コーヒー豆ってみんなどこで買う?【カフェや無印、Amazonで購入可能】

コーヒー豆は以下の店舗で買うことができます。

  • スーパー
  • カルディ
  • 無印良品
  • スターバックスコーヒー
  • Amazon(ネット通販サイト)

初めてコーヒー豆を買うとしたら、「どれを買ったら良いかわからない……」と迷ってしまうかもしれません。

 

コーヒー豆を選ぶ自信がない方は、ネット通販サイトAmazonで購入するのがおすすめです。

なぜかというと、レビューを参考にしながら自分に合った豆を選べるからです。

 

たとえば家電を買うとき、映画を観るときなど、ネット上のレビューや感想、評価を参考にして選ぶのではないでしょうか。

がしかし、西友やスタバへ行ってコーヒー豆を見つけたところで、「飲んだ人のレビュー」はわかりません。

 

コーヒー豆選びで失敗しないためには、みんなのレビューを見て決めること、つまりみんなが美味しいと評価しているコーヒー豆を選ぶことです。

映画のレビュー同様に、多くの人が高く評価したコーヒー豆を選べば間違いないでしょう。

 

コーヒー豆の商品一覧(Amazon)

ぜひAmazonでコーヒー豆の種類や価格、レビューを確認してみてください。

 

あわせて、コーヒーミルフィルター、それからコーヒーメーカーなどの必要な道具も、コーヒー豆といっしょに買い揃えておくのがおすすめです。

 

この記事では、

  • 美味しいコーヒー豆を買うには?
  • コーヒー豆を安く入手するには?

など、「コーヒー豆はどこで買うのがおすすめか」をわかりやすく解説します。

コーヒー豆選びで失敗しないよう、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

コーヒー豆はどこで買うのが一般的なのか

コーヒー豆が買える場所はつぎのとおりです。

  • スーパー
  • カルディ
  • 無印良品
  • スターバックスコーヒー
  • Amazon(ネット通販サイト)

今日にでもコーヒー豆がほしい方は、ネットではなく、近所のスーパーやコーヒーショップで買うのが良いでしょう。

というのも、Amazonでコーヒー豆を買った場合、自宅に届くのは翌日以降になるからです。

 

それにたいして、急ぎでない方(1〜2日ほど待っても構わない方)にはAmazonでの購入をおすすめします。

 

理由は以下のとおりです。

  1. 品揃えが豊富
  2. 基本的に送料無料
  3. レビューを見て比較できる
  4. 価格が安い(定期便でさらにお得)
  5. 買いに行く手間や時間がかからない

たとえば品揃えに関して、Amazonなら「オーガニックコーヒー」も販売しています。

が、近所のスーパーでオーガニックのコーヒー豆を見つけるのは容易ではありません。

 

さまざまな種類のコーヒー豆を見て検討したいなら、Amazonが最適です。

もちろん、ふだん楽天市場やYahoo!ショッピングを利用している方は、そちらで探してみても良いでしょう。

 

ネットショップ最大手のAmazonを推奨しますが、Amazonにこだわる必要はありません。

使い慣れているサイトでOKです。

 

コーヒー豆の商品一覧(Amazon)

Amazonでコーヒー豆を探したい方はこちらです。

 

店舗で買うとしたら

店舗へ行ってコーヒー豆を買いたい方は、スーパーやコーヒーショップ、無印良品あたりを探してみてください。

 

コーヒーショップならスターバックスに限らず、タリーズ、ドトールでもコーヒー豆を販売しています。

商品は店舗入口の近くに陳列してあることがほとんどなので、好きなコーヒー豆を選び、レジへ持って行って会計すると良いでしょう。

 

世の中には「スタバ コーヒー豆 買い方」などと検索する人がいますが、買い方はけっして難しくありません。

コンビニで弁当を買うようなものです。

 

スターバックスのコーヒー豆一覧(Amazon)

スタバで豆だけ買うのが恥ずかしい方、近所にスタバがない方は、Amazonで購入するのがおすすめです。

ただし豆ではなく粉末タイプの商品もあるので、間違えないようご注意ください。

 

カルディコーヒーファームでコーヒー豆を買う場合は、レジで店員に「コーヒー豆の種類と量」を口頭で伝えてオーダーします。

 

ちなみにカルディは、コーヒーと輸入食品を主に扱う専門店です。

ショッピングモールで目にしたことがある方、利用したことがある方も多いことでしょう。

 

どの豆を買うべきか迷ったら、「苦味が強いほうが良い」や「酸味が少ないほうが良い」などの好みをカルディの店員に伝えれば、おすすめの豆を教えてくれます

希望すれば、店舗でコーヒー豆を挽き、粉末にして渡してもらうこともできます。

 

「とりあえず自分で豆を挽いてみたいだけ。一般的な安いコーヒー豆で構わない」

という方は、スーパーで買うのがおすすめです。

大手メーカーのコーヒー豆(UCCやAGFあたり)を買っておけば間違いないでしょう。

 

念のため、スーパーへ行ったらAmazonの販売価格と見比べてみてください。

Amazonのほうが安い場合には、スーパーでの購入を見送ることです。

 

ちなみに、無印良品ではオーガニックコーヒー(有機栽培)を販売しています。

オーガニックにこだわる方、無印が好きな方は、無印良品でコーヒー豆を買うのもアリです。

 

無印良品のコーヒー豆はAmazonでも購入可能で、事実、よく売れています。

 

 

Amazonで買うとしたら

コーヒー豆を購入するなら、Amazonがおすすめです。

 

「でも、ネットで買うとなると豆の鮮度が気になる……」

と不安に思う方がいるかもしれませんが、フィルム製パッケージが「酸素、水分、光」といった劣化原因からコーヒー豆を守ってくれるため、心配無用です。

 

野菜や生魚ではないので、店舗で買ってもネットショップで買ってもコーヒー豆の鮮度は変わりません

重要なのは、むしろ開封した後です。

 

コーヒー豆の風味を損なわないよう、包装をクリップで留めておくか、豆を密封容器に移して保管することをおすすめします。

事実、コーヒーが好きな人たちの多くは、上のように工夫してコーヒー豆を保存しています。

 

コーヒー豆の酸化を防ぐためには、開封後にすぐ密封容器へ移し替えるのが良いでしょう(隙間がないぶん袋をクリップで留めるよりも効果的)。

 

たとえばAmazonでは、キーコーヒー スペシャルブレンドが売れています。

人気があるオーソドックスなコーヒー豆を試したい方におすすめです。

 

オーガニックにこだわる方は、無印良品 オーガニックコーヒーをチェックしてみてください。

クセの無いまろやかな味わいが特徴です。

 

スターバックスのコーヒーが好きな方には、ハウスブレンドがおすすめです。

ぜひ自宅で気軽にスタバの味を楽しんでみてはいかがでしょう。

 

Amazonでは、成城石井 マイルドブレンドも販売しています。

なお、成城石井は関東を中心に展開する高級スーパーマーケットです。

 

コーヒー豆の商品一覧(Amazon)

Amazonでコーヒー豆を見たい方はこちらです。

 

まとめ

コーヒー豆が買える場所は以下のとおりです。

  • スーパー
  • カルディ
  • 無印良品
  • スターバックスコーヒー
  • Amazon(ネット通販サイト)

本日中に手に入れたい方を除き、コーヒー豆はAmazonで買うと良いでしょう。

 

理由は単純で、品揃えが豊富かつレビューを参考にして選べるから(おまけに安いから)です。

 

なお、コーヒー豆を挽くには専用の道具が欠かせません

  1. ミル
  2. フィルター
  3. ドリッパー

具体的には、ご覧の3点を揃えておく必要があります。

 

たとえばAmazonでは、ご覧のHARIOコーヒーミルが人気です。

つまみを回すだけで粉の粗さを調整できるほか、臼がセラミックでできているため、摩擦を抑えてコーヒーへのダメージを防げるのが特徴です。

 

ボトルについた目盛を見れば、挽いた量が一目でわかります。

さらに本体を分解して水洗いできるため、衛生面の心配もありません。

 

ドリップに欠かせないフィルターは、無印良品コーヒーフィルター がコーヒー好きに支持されています。

価格の安さが特徴です。

 

フィルターを支えるドリッパーは、Kalita コーヒー ドリッパーが売れています。

コーヒー豆を挽いて淹れるために、

  1. ミル
  2. フィルター
  3. ドリッパー

この3点セットを準備しておきましょう。

 

自宅で本格コーヒーを淹れたいユーザーに、BALMUDA The Brewが評価されています。

価格は5万円台と高額ですが、カフェへ行かなくて済むことを思えば"お買い得"かもしれません。

 

ただし、コーヒー豆は自分で挽く必要があるのでご注意ください。

 

Amazonでは、ツインバード 全自動コーヒーメーカーが(バルミューダ以上に)売れています。

3万円台で買えるコストパフォーマンスの高さが魅力です。

 

本製品にはミルが付いているので、自分で豆を挽く必要がありません

コーヒーの香りを飛ばす「摩擦熱」を避けるために、低速で豆を挽くのがポイントです。

 

ボタンひとつで芳醇なコーヒーが飲めたら快適だと思いませんか?

 

全自動コーヒーメーカーは、

  1. 豆を挽く
  2. お湯を沸かす
  3. ドリップする

これらの工程をすべて自動で行ってくれます。

自分で淹れるのとは違い、忙しい朝でも自宅で美味しいコーヒーが飲めることでしょう。

 

コーヒーメーカーの商品一覧(Amazon)

コーヒーメーカーをもっと見たい方はこちらです。

 

なお、上で紹介したコーヒーメーカーはいずれも高級品であって、クルマでたとえるならメルセデス・ベンツやBMWのような"エリート的存在"です。

事実、すべてのコーヒーメーカーが数万円もするわけではありません。

 

安価なコーヒーメーカーなら5,000円程度から購入できるため、検討する価値はあります。

コーヒー豆と機械にこだわれば、自宅で淹れるコーヒーの質がグッと高まるはずです。

 

以上、コーヒー豆はどこで買うのがおすすめなのか、でした。

【結論】スーパー、無印、コーヒーショップ等で購入できる。が、一番のおすすめはAmazon。品揃えが豊富だし、レビューを見ながら豆を選べる。Amazonならコーヒー豆だけでなく、自宅で豆を挽いて淹れるのに必要な道具一式もすべて揃う。自分でドリップするのも良いけれど、コーヒーメーカーだからこそ実現できる「プロの味」も捨てがたい。

 

コーヒー豆の商品一覧(Amazon)

Amazonでコーヒー豆を探したい方はこちらです。

 

www.shortshortshort.jp

ティファールの電気ケトルについて、当サイトにはこんな記事があります。

コーヒーに適した90度ピッタリにお湯を加熱できる「温度設定が可能な電気ケトル」に興味はありませんか?