メンタルヘルス

薄毛の心配よさらば。ハゲの恐怖に怯えない短髪のすすめ

もし将来ゆで卵みたいにツルッとハゲたら嫌だなぁ……そんな漠然とした不安を抱えていませんか? タイムマシンがあれば話は別ですが、いくら考えたところで20年後の頭髪がどうなっているかはわかりません。 ハゲている ややハゲている 現状をキープしている 白…

彼氏に「胸が小さい」と言われたら……5分で嫌な感情を消そう

彼氏に胸の"小ささ"を指摘されたからといって、欠点だととらえたり、落ちこんだりする必要はありません。 なぜかというと、男性が考えている"普通のバストサイズ"はけっして普通ではないからです。 多くの男性は、雑誌の表紙を飾っているアイドルのようなス…

辛い…彼氏に振られたショックからの立ち直り方3選

去った彼氏に固執することはありません。 手を振りながら見送ってあげましょう。 というのも、彼のセンスと知能では私たちの魅力が理解できなかった、ということだからです。 世の中には、もっと見る目があって、私たちをもっと愛してくれる男性がいます。 …

【なぜ】車の運転でイライラしてしまう2つの理由

車の運転にうんざりしていませんか? 自動車を走らせていてイライラするのは、病気でもなんでもなく、世間にロクなドライバーがいないからです。 たとえば、 近すぎる後続車 大胆かつダイナミックな割り込み 対向車の危ない右折 なぜか減速する前の車 霧がな…

【なぜ】友達がいない人の特徴は2つ。嫉妬とうぬぼれ

友達がいない人には、男女関係なく共通の特徴があります。 他人に嫉妬している 自分にうぬぼれている このいずれか片方にでも該当していると、なかなか友達ができません。 かつては仲が良かった友人とも、だんだん会う頻度が減り、疎遠になっていきます。 つ…

自炊のメリット4選。自分で料理を作るとトクするわけ

自炊とは、自分で自分の食事を作ることをいいます。 たとえば、 外食 お惣菜 テイクアウトの弁当 これらはすべて「調理」を他人に任せているので、自炊ではありません。 自炊というと、メリットとして「食費の節約」ばかりがフォーカスされがちですが、節約…

【なぜ】外出するとイライラする理由。2つの解決策で心にゆとりを

犬はしっぽを振って散歩に出かけますが、人間はちがいます。 喜ばないどころか、ちょっと外出しただけでイライラする人さえいます。 もちろん、誰かに睨まれたわけでも、足を踏まれたわけでも、「変なコーディネート!」と罵られたわけでもないのに、です。 …

リラックスできる場所や空間4選。心が落ち着くおすすめのスポット

心を落ち着けて過ごすためには、図書館のような「静かな環境」に身を置く必要があります。 たとえば、近くでガガガガガと工事が行われている騒がしい状況下では、意識がそっちに向いてしまい、リラックスできません。 ショッピングモールに置かれたベンチに…

筋トレをしなくても「顔つき」は変わる。2つのポイントを知ろう

筋トレを続けているうちに顔つきが変わってくるのは、読書をしていてボキャブラリーが増えるのとおなじで、おまけのようなものです。 私たちが筋肉を鍛える目的は、 筋肥大 筋力向上 代謝アップ これらがメインであって、顔つきの変化は、副次的な「サブ」に…

「ダイエットしたら?」と勧めてくる彼氏の心理。強要されてイライラした場合

付き合っている彼氏から「ダイエットしたほうが良いよ」とアドバイスされたら、誰だって腹が立ちます。 なぜなら遠回しに、ルックスやライフスタイルを批判されているも同然だからです。 太っている 今の体型は好みじゃない 怠惰な生活を送っているのでは と…

仕事がつまらないなら発想を180度変えよう。労働って楽しむ必要ある?

仕事を楽しむ必要はありません。 会社で働くのがつまらないとして、損でも、負けでもありません。 なぜなら労働は、エンターテインメントではないからです。 たとえば映画鑑賞は娯楽なので、もし内容が退屈だったら、期待を裏切られた私たちはガッカリします…

【忘れたい】休日に仕事のことを考えない方法3選

休日にまで仕事のことを考えていたら、身体は休まっても、メンタルが休まりません。 なぜなら、脳のなかで会社へ「出勤」しているからです。 仕事のことを考え、どんよりした重たい気分で過ごす時間を、休日とは呼べないでしょう。 では、仕事のアレコレをす…

会社に行きたくない・仕事を辞めたいは「甘え」じゃない。もっと自分に優しく

会社に行きたくない気持ちも、仕事を辞めたいメランコリーも、社会人なら抱くのが普通です。 労働がイヤになるのはけっして病気でも甘えでもなく、ちょうどテスト勉強をしながらストレスを感じていたような、アレとおなじ健全な反応です。 「したくないこと…

『ブレインメンタル強化大全』の要約と感想

健康的な生活習慣について書かれている本です。 生活習慣を整えるメリットは、 病気を予防できる 脳のパフォーマンスが上がる これら2つだといいます。 健康的なメンタルと身体を手に入れ、冴えた頭でバリバリ働きたい方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょう…

『心の不調をなくす毒消し食』の要約と感想

本書は、先っちょにしかチョコクリームが入っていないチョココロネのようなもので、読者を「騙された」ってな気分にさせること請け合いです。 なぜなら全5章のうち、「毒消し食」について触れているのは第1章だけだからです。 では残り4章がどうなっているの…

『もろくて、不確かな、「素の自分」の扱い方』の要約と感想

『ツレがうつになりまして。』がベストセラーとなった漫画家・細川貂々氏による、コミックエッセイです。 ただし本書は、ベストセラーになることも、映画化されることもないでしょう。 なぜなら本書の内容は水溜まりよりも浅く、オブラートよりも薄っぺらで、…

『いつまでも消えない怒りがなくなる 許す練習』の要約と感想

「許せない想い」から解放されることが、本書の目的だといいます。 がしかし、本書を読んでも「許せない想い」から解放されることはないでしょう。 なぜなら、アドバイスが曖昧だったり、ただの精神論だったりして、役に立つとはいえないからです。 むしろ「…

元カノを忘れられない辛さの乗り越え方2選

スマホのカメラロールに保存してある画像なら、要らないものだけ選んで削除できます。 がしかし、私たちの記憶はスマホと違い、忘れたい失恋の思い出だけを選んでポイッと捨て去ることができません。 つまり、元カノを忘れる方法はない、ということです。 も…

【辛い】元カノが夢に出てくるのを防ぐ2つの工夫

かつて付き合ってきた彼女が夢に出てきて、辛い思いをしていませんか。 元カノと笑顔で話していたのに、パッと目が覚めて「夢だった」と知ったときのショックは、計り知れません。 元カノが出てくる夢は、ある種の悪夢です。 デカい蜘蛛に追いかけ回される夢…

『中田式ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41』の要約と感想

読んでいる途中でも、自分のためにならないと判断した本はすぐ捨てる、と著者は述べていました。 中田氏のアドバイスに従うなら、10〜20ページほど読んだあたりで本書とはお別れすることになります。 なぜなら本書は、ためにならないからです。 この記事では…

精神的に疲れている人を食事やデートに誘うのは迷惑なのか

なんらかの事情があってメンタルが疲れている人を食事やデートに誘うのは、相手にとって迷惑でしょうか。 誘うのがアリかナシかといえば、アリです。 なぜなら、反応は人によってさまざまだからです。 精神的に疲れているとき、食事に誘ってもらって喜ぶ人も…

『死の教科書 心が晴れる48のヒント』の要約と感想

「死」をテーマにした問答集です。 20代〜80代の一般男性・女性からの質問にたいして、作家の五木寛之氏が答えるスタイルをとっています。 「ゆるやかな自殺」など、著者ならではの死生観が綴られていました。 この記事では、五木寛之著『死の教科書 心が晴れ…

『1日3分の幸せ発見メソッド 自分もまわりも好きになる「ほめ日記」』の要約と感想

自己肯定感を高めるには、自分で自分を褒めると良いそうです。 1日3分の「ほめ日記」を習慣にして、幸せに過ごす秘訣が書かれていました。 もっと自分を好きになり、自信を持ちたい方にむけた本です。 この記事では、手塚千砂子著『1日3分の幸せ発見メソッド…

【心配】急にLINEの返信が来なくなったらどうするべきか

いきなりLINEの返信が来なくなったら、心配になるのは当然です。 相手の姿を確認できないため、 事故や事件に遭ったのか まさか死んでしまったのか 何か怒らせるような発言をしたか など、あれこれネガティブな想像をしてしまうのではないでしょうか。 大切…

『精神科医が教えるストレスフリー超大全 人生のあらゆる「悩み・不安・疲れ」をなくすためのリスト』の要約と感想

仕事や家庭、人間関係、お金のことでストレスを抱えていませんか? 「ストレスの原因を取り除くのは難しく、ただ心身を消耗するだけ。そうではなく、あなたの考え方や受け止め方を変えるべきだ」 と著者はいいます。 不安や悩みから解放されるためのさまざま…

精神科で「うつっぽいね」と医師に言われたらうつ病なのか

やる気が出ない、気分が落ち込むなどといったメンタルの不調を抱え、病院の精神科を受診したとします。 あなたを診察した精神科医が「うつっぽいですね」といい、抗うつ薬や睡眠導入剤を処方した場合、これはすなわち「うつ病」と解釈して良いのでしょうか。…

歯の神経を抜くのは痛い?大したことないので心配ない

歯の神経を抜くことが決まり、痛みの恐怖に怯えていませんか? 「神経を取る」という言葉の響きは恐ろしいものですが、実際には、大したことありません。 つまり、歯の神経を抜くのは痛くない、ということです。 なぜなら、歯の神経を処置する際には、かなら…

『ささいなことに動揺してしまう敏感すぎる人の「仕事の悩み」がなくなる本』の要約と感想

人生や仕事における「道しるべ」を求めているHSP(敏感すぎる人)のための本です。 HSPはHighly Sensitive Personの略で、日本語では、 敏感すぎる人 繊細すぎる人 などと訳します。 人口の5人に1人がHSPだとされており、けっして病気などではありません。 HSP…

『「うつ病の夫」に妻がすべきこと、してはいけないこと』の要約と感想

もし旦那さんがうつ病になったとき、家庭でどんな接し方をすべきかご存知ですか? あるいは、うつ病の兆候やサインを知っていますか? 夫がうつ病を患っている 最近なんだか夫の元気がない こうした立場の女性に本書はおすすめです。 この記事では、浅井逸郎…

『マンガでわかる うつ病のリアル』の要約と感想

うつ病になるのは「精神力が弱い人間だ」と決めつけていませんか? 運動をしていればうつ病にはならない、と信じていませんか? うつ病にかかり、自殺未遂にまでいたった漫画家の著者(すでに寛解)が、うつ病の実態について解説している本です。 うつ病を正し…