物欲は消せる。欲しいものを我慢する方法3選

f:id:MORIKO:20210530145301p:plain

欲しいものを次から次へと買っていたら、お金がいくらあっても足りません。

 

たとえ年収が3,000万円だとしても、

  • GUCCIのサンダル:5万円
  • ルイ・ヴィトンの腕時計:95万円
  • 高級ワイン:200万円
  • ポルシェ911:2,000万円
  • レクサスのヨット(LY650):4.5億円
  • 純金製のトイレ:5億円
  • バスキアの絵画:123億円

これらすべてを手に入れようと思ったら、貯金など夢のまた夢でしょう。

 

f:id:MORIKO:20210530145733p:plain

だからこそ私たちは、ちょうどスマホの音量のように、物欲の強弱をコントロールしなければなりません。

欲しいものをガマンするために役立つのは、理性です。

 

とはいえ、歯を食いしばって気合いと根性で欲求を押さえつけていたら、ストレスが溜まって、いずれ衝動買いに走るリスクがあります。 

無理なダイエットの後でリバウンドするのとおなじで、これでは意味がありません。

 

f:id:MORIKO:20210530150202p:plain

だからこそ、精神的ストレスをできるだけ受けないようにしながら、買い物をセーブしませんか?

 

「そんな都合の良いことができるのか」と思うかもしれません。

ちょっとしたコツを押さえれば、可能です。 

 

この記事では、

  • 諦めるのではなく先送りする
  • ネガティブ方向に想像力を働かせる

など、「欲しいものを我慢する3つの方法」をわかりやすく解説します。

お金の使いすぎを防ぐため、あるいは貯金のため、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

欲しいものを我慢する方法3選

f:id:MORIKO:20210530145013p:plain

タイトルには「我慢」と書いていますが、実際のところ、何ごともガマンするのは良くありません。

 

どうしてかというと、精神的ストレスが溜まるからです。 

すなわち、しんどいからです。

 

f:id:MORIKO:20210530150402p:plain

たとえばムダ使いを防ぐ方法として、

財布には2,000円しか入れておかないこと。そうすればお金を使いたくても使えないから」

とアドバイスする人がいます。

これはナンセンスです。

 

ATMへ行けば誰だって銀行口座からお金を引き出せるわけで、結局のところ、「ATMへ行くのを我慢」するハメになるからです。

 

  • 買い物をガマン
  • ATMへ行くのをガマン

やっていることはほとんど変わりません。

どちらも気合いで耐えているだけです。

 

f:id:MORIKO:20210530150822p:plain

こんなふうに買いたい気持ちを抑圧する代わりに、「ストレスを溜めずに支出を減らす方法」を試してみてください。

 

  1. 未来の自分に任せる
  2. マイナス方向に想像力を働かせる
  3. ナルシストを極める

どのやり方を選んでも効果が得られるはずです。

 

1. 未来の自分に任せる

f:id:MORIKO:20210530151121p:plain

欲しいものがあるとき、自分を説得して諦めるのではなく、購入時期を先送りしてみてはいかがでしょうか。

 

たとえば、高級ブランド・サンローランのダンベルが欲しいとします。

ダンベルは大理石でできていて、お値段は22万円です。

 

ここで買いたい気持ちをグッと押し殺すのではなく、「もっと稼いでいる未来の自分に買ってもらおう」と考えます。

こうすればその場でサンローランのダンベルを買わなくても、さほどストレスは溜まりません。 

 

f:id:MORIKO:20210530151418p:plain

なぜなら、ただ購入のタイミングを延期しただけで、けっして断念したわけではないからです。

むしろ「楽しみをとっておけれる」という利点すらあります。 

 

それから未来のショッピングのため、私たちは、いま現在を頑張れるようになります。

もし本業の収入で「欲しいもの」が買えそうにないなら、副業をスタートして稼ぐのも手です。

 

「どうしても欲しいもの」が強力なモチベーションとなり、副業にも、全力でバリバリ取り組めるに違いありません。

 

f:id:MORIKO:20210530151643p:plain

たとえば、

  • ブログ
  • 動画投稿
  • クラウドソーシング

といったネット系のビジネスなら、ほとんど初期費用がかかりません

 

スマホが1台あれば始められます。

もし上手くいかなくても経済的ダメージが少ない、つまりリスクの低さが特徴です。

 

初期投資が大きいキッチンカー(フードトラック) で失敗したら、そうはいきません。

 

 

2. マイナス方向に想像力を働かせる

私たちはたいてい、「これがあればもっと幸せだろうな……」といった具合に、都合の良い未来だけを考えます。

 

  • あのクルマを買えば
  • このバッグさえあれば
  • あの腕時計をつけていたら 

この後にはきまって「もっと人生が楽しくなるのに」と続きます。

ですが、こうした未来予測は誤りです。

 

f:id:MORIKO:20210530154207p:plain

どうしてかというと、実際には、買ったことを後悔するリスクがあるからです。

そして物欲の暴走を抑えるためには、この「後悔するリスク」が役に立ちます。

 

たとえば、中古のメルセデス・ベンツCクラスを買いたいとします。

総支払額は500万円です。

 

f:id:MORIKO:20210530154534p:plain

ここであえて、ベンツを買いたい気持ちを削ぐような、アンラッキーな未来を思い描いてみます。

  • 追突事故を起こして廃車になる
  • 窃盗グループに目をつけられ盗まれる
  • 豪雨で水に浸かってしまいお陀仏と相なる
  • 隕石がクリティカルヒットして木っ端微塵

こうしたバッドエンドを、細部までとことんリアルに想像してみてください。

 

どれも最悪で、もしこんなアクシデントがほんとうに起こったら、ベンツを買ったことを悔やむに違いありません。

 

f:id:MORIKO:20210530154704p:plain

想像力のスイッチをネガティブモードに入れておけば、「買うのはやめておこう」と気持ちをクールダウンさせられるはずです。

 

最悪な結末はいったい?

f:id:MORIKO:20210530155219p:plain

もちろん自動車に限らず、どんなモノでも「最悪な結末」は思い描けます。 

 

もしも新型のスマホが欲しくなったら、すぐ落として画面を割っちゃうかもしれない、と考えれば買う気が失せます。

高級ブランドのシャツが欲しい気持ちは、クローゼットで虫に食われて穴が開くかも、これで打ち砕けます。

 

VRゴーグルに心を惹かれたとしたら、装着して楽しんでいる最中に自宅が火事になるところ、を想像すれば良いでしょう。

いずれも効果てきめんです。 

 

f:id:MORIKO:20210530155719p:plain

私たちはただ「優秀な脚本家」になりきって、次々とバッドエンドを描くまでです。

 

そうすれば「あれもこれも買っても無駄だ」と冷静になれます。 

感情をコントロールできます。

 

買い物三昧の日々を終わりにして、貯金をスタートできるに違いありません。

ぜひバッドエンドに特化した脚本家になってみませんか?

 

f:id:MORIKO:20210530160032p:plain

脚本家としての報酬は、節約できたお金、です。

  • 月々5万円の節約
  • 月々5万円の収入アップ

両者に違いはありません。 

ただし難易度が低いのは、前者です。 

 

3. ナルシストを極める

f:id:MORIKO:20210530160231p:plain

ところで、自分のことは好きですか?

好きな人ランキングを作ったとき、自分自身は何位にランクインしますか?

 

どんどん湧いてくる物欲を抑えるなら、目指すべきは1位です。

自分に惚れて、自分を愛しましょう。

ナルシストを極めましょう。

 

自分の価値を最大級に見ておけば、ほとんどすべてのモノが無価値に思えてきます

というのも、世界でもっとも価値が高いのは、他でもない自分自身だからです。

 

f:id:MORIKO:20210530160601p:plain

自己愛をとことんまで高めると、どんなクルマも、腕時計も、スニーカーも、最新家電も、ガラクタに見えます。

 

たとえ高級ブランドの洋服を目の前にしても、惹かれたりはしません。

こんな布切れで自分の価値は表せない、むしろ布切れによって価値を貶められるから恥ずかしい、 こんな傲慢っぷりを発揮できるようになります。

 

ナルシストを極めた暁にはモノへの執着や関心を失い、その代わり、意識の矢印は寝ても覚めても自分自身へと向くようになります。

  • 読書
  • 映画
  • 運動
  • 食事
  • 睡眠

このような「自分をもっと高められる・成長させられる行為」に、私たちは関心を寄せるようになります。

 

f:id:MORIKO:20210530161022p:plain

ショッピング漬けの日々とさよならするため、いっそナルシスト路線を突き進んでみてはいかがでしょう。

自分自身を愛して、敬って、崇めていれば、買い物がだんだん"ゴミ集め"に思えてくるはずです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210530161536p:plain

欲しいものを我慢する方法を3パターンお伝えしてきました。 

 

正確にいえば、欲しい気持ちを弱める方法、です。 

ちょうど、エアコンの風量設定を強から弱に変えるようなイメージです。

 

精神的ストレスを生む原因となるので、ガマンはおすすめしません。

とはいえ、欲望のままに散財していたら家計は破綻します。

 

 

f:id:MORIKO:20210530162202p:plain

そこで目指したのは、

  • 物欲にブレーキをかける
  • だけどストレスを溜めない

こんな方法です。

 

  1. 未来の自分に任せる
  2. マイナス方向に想像力を働かせる
  3. ナルシストを極める

どれか1つでも有効ですが、おでんの具材とおなじで、1つよりは2つ、2つよりは3つのほうが良いかもしれません。

 

すべてノーリスクです。

ぜひ試してみてください。

 

以上、欲しいものを我慢する3つの方法でした。

【結論】もっとビッグでリッチな未来の自分に任せる。バッドエンド専門の脚本家になる。好きな人ランキング第1位に自分を据える。つまり、考え方しだい。

 

www.shortshortshort.jp

お金の管理について、当サイトにはこんな記事があります。

節約するために家計簿をつけるのは、まるでハエを退治するために金属バットを振り回すようなもので、非効率です。