて済みます。

  

痛みや症状はオーバーに伝えておきましょう。

 

2. 頭がクラクラする

f:id:MORIKO:20210320113342p:plain

「立っていると頭がクラクラする」という仮病も、デートのドタキャンに使えます。

 

立ちくらみやめまいがするときはたいてい発熱しているので、「37.2度の微熱が出ている」という設定にすればOKです。

熱が出ている人間を、「微熱だったら来れるでしょ」としつこく誘う人はいません。 

 

  • 頭がクラクラする
  • 微熱が出ている
  • だるい

これらの症状を訴えておけば、デートの約束は「ナシ」にできます。

 

もし相手がデートの振替日について相談してきても、「具合が悪くていまは考えられない」といって誤魔化し、うやむやにしましょう。

 

3. ゲロを吐いた

f:id:MORIKO:20210320120347p:plain
もっとハードな症状として、「嘔吐」を使うのも有効です。

約束を断るために、「起きたら具合が悪くて、今朝ゲロを吐いた」ってな設定にしておきます。

 

頭痛やめまいは本人の感覚しだいですが、嘔吐は、誰の目にもはっきりと見える現象です。

頭痛やクラクラの程度にはピンからキリまであるいっぽうで、ゲロは、ゲロです。

 

  • 軽いゲロ
  • 激しいゲロ
  • のどが裂けそうなゲロ

などのバリエーションは存在しません。

ゆえに、ひとこと「吐いた」と相手に伝えれば、体調の悪さをバッチリ認識してもらうことができるでしょう。

 

嘔吐は、ドタキャンを相手に理解させやすい理由(症状)だといえます。

 

ゲロには汚いイメージがあるので、もし相手とこれ以上関わりたくないのなら、むしろ進んでゲロを口実に使うべきです。

 

f:id:MORIKO:20210320114317p:plain

それもトイレや洗面台ではなく、「床にゲロを吐いた」という設定にすれば、

  • (水場に間に合わなかった)症状の深刻さ
  • 汚さ

これらがアップし、デートの約束も、相手の恋愛感情も、揉み消せることでしょう。

 

フローリングに吐瀉物ぶちまけちゃった設定、ぜひお使いください。

 

4. 家族やペットが危篤

f:id:MORIKO:20210320114659p:plain

デート当日に約束をキャンセルするには、仮病のほかに、「誰かが危篤の設定」を利用する手もあります。

 

  • 父さん
  • 母さん
  • おじいちゃん
  • おばあちゃん
  • ペット

誰でも構わないので、生死の境をさまよっていることにしておきましょう。

 

親族が逝きそうなときにラブコメディ映画を観たり、カフェでくつろいだりしている場合ではないので、常識的に考えて、お相手はデートのキャンセルを受け入れてくれるはずです。

 

f:id:MORIKO:20210320114930p:plain

たとえば、飼っている犬が今朝から立ち上がれず寝たきりで、水も飲まなくなくて、いよいよ危ないかもしれない、といった嘘などいかがでしょうか。

 

もちろん、ペットを飼っていて、かつ生命エネルギーあふれる子犬ではないことが前提です。

 

f:id:MORIKO:20210320115118p:plain

あるいは、他県に住んでいる祖父/祖母が倒れて救急車で病院に運ばれたから、急遽、家族でお見舞いに行くことになった、なんて設定も使えます。

 

こうした不謹慎なウソをつくことに抵抗があれば、当日のドタキャンには、

  1. 頭痛がひどい
  2. 微熱で頭がクラクラする
  3. カーペットの上に嘔吐した

といった仮病を使うと良いでしょう。

 

 

デート前日までのドタキャンなら

当日ではなく、もしも約束の前日や2〜3日前にデートを断るとしたら、仮病は使えません。

 

f:id:MORIKO:20210320115532p:plain

たとえば、「頭が割れそうだから、あさっての映画は行けれそうもない」には無理があります。

 

あさってまでには頭痛も治るだろう、と誰もが思うはずで、デートに行きたくない真意が相手にバレバレだからです。

 

一度はデートを約束した手前、「行きたくない」本心を悟られないように断るのが、最低限のマナーというものでしょう。

 

5. 仕事が忙しい

f:id:MORIKO:20210320120011p:plain

社会人であれば、仕事の忙しさを口実にデートを断りましょう。

 

たとえば、急ぎの仕事がドカッと入ってきて、休日出勤することになった、などです。

仕事のせいで予定が狂った設定にすれば、こちらに落ち度はなく、責められることもありません。

 

2人おなじ職場で働いているケースを除き、相手はわれわれの仕事の状況など知りようがないので(ほんとうはヒマでも)、ドタキャンの口実にピッタリです。

 

f:id:MORIKO:20210320120611p:plain

くわえて「しばらく仕事は忙しい状況が続きそう」だと牽制しておけば、デートの延期や振替も阻止できます。

すなわち、2人で出かける約束は、自然消滅するわけです。

 

「仕事が落ち着いたらまた連絡する」ってな社交辞令を告げて、フェードアウトしましょう。

 

仕事が忙しくなった具体的な理由としては、

  • 派遣社員がいきなり辞めて業務量増加
  • 業務の引き継ぎ作業に追われている

などがおすすめです。

 

これなら、業務の引き継ぎを行う1ヶ月ほどは忙しさが持続しますし、架空の派遣社員が退社後も、「不慣れな業務と、従来を超える仕事量のせいで激務」ということにしておけば、デートの件はうやむやにできます。

 

f:id:MORIKO:20210320121053p:plain

忙しさのせいで2〜3ヶ月のあいだ都合が悪くても不自然ではなく、相手との連絡もおざなりにしてOKです。

LINE等でメッセージが届いたら、あえて数日経ってから、短文で、サクッと返信すると良いでしょう。

 

そのうち相手は恋を諦めて、デートに誘ってこなくなります。

 

6. いきなり親戚の来訪

f:id:MORIKO:20210320121318p:plain

まだ働いていない学生なら、「会う約束をしていた日に、家に親戚が来ることになった」でデートを断りましょう。

 

家族そろって迎えないと失礼だから、外出なんてダメだと親に叱られた、出かけられそうにない、ってな具合です。

 

先にデートの約束をしていた相手は憤慨するかもしれませんが、むしろ、「は?」とイラつかせるくらいがちょうど良いといえます。

なぜなら、お相手の恋愛対象からはずれ、二度とデートに誘われなくなるからです。

 

f:id:MORIKO:20210320121634p:plain

会う約束をしていた相手と付き合う気がないなら(恋愛感情を抱いていないなら)、遠慮はいりません。

 

後からいきなり割り込んできた「親戚の来訪」をデートより優先させ、お相手を失望させましょう。

 

7. 彼氏/彼女とデートする

f:id:MORIKO:20210320121913p:plain

まだ付き合っていない相手との約束なら、彼氏/彼女の存在を明かすだけでヒュッと吹き飛ばせます。 

 

もちろん、交際している彼氏や彼女がいなくても構いません。

嘘も方便、というやつです。

 

パートナーの存在については、「きっかけがなかったし、ただ伝えていなかっただけ」こんな設定にしておきましょう。

 

f:id:MORIKO:20210320122311p:plain

恋人がいることを知ったお相手は、精神的ショックを受け、ジェットコースターのように失恋し(デートの天国から失恋の地獄へ)、悲しみを背負ったまま去っていきます。

めでたし、めでたし、です。 

 

なかなか大胆な断り方ですが、相手にもう関わってきて欲しくないと思うのであれば、これくらい強いショックを与えておくに限ります。

 

8. 好きかどうかわからなくなった

f:id:MORIKO:20210320122434p:plain

もし交際している彼氏/彼女とのデートが嫌になったとしたら、それは、パートナーへの気持ちが冷めたことを意味します。

 

だったら、正直な感情を伝えるべきではないでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20210320122942p:plain

たとえば自宅の浴室にある給湯器は、「お風呂が沸きました」と音声で状況を知らせてくれます。

恋愛感情もおなじで、気持ちが冷めたなら「気持ちが冷めました」と、恋人に現状を告げましょう。

 

「好きかどうかがわからなくなったから」といってデートをキャンセルし、しばらく彼氏/彼女と距離を置き、そのままお別れです。

 

別れたいと思いつつもきっかけが掴めずにいたなら、デートのドタキャンを起点にすれば良いのです。

好きでもないパートナーとのデートを回避できるだでなく、グッバイする流れも作れます。

 

f:id:MORIKO:20210320122806p:plain

一石二鳥ではないでしょうか。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210320123249p:plain

ドタキャンに「使えるデートに行けれない理由」をお伝えしてきました。 

 

どれもすべて嘘なので、理由として使うのは気が引けるかもしれませんが、臆することはありません。 

 

偽善的な正義感よりも、「デートに行きたくない。考えただけでテンションが下がって萎える」という自らの本心を優先するべきです。

 

  1. 頭痛
  2. 頭がクラクラ
  3. 嘔吐
  4. 家族かペットが危篤
  5. 仕事がハード
  6. いきなり親戚来訪
  7. 彼氏/彼女とのデート
  8. 好きかわからない

いずれかの口実を使って、堂々とデートを断りましょう。

 

仕事が激務で頭が痛いし、起きてから2回ゲロ吐いたし、親父が今日か明日にも大腸ガンで死にそうだから無理、 といったコンビネーションプレイも有効です。

 

以上、ドタキャンに使えるデートに行けれない理由8選、でした。

結論。土壇場でキャンセル、略してドタキャン。不測の事態が起こったのだと伝えれば、デート直前であっても、キャンセルできる。ホテルや旅館と違ってキャンセル料が生じたりはしないので、遠慮はいらない。