【2022年登場】新型フィットRSは速いのか。馬力やトルクをチェック

2022年10月実施のマイナーチェンジに伴い、ホンダ・フィットに、約2年ぶりとなる「RS」グレードが設定されました。

 

なお、RSヘバトンタッチする形で、フィットモデューロXは2022年9月をもって生産終了しています。

 

ホンダのRSは「ロード・セーリング(滑らかに走り抜ける意)」に由来しており、「レーシング・スポーツ」の略ではありません。

したがって、スイフトスポーツやアバルト595のようなホットハッチ的キャラに期待すると、イメージとのギャップに物足りなさを感じる恐れがあります。

 

「でも、RSはフィットのなかでスポーティな位置付けなのでは?」

と疑問に思う方もいることでしょう。

 

たしかにRSは、専用のグリルやバンパーでスポーティさが強調され、サスペンションとホイールも差別化されています。

走行モードで「スポーツ」が選べるのもRSだけです。

 

がしかし、RSの馬力やトルクは、フィットのほかのグレードと変わりません

つまり、フィットの全グレードのなかで"RSだけがダントツで速い"わけではないのです。

 

加速性能に関していえば、フィットRSもBASICも、HOMEもLUXEもおなじです。

RSの特徴はスピードではなく、「スポーティな見た目と乗り味」だといえるでしょう。

 

この記事では、

  • フィットRSのスペック
  • ほかのグレードとの比較
  • ほかのホットハッチとの比較

など、「ホンダ・フィットRSは速いのか遅いのか」をわかりやすく解説します。

ぜひクルマ選びの参考にしてみてください。

 

 

ホンダ・フィットRSは速いのか遅いのか

ホンダ・フィット(4代目)のRSグレードは速いのでしょうか、それとも遅いのでしょうか。

感じ方は人それぞれ違うため、一概に「速い/遅い」とはいえません

 

たとえばN-BOXのオーナーは、フィットRSを"速いクルマ"だと感じるはずです。

それにたいして、シビックタイプRのオーナーは"遅いクルマ"だと評価することでしょう。

 

だから結局のところ、ほかのホットハッチやスポーツカーを含め、自ら試乗して判断するのがイチバンです。

とはいえ、「自分で乗って確かめよう」では参考になりません。

 

フィットRSの速さをあえて表現するなら、"並のコンパクトカーレベル"といったところです(これが速いか遅いかは人それぞれの感じ方しだい)。

 

理由は単純で、フィットRSのスペックが、ほかのグレード(BASICやHOME)と変わらないからです。

 

家電でたとえると、

  1. ドライヤーA
  2. ドライヤーA(ドレスアップver.)

両者の見た目は違っても、風力は変わらないようなものだとお考えください。

フィットRSとほかのグレードも同様で、一番の違いは、速さではなく見た目です。

 

フィットRSの馬力・トルク

フィットRSの馬力とトルクは以下のとおりです(ほかのグレードもおなじ数値)。

 

1.5Lガソリンモデル RS

  • 最高出力:118ps
  • 最大トルク:142Nm

1.5L e:HEV RS

  • エンジン最高出力:106ps
  • エンジン最大トルク:127Nm
  • モーター最高出力:123ps
  • モーター最大トルク:253Nm

なお、2022年10月のマイナーチェンジにより、ガソリン車のエンジンは1.3Lから1.5Lへ、e:HEV用モーターの最高出力は109psから123psへ、それぞれ引き上げられました。

 

したがって、フィット自体がマイナーチェンジ前よりも速くなったのは事実です。

がしかし、新たに追加されたRSが、ほかのグレードよりも速いわけではありません。

 

スイフトスポーツはスイフトよりも速く、GRヤリスはヤリスよりもパワフルに設計されていますが、フィットに関しては、RSもほかのグレードも同等です。

 

フィットBASICやHOME、LUXEと加速性能が変わらないRSは、いわば"見かけ倒しのホットハッチ"に過ぎず、乗っているうちに気分が萎えるかもしれません。

なぜなら、スポーティ然とした見た目に、中身が伴っていないからです。

 

フィットRSを購入した暁には、まるで"偽物のブランド品を持っているかのような肩身の狭さ"を味わうことになるでしょう。

本当は高くないけどね……本当は速くないけどね……という具合です。

 

速さではなく見た目のカッコよさで選ぶグレード、それがRSです(ちなみにフィットの受注のうち約4分の1がRS)。

 

なお、スペックこそ変わらないものの、RSにはいくつかの専用装備が与えられています。

具体的にはつぎのとおりです。

  • RS専用サスペンション
  • ドライブモードスイッチ(e:HEVのみ)
  • 減速セレクター(e:HEVのみ)
  • RS専用本革巻ステアリングホイール
  • RS専用グリル
  • RS専用バンパー(フロント、サイド、リア)
  • ブラック塗装ドアミラー
  • RS専用デザイン16インチアルミホイール

RSはサスペンションに手が加えられているため、ほかのグレードよりも走りがスポーティに感じられるかもしれません(RS以外はロールが大きめ)。

 

ちなみに、クルマが少しでも速いほうが良い場合は、ガソリン車ではなくe:HEV(ハイブリッド)を選ぶことをおすすめします。

というのも、モーターならではの気持ち良い加速感を味わえるからです。

 

「RSなのに普通のフィットとおなじ加速力じゃ物足りない」という方は、ぜひほかのホットハッチやスポーツカーを検討してみてください。

 

 

ほかの車と速さを比較

では、フィットRSとライバル車の速さを比較してみましょう。

 

まずチェックするのは、国産ホットハッチの代表「スズキ・スイフトスポーツ」です。

スイフトスポーツ(1.4Lターボ)のスペックは以下のとおりです。

  • 最高出力:140ps
  • 最大トルク:230Nm

スイスポにはハイブリッドの設定がないため、ガソリン車のフィットRSと比較します。

 

フィットRSガソリンモデル(1.5L自然吸気)のスペックは以下です。

  • 最高出力:118ps(-22)
  • 最大トルク:142Nm(-88)

括弧内の数字はスイスポとの比較です。

スイフトスポーツはフィットRSよりもパワーがあるだけでなく、車両重量が100kg以上軽いため、運転するとエンジンスペックの差以上に「速く」感じられることでしょう。

 

それでいて車両価格はほとんど変わらず、しかもスイフトスポーツならMTも選択できます(フィットRSにMTはない)。

「速さ」を重視する方は、フィットRSではなく、スイフトスポーツを買ったほうが満足できるに違いありません。

 

もちろんクルマは速さがすべてではないので、フィットRSのデザインのほうが好みであれば、RSを買うのもアリです。

 

それから、国産ホットハッチとしてはGRヤリスも挙げられます。

 

"本気"の上級グレードは価格が400万円以上するため、エントリーモデルのRSと比較してみましょう。

なお、RSの車両価格は265万円です。

 

GRヤリスRS(1.5L自然吸気)のスペックはつぎのとおりです。

  • 最高出力:120ps(+2)
  • 最大トルク:145Nm(+3)

括弧内の数字はフィットRSガソリンモデルとの比較を表しています。

 

「フィットRSより価格が70万円近く高い割に大したことないな……」

と思った方がいるかもしれませんが、ラリー参戦のために作られたGRヤリスは、ボディ剛性がフィットRSの比ではありません。

 

エントリーモデルとはいえ、GRヤリスRSは本物のレーシングカーです(フェンダーの膨らみやドアの枚数を見ればわかるように素のヤリスとは別物)。

 

フィットRSを検討しているなら、ぜひスイフトスポーツおよびGRヤリスRSにも試乗して、3台を乗り比べてみてください。

さらにe:HEVを考えている方は日産ノート(EVに近い走り)に、輸入車でもOKな方は、アバルト595(かなり刺激的)にも試乗してみることをおすすめします。

 

そうすればフィットRSが速いのか遅いのか、アタマではなくカラダで理解できるはずです。

ほかのクルマに試乗せずフィットRSを買った場合、視野が狭かったことに気づき、購入を後悔するかもしれません。

 

 

まとめ

2022年10月実施のマイナーチェンジにより、フィット(4代目)に約2年ぶりとなるRSグレードが設定されました。

 

ただし、RSのパワートレインはほかのグレードと共通です。

RSだけ車両が軽量化されているわけでもありません

 

したがって、フィットRSとほかのグレードは、パワーがおなじで車両重量もおなじ、ボディ形状もおなじゆえに、速さもまた「おなじ」です。

 

何と速さを比較するかにもよりますが、ほかのフィットとくらべるなら、RSはけっして速くないといえます。

 

たとえば高速道路でフィットe:HEV HOMEが前方を走っていたとして、「こっちはフィットe:HEV RSだから余裕で抜かせるぜ」とはならない、ということです(アクセルペダルの踏み加減しだい)。

 

フィットRSのエクステリアデザインに惚れた方は、フィットRSを買うのが良いでしょう。

フィットRSの燃費や実用性を気に入った方も、フィットRSを買うのが正解です。

 

がしかし、クルマの「速さ」が気になる方は、スイフトスポーツやGRヤリスRSも検討すべきです。

なぜなら、いずれもフィットRSより速いからです。

 

「どれくらい速さに違いがあるか」は、ぜひ試乗してご確認ください。

運転が好きなら、ホットハッチに限らず、GR86などのスポーツカーに試乗するのもおすすめです。

 

なお、試乗予約はそれぞれの自動車メーカーのWebサイトから行えます。

事前にネット予約を入れておけば、当日はスムーズに対応してもらえることでしょう(近所のディーラーにフィットRSがあるかどうかはサイト上で要確認)。

 

以上、ホンダ・フィットRSは速いのか、でした。

【結論】ほかのフィットとおなじ速さ。つまり一般的なコンパクトカーレベル。スイフトスポーツやGRヤリスRS、アバルト595、GR86にくらべたら遅い。そもそもフィットRSの「RS」はロード・セーリング(滑らかに走る抜ける)の意であり、スポーツとは謳っていない。だからフィットRSに速さを期待するのは"お門違い"だといえる。結局のところRSは、"スポーティに装飾したふつうのフィット"だと認識しておきたい。

 

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

クルマを1万円でも高く売るなら一括査定がおすすめです。

 

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

ガリバーに査定依頼したい方はこちらです。

 

電話一本で無料査定・高価格買取【カーネクスト】

カーネクストに査定依頼したい方はこちらです。

 

www.shortshortshort.jp

フィットの後部座席に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

ホンダコネクト(Honda Total Care)の機能と必要性について、当サイトにはこんな記事があります。