【何枚?】クレジットカードは1枚にまとめるべきか?

f:id:MORIKO:20210206195252p:plain

もし5枚持っているクレジットカードを店ごとに使い分けるとしたら、5台のスマホをシーンごとに使い分けるようなもので、手間がかかります。

 

私たちがスマートフォンを5台も持つ必要がないのとおなじで、クレジットカードも、そんなに必要ありません。

 

f:id:MORIKO:20210206195518p:plain

とはいえ、クレジットカードを1枚だけに絞ってしまうと、そのカードのブランドが使えないときに困ります

たとえば、「JCBは使えないんです」と店側に断られてしまった場合などです。

 

クレジットカードは、

  1. メイン
  2. サブ

これら計2枚を持つのがベストだといえます。

 

この記事では、

  • メイン使いのカードを決める利点
  • 2枚目として持つカードの条件と選び方

など、「クレジットカードは何枚持つのがおすすめか」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。 

 

 

クレジットカードは何枚持っているのがベストか

f:id:MORIKO:20210206194758p:plain

結婚相手はだれか1人だけに決める必要がありますが、クレジットカードの場合、無理やり1枚に絞りこむ必要はありません。

 

カードを3枚持っていても、5枚持っていても、10枚持っていてもOKです。

ただし、複数枚をすべて使いこなせるかどうかは別問題で、たいていカードを持て余します

 

ちょうど、スニーカーを5足持っていても、5足すべてを満遍なく履きこなすのが難しいのとおなじです。

 

f:id:MORIKO:20210206195918p:plain

ゆえにもっとも賢い選択は、

  1. メイン
  2. サブ

これら2枚のクレジットカードを持つことだといえるでしょう。

 

メインのカードを1枚に絞る

f:id:MORIKO:20210206200113p:plain

複数のクレジットカードをちょこちょこと使い分けるのではなく、どんな買い物も、おなじ1枚のカードで決済するのが賢明です。

 

その理由は、カード会社から還元されるポイントにあります。

ほとんどのクレジットカードは、年間の利用額が増えるほどステージ(ランク)が上がり、同時にポイント還元率もアップするようになっています。

 

f:id:MORIKO:20210206200458p:plain

つまり、クレジットカードで年間10万円の買い物をするお客より、年間200万円ぶん決済するお客のほうがカード会社に厚遇される、ということです。

 

ですので、

  • Aカード:20万円
  • Bカード:20万円
  • Cカード:20万円
  • Dカード:20万円
  • Eカード:20万円

このように分散して使うのではなく、「Aカードだけで100万円」に集約したほうが、結果として多くのポイント獲得につながります。

 

それだけではありません。

カード会社が実施している「5万円につき1口応募」といったキャンペーンに参加する場合でも、1つのクレジットカードでまとめて買い物していたほうが、たくさん応募できて当選率アップに結びつきます

 

f:id:MORIKO:20210206201024p:plain

たとえば、

  •  7万円:1口応募
  • 21万円:4口応募

このような差(当選率に4倍の違い)が生まれる、ということです。

 

 

プレミアムカードの利点

プレミアムカードとは、年会費が生じるクレジットカードのことをいいます(たとえばゴールドカードなど)。

年会費はさまざまで、カードによって1,000円だったり、3万円だったりします。

 

f:id:MORIKO:20210206201346p:plain

ほとんどすべてのショッピングで決済に使うメインカードは、このプレミアムカードを使うと良いでしょう。

 

まずプレミアムカードは、無料の一般カードにくらべ、ポイントが還元率が高く設定されています。

たくさんの買い物で利用するのであれば、ポイント還元率は0.1%でも高いほうが良いはずです。

 

無料カードでは得られない、プレミアムカードだけの「特別な還元率」でショッピングできるのが、年会費有料のカードを使うメリットです。

 

f:id:MORIKO:20210206201627p:plain

年会費を支払っている顧客はカード会社から優遇されるので、たとえばプレゼントキャンペーンの当選確率が、無料カード会員よりも高かったりします。

これは「そういう噂がある」といった話ではなく、プレミアムカードの説明文に明記されています。

 

利用限度額の高さ

f:id:MORIKO:20210206201910p:plain

それから無料カードとの違いとして、それぞれの利用限度額が挙げられます。

 

年会費が生じない無料カードよりも、プレミアムカードのほうがショッピング利用限度額を高く設定できます

 

あらゆる支払いを1枚のカードに集約するのであれば、限度額に達して使えなくなってしまわないよう、上限が高い(500万円など)プレミアムカードを使うのが無難です。

 

ただし、年会費がかかるプレミアムカードは、誰もが持てるわけではありません

無料カードの発行時よりも入会審査が厳しいため、場合によっては、カード会社の審査に落ちることもあります。

 

f:id:MORIKO:20210206202133p:plain

決済時にサッと差し出したゴールドカードは、「私は社会的な信用度が高い人間です」というステータスにもなるのです

なぜならゴールドカード(プレミアムカード)は、厳しい審査をクリアしなければ所有できないからです。

 

ステータスシンボルとして、メルセデス・ベンツやロレックスにも引けを取りません。

 

2枚目の「サブ」に選ぶべきカードの条件

f:id:MORIKO:20210206202408p:plain

2枚目として持つカードは、いわば予備、非常用だといえます。 

メインで使っているクレジットカードが使えない場合の決済手段として持っておくのが、2枚目のカードです。

 

というのも、カードのブランドごとに加盟店が異なるため、「会計にVISAは使えるけど、JCBは使えない」といった状況なったとき、1枚しかカードがないと困るからです。

 

ですので、サブとして持つ2枚目のクレジットカードは、

  1. メインとは別のブランドであること
  2. 年会費が無料であること

これら2つの条件さえ満たしていれば、どのカードでも構いません。

 

ちなみに日本国内で加盟店が多いのは、

  1. JCB
  2. VISA
  3. Mastercard

これら3つのブランドです。

 

f:id:MORIKO:20210206202759p:plain

もしメインとして使うカードがJCBなら、サブのカードは、VIZAかMastercardいずれかにしておくのが無難です。

 

2枚のブランドが被らないようにしておけば、「JCBは使えません」と店側に拒否されたとき、「じゃあ、VIZAカードで」といった対応ができます。

 

とはいえ、サブのクレジットカードはあくまでも「非常用」であって、消火器とおなじでほとんど出番はありません

 

f:id:MORIKO:20210206202952p:plain

ですので、予備として持つ2枚目のカードは、年会費が生じない無料のクレジットカードにしておきましょう。

不毛な出費を抑えられます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210206203138p:plain

クレジットカードの所有枚数と使い分けについてお伝えしてきました。

 

たくさんのクレジットカードを持っていると、なんだか「イケてる」気分になりますが、メリットはそれだけです。

イケてる気分になれる以上の実利は、ありません。

 

まるでFacebookの友達を増やして悦に入っているようなもので、これといった利点はないといえます。

 

クレジットカードを賢く使うなら、 

  1. メイン
  2. サブ

これら2枚だけに絞り、あらゆるショッピングをメインのカード(できれば有料のプレミアムカード)で決済するべきです。

 

上のスタイルなら、5枚のカードを使い分けるのと違って「支出額」をすぐ把握できますし、1枚だけに絞るのと違って、「VIZAは使えません」といった状況にも対応できます。

 

クレジットカードを賢く使い、ポイントをたんまり獲得しましょう。

 

以上、クレジットカードは何枚持っているのがベストなのか、でした。

結論。メインとサブの2枚。クレジットカードでも「選択と集中」が大事。特定のカードに絞って使っていれば、ポイント還元率が上がったり、キャンペーン当選率が上がったり、良いことづくめ。あちこち浮気すべきではない。