【キスの消費カロリー】1分間のキスにダイエット効果はあるのか?

f:id:MORIKO:20220308164724p:plain

散歩やジョギングをして体を動かせば、カロリーを消費できます。

たとえば、成人男性が60分間ウォーキングした際の消費カロリーは、約300kcalです。

 

では、キスはどうでしょう

 

キスはけっして全身運動ではありませんが、唇を尖らせるために口輪筋を使いますし、場合によっては舌を動かしたりもします。

だから情熱的なキスをしているとき、「それなりのカロリーを消費している」ような気分になるかもしれません。

 

がしかし、たとえ表情筋が疲れるほど激しい(あるいは長い)接吻をしたとしても、たいしたカロリー消費は望めません

 

f:id:MORIKO:20220308165233p:plain

なぜなら、キスに使うのは口まわりの筋肉だけで、体はほとんど動かしていないからです。

キスをする姿勢によりますが、

  • 座っている
  • 立っている
  • 寝ている

これらの状態とさほど変わりません。

 

すなわち、寝そべった状態で1分ほど交わすキスというのは、横になった状態で1分ほどガムを噛む(口を動かす)のとほぼおなじです。

"キスダイエット"には期待しないほうが良いでしょう。

 

f:id:MORIKO:20220308165709p:plain

この記事では、

  • キスは何メッツに相当する?
  • キスのし過ぎでむしろ太る?
  • そもそもキスは運動なのか?

など、「キスの消費カロリーはどれくらいなのか」をわかりやすく解説します。

幸せを感じながら痩せられるのかどうか、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

キスの消費カロリー【1分超えのロングキスで痩せる?】

f:id:MORIKO:20220308164237p:plain

キスをしながらカロリーをガンガン消費できたら、最高です。

というのも、幸せな気分に浸りながらダイエットができて一石二鳥だからです。

 

もしキスで痩せられるとしたら、近所を走るよりも、エアロバイクを漕ぐよりも、ジムで筋トレするよりも、よほど楽しく脂肪を燃焼させられることでしょう

がしかし、現実はそんなに都合よくできてはいません。

 

その証拠に、書店の美容コーナーで「キスダイエット」なる本を見かけたことがないはずです。

それもそのはずで、キスではカロリーを消費しないからです。

 

f:id:MORIKO:20220308170342p:plain

たとえるなら、寝ている間に音声を聞いて賢くなれる「睡眠学習装置」が眉唾であるようなもので、キスしながら痩せられるなんて都合の良い話はありません。

 

もし付き合っていない異性から「キスしよう。顔の筋肉を刺激してけっこうカロリーを消費するみたいだよ」と誘われてこの記事を読んでいるなら、まだ間に合います、断りましょう。

その情報は嘘です。

 

キスの運動強度【何メッツ?】

f:id:MORIKO:20220308170702p:plain

運動強度を表すメッツという単位をご存知でしょうか。

たとえば、座って安静にしている状態は1メッツです。

 

ほかの身体活動はというと、

  • 勉強やデスクワーク:1.5メッツ
  • 料理、洗濯:2.0メッツ
  • ウォーキング:3.0〜3.5メッツ
  • 階段を上る:4.0メッツ
  • 登山:6.5メッツ
  • ジョギング:7.0メッツ
  • サイクリング:8.0メッツ
  • 縄跳び:12.3メッツ

ご覧のとおりの運動強度となっています。

そしてメッツの値が大きい活動ほど消費カロリーが多い、つまり痩せやすい、ということです。

 

f:id:MORIKO:20220308171035p:plain

ではここで本題です、キスはいったい何メッツに相当するのでしょうか。

残念ながら厚生労働省は「キスのメッツ」を公表していないので、私たちで考えてみましょう。

 

ウォーキングよりも活動レベルは低くて、料理ほど手足を動かすこともない……キスで動かすのは口まわりの筋肉だけ……となれば、キスは1メッツと判断して良いでしょう

座って安静にしている状態とほぼおなじです。

キスをしたところで、基礎代謝を除いてカロリーはほとんど消費していません。

 

「でも、1分とか2分とか長くキスをしたらちょっとはカロリーを消費するのでは?」

と考える方がいるかもしれませんが、これは時間の問題ではありません。

 

f:id:MORIKO:20220308171641p:plain

ちょうど、安静にしたまま1分座っても、2分座っても、(動いていないので)カロリー消費が増えないのとおなじです。

せいぜい座りつづけてお尻が痛くなるだけ、キスでいえば、長時間の接吻で唇が荒れるだけです。

 

もし手足を動かしたり、首を左右に傾けたりしながら情熱的な口づけをすれば、1.2メッツくらいには強度を上げられるかもしれません。

がしかし、そもそもキスは"痩せよう"と思ってするものではないはずです。

キスはダイエットの手段ではありません

 

ですので、キスによって幸福感や充足感、安心感、あるいは高揚感が得られたなら、それで充分ではないでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20220308172236p:plain

もし消費カロリーを増やしたいなら「2人でスクワットをしながらキス」が有効です。

が、キスと同時並行で筋トレをしていては、体脂肪だけでなく、ムードやトキメキまでもが失われてしまいます。

 

消費カロリーやらダイエットやら余計なことは考えず、キスに集中しましょう。

ちなみに上手なキスのポイントは、唇や舌の力をとことん抜くこと、です(意識はこっちへ)。

 

 

長時間のキスで太るリスクとは?

「世界一長いキス」のギネス記録は、2013年にタイの夫婦が打ち立てた58時間35分です。

この大記録を「抜いてやろう」などと考えないほうが良いでしょう。

 

f:id:MORIKO:20220308173135p:plain

なぜなら、肥満のリスクが高まるからです。

といっても、太る直接の原因は「長過ぎるキス」ではなく、睡眠不足です。

 

事実、睡眠時間が短い人ほど肥満の傾向にある、という研究結果があります。

睡眠不足が肥満につながるのは、

  • 食欲増進ホルモン(グレリン)の増加
  • 運動不足(昼間の疲労感が強まるため)

これらが原因だとされています。

 

f:id:MORIKO:20220308173525p:plain

したがって、もし夜更かしをして恋人と夜な夜なキスを楽しんでいたら、カロリー消費どころかむしろ体重が増えてしまうかもしれません。

これではまるで北海道へ行きたいのに沖縄へ向かうようなもので、真逆です。

 

もし体重を気にしている(だからこうしてキスの消費カロリーを調べている)なら、睡眠不足に注意したほうが良いでしょう。

 

そのほうがキスの消費カロリーを考えるよりも合理的です。

目安として、毎晩7時間は眠りたいところです。

 

じゅうぶんな睡眠にくわえて、運動強度が高い縄跳びをすれば完璧です。

「ゼロに近いキスの消費カロリー」に体重管理を頼る必要はありません。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20220308174154p:plain

キスの消費カロリーは、ほぼ0kcalです。

理由はシンプルで、ほとんど体(筋肉)を動かしていないからです。

 

キスにダイエット効果を期待するのは、座ってガムを噛みながら「顔の筋肉使ってるし、これで痩せられないかな?」と考えるようなもので、ナンセンスだといえるでしょう。

 

いくら顔の角度をコロコロ変えてみても、いくら舌をグルングルン暴れさせても、意味がありません。

せいぜい活動強度が1メッツから1.1メッツに上がるくらいで、誤差の範囲です。

 

f:id:MORIKO:20220308174546p:plain

勉強と睡眠を同時に済ませようとして「睡眠学習装置」に頼っても意味がないように、キスと運動をいっしょに済ませようとする考えは捨てましょう。

 

二兎を追う者は一兎をも得ず、の諺のように、あれこれ考えていたら中途半端なキスになってしまいます。

少しでもカロリーを消費しようとキスの最中に身体をクネらせたり、手脚を相手に絡ませたりすれば、ただ気味悪がられるだけでしょう。

 

体脂肪ではなくパートナーを失う結果にならないようご注意ください。

 

f:id:MORIKO:20220308174921p:plain

以上、キスの消費カロリーについてでした。

【まとめ】キスはカロリーを消費しない。ただ口まわりの筋肉を動かすだけだから。寝転がって独り言をいうのとおなじ。独り言にダイエット効果を期待するのがバカげているように、キスに脂肪燃焼効果を期待するのはお門違いというもの。キスはカロリーを「減らす」行為ではなく、お互いの愛情や幸福を「増やす」行為。

 

【参考文献】

『Newtonライト2.0 やせる科学』ニュートンプレス、2020年

 

朝食や昼食を1杯のプロテインに置き換えてみませんか?

ただ食事の量を減らすだけでは、タンパク質が不足して筋肉量が落ち、代謝が低下しかねません。

脂質や糖質は抑えながらも、タンパク質はきっちり摂取しましょう。

ダイエットの基本は運動プラス食事です。

 

ネット通販サイトAmazonでは、こちらのリップスクラブがよく売れています。

まず唇の古い角質を除去し、さらにフルーツオイルの保湿効果によって「思わず触れたくなるプルプルの唇」に導いてくれる、のだそうです。

プルプルの唇で喜ぶのは私たちではなく、キスされるお相手です。

 

www.shortshortshort.jp

口臭がキスに及ぼす影響と対策について、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

ウォーキングのダイエット効果に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

食後のコーヒーが肥満防止に役立つ理由について、当サイトにはこんな記事があります。