新型プジョー208の燃費を解説。ハイオクで17.9km/Lなのでガソリン代は高くつく

f:id:MORIKO:20210817190158p:plain

2代目となる新型プジョー208は、2020年7月に日本での販売がスタートしています。

ライオンの爪をモチーフにしたLEDヘッドライトなど、センス溢れる内外装が魅力的です。

 

これで燃費も良ければ文句なしですが、WLTCモードで17.9km/Lという値は、ボチボチといったところです。

けっして低燃費ではありません。

ちなみに、使用燃料はもっとも高価なハイオクです。

 

f:id:MORIKO:20210817190609p:plain

新型プジョー208を所有したら生じる月々のガソリン代は、"お洒落のコスト"なのだと割り切って考えるべきなのかもしれません。

ファッションも、家具も、それから自動車も、お洒落をするにはそれなりのお金がかかります。

 

f:id:MORIKO:20210817190327p:plain

この記事では、

  • 他のコンパクトカーと比較
  • レギュラー、ハイオク、軽油の価格差

など、「新型プジョー208の燃費とガソリン代」をわかりやすく解説します。

購入後の維持費をイメージするため、ぜひ参考にしてみてください。 

 

 

新型プジョー208の燃費とガソリン代

f:id:MORIKO:20210817185644p:plain

新型プジョー208ガソリンモデルには、3つのグレードがあります(EVには2つ)。 

  • 208 Style
  • 208 Allure
  • 208 GT

すべておなじ1.2L直列3気筒ターボエンジンを搭載しています。

動力性能に違いはありません。

 

プジョー208の燃費は、全グレードWLTCモードで「17.9km/L」という数値です。

 

f:id:MORIKO:20210817210305p:plain

では参考までに、他社のコンパクトカーと燃費を比較してみましょう。

 

トヨタのコンパクトカーと比較

f:id:MORIKO:20210817212807p:plain

トヨタのヤリスZ(1.5L・2WD)は、WLTCモードで21.6km/Lという燃費をマークしています。

使用燃料はレギュラーガソリンなので、ハイオク仕様のプジョー208よりもランニングコストが安く済みます。 

 

人間でたとえるなら、

  1. うな重大盛りを食べるAさん(208)
  2. きつねうどん小を食べるBさん(ヤリス)

こんなイメージです。

プジョー208は、単価が高いハイオクガソリンをガブガブ飲みます。

 

f:id:MORIKO:20210817213215p:plain

したがってヤリスのほうが経済的だといえるでしょう。

ハイブリッドモデルはさらに低燃費で、たとえばヤリスHYBRID Xの燃費は36.0km/Lです。

 

家計への優しさたるや、プジョー208(17.9km/Lしかもハイオク)の比ではありません。

 

 

マツダのコンパクトカーと比較

続いて、マツダのコンパクトカーMAZDA2と比較してみましょう。

 

f:id:MORIKO:20210817214124p:plain

1.5L直列4気筒エンジンを搭載した15Sというモデルの燃費は、WLTCモードで19.0km/Lとなっています。

 

燃費自体はプジョー208と大きな差がありませんが、MAZDA2はハイオクではなくレギュラー仕様なので、燃料の単価は低く抑えられます。

お酒でたとえると、

  • ハイオク:ビール
  • レギュラー:発泡酒

といったところでしょうか。 

 

f:id:MORIKO:20210817214344p:plain

おおよそのイメージとして、レギュラーガソリンにプラス10円した数字が、ハイオク1Lあたりの単価になります。

たとえば、1回30Lの給油で、レギュラーとハイオクでは300円近い差が生じる計算です。

 

それからMAZDA2にはクリーンディーゼルモデルも存在していて、XD(1.5L直列4気筒ターボ)の燃費は、21.6km/Lです。

 

ディーゼル車の使用燃料である「軽油」はもっとも単価が安く、1Lにつきレギュラーガソリンより20〜30円、ハイオクよりも30〜40円ほどリーズナブルです。

 

おまけに車両価格はMAZDA2 XDのほうが100万円近く安く、エンジン性能でもMAZDA2 XDのほうが上ですので、コストパフォーマンスで考えるならプジョーではなくマツダで決まりです。

 

f:id:MORIKO:20210817214604p:plain

ただしご存知の通りプジョー208はコスパで売っていませんので、ルイ・ヴィトンのバッグのように、デザイン性に惚れた人が指名買いする自動車だといえます。

 

じつは新型プジョー208にもディーゼルモデルが存在していますが、日本未発売となっています。

本国フランスでは売っています。

 

今のところ、日本市場にディーゼルの208が導入される予定はありません。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210817214957p:plain

新型プジョー208は、いわば「贅沢な車」です。

人と違う自動車に乗りたいユーザー向けの嗜好性が高いクルマだといえるでしょう。

 

というのも、車両価格は253〜303万円、使用燃料はハイオクと、けっして"お手頃なコンパクトカー"ではないからです。

 

車両価格の安さを求めるなら日産マーチが、低燃費を求めるならヤリスハイブリッドやアクアがあります。

プジョー208は燃費計を気にしてケチケチしながら乗る自動車ではありません。

 

f:id:MORIKO:20210817215236p:plain

プジョー208には少なからずステータス性があるので、これをマイカーとするのは、ルイ・ヴィトンのバッグを買うようなものです。

 

  1.  車両価格が高い
  2. ガソリン代が高い
  3. (修理やメンテナンス費用が高い)

といった所有ハードルの高さが、希少性、つまり「人と被らない気持ち良さ」に結びついています。

 

庶民にはおいそれと手が出せないルイ・ヴィトンの価格に満足するように、これら高コストをむしろ喜んで受け入れる高級志向ユーザーのための車、それがプジョー208です。

 

イマイチな燃費は「他人と被るのを防いでくれて有り難い」とポジティブに捉えましょう。 

 

以上、新型プジョー208の燃費とガソリン代でした。

【結論】ルイ・ヴィトンとおなじで、安さやコスパで選ぶ自動車ではない。スタイリング、デザイン性、質感に真価がある。燃費を気にする人は国産ハイブリッドカーに乗ればいい。美を重んじる人が、208に乗ればいい。

 

ネット通販サイトAmazonでは、208に特化したムック本が売っています。 

燃費を知って諦めるのはもったいないくらい秀逸なデザインです。

 

www.shortshortshort.jp

プジョー新型208に関して、当サイトにはこんな記事もあります。