輸入車

レクサスとBMWどっちを買うべき?【3つの観点から比較】

レクサスとBMWはいずれもプレミアムブランドですが、「国産車か輸入車か」という点で大きく異なります。 具体的には、パーツ代や修理費などの維持費に差があります。 ランニングコストを抑えたいなら、国産車であるレクサスを選んだほうが良いでしょう。 た…

メルセデス・ベンツAクラスが「ダサいしょぼい」と評される理由

メルセデス・ベンツのエントリーモデルとして存在するのが、Aクラスです。 いわば「もっとも安いベンツ」であり、エグゼクティブではない一般市民でも手を出しやすいのがAクラスの魅力だといえます。 がしかし、Aクラスに乗っているからといって、SクラスやG…

BMW X1のボディサイズを解説。運転のしやすさや居住スペースはどうか?

X1(2代目・2015年〜)は、BMWのラインナップのなかでもっともコンパクトなSUVです。 国産SUVでたとえるなら、X1は、トヨタ・カローラクロスと同等のボディサイズを有します。 ちなみにトヨタのSUVをサイズが小さい順に並べると、 ライズ ヤリスクロス CH-R カロ…

BMW1シリーズが「貧乏くさい」と揶揄される理由。見栄っ張りの車なのか?

BMW1シリーズにたいしては、多くの否定的な意見があります。 たとえば、 ダサい ショボい カッコ悪い 貧乏くさい 見栄っ張り といった具合です。 「貧乏くさいといったって、1シリーズは新車価格が400万円以上するから、ほんとうに貧乏だったら買えないので…

ミニクーパーの「運転が楽しい」ってホント?【ゴーカートフィーリングへの過度な期待は禁物】

ミニクーパーを買う動機は人それぞれです。 たとえば、 お洒落だから 個性的だから 質感が高いから 小さな高級車だから イギリスが好きだから そして、「運転が楽しいと評判だから」です。 MINIの運転感覚は「ゴーカートフィーリング」と呼ばれています。 ゴ…

フィアット500e(EV)はサブスクとリースのみ。購入との違いやデメリットとは?

電気自動車のフィアット500eは、サブスクリプションおよびカーリースのみの販売となっています。 リース:賃貸 サブスクリプション:月額課金 つまり、クルマを買うのではなく「借りる」ということです。 「気に入ったクルマに長く乗りたい」 という方がいる…

【雨の日】フィアット500Cは雨漏りするのか?

絶対に雨漏りしないオープンカーは存在しません。 ちょうど、絶対に壊れないスマートフォンが存在しないのとおなじです。 したがって、フィアット500C(カブリオレ)にも「雨漏りのリスク」はあるといえます。 ただし、滅多に起こるトラブルではありませんし、…

フィアット500Xの燃費とガソリン代を解説【ハイオクで13.4km/Lは厳しい?】

フィアット500Xのカタログ燃費は、13.4km/L(WLTCモード)です。 500X 500X CROSS 500X SPORT どのグレードを選んでも燃費は変わりません。 フィアット500Xの燃費を「良い・悪い」で評価するなら、「悪い」部類に入るでしょう。 たとえば、おなじSUVであるトヨ…

【なぜ】ナンバーが「991」のポルシェ911が存在する理由

希望ナンバー「991」を選ぶポルシェ911のオーナーは、何か勘違いしているのでしょうか。 ほんとうは「911」としたかったところを、間違えて「991」と申請してしまったのでしょうか。 いえ、あれはミスではありません。 991という数字は、ポルシェが独自に与…

フィアット500Xの「後部座席」を解説。広さやリクライニング機能の有無について

フィアット500Xは、2列シート5人乗りのコンパクトSUVです。 「どのクルマとくらべるか」にもよりますが、もしおなじFIATのフィアット500と比較するなら、500Xの室内空間は"かなり広い"といえるでしょう。 5ドアなので後部座席への乗り降りがしやすく、アクセ…

フィアット500Xを買って後悔する4つのリスク【お洒落さと個性への贅沢支出】

「FIATの車はデザインが可愛いから好きだけど、フィアット500は小さすぎて不便……」 そんなユーザーに支持されているのが、フィアット500Xです。 フィアット500Xは、フィアット500をそのまま大きくしたようなデザインのコンパクトSUVです。 FIATのお洒落で個…

MINI COOPERのディーゼルは後悔するかも。3気筒は音と振動がデカい

ミニクーパーのディーゼルエンジンモデルを検討しているなら、契約書にサインをする前にかならず試乗しましょう。 もし中古車ショップで買う予定なら、その前にMINIのディーラーを訪れて試乗しましょう。 というのも、ガソリンではなくディーゼルを選んだこ…

【2021年改良】新型MINIの内装がダサい。冗談みたいなメーターパネルに幻滅

2021年にマイナーチェンジした新型MINIの「マルチディスプレイメーターパネル」が貧相です。 まるで社外品を後付けしたようなチープさが漂っていますが、社外品ではありません。 このメーターパネルが新型MINIの純正の仕様となっています。 だから「こんなメ…

フィアット500の故障リスクと対策【30万円超えの修理費を避ける】

FIAT500はイタリア車、すなわち輸入車です。 世界トップクラスの「壊れにくさ」を誇る日本車にくらべたら、フィアット500のほうが、不具合やトラブルに見舞われる可能性が高いといって良いでしょう。 とくに注意したいのが、フィアットに搭載されている「デ…

ミニクーパーで希望ナンバー「3298」を選ぶのはダサいのか?

ミニクーパーのオーナーは、ナンバーの数字を「3298」にしがちです。 これは3298(ミニクーパー)という語呂合わせで、ちょうど223で富士山、4649でヨロシクみたいなものです。 ちなみに、品川ナンバー圏は「3298」の希望者が多いことで知られています。 品川…

新型ルーテシアの「走り」を解説【速いのか?】

2020年に日本での販売がスタートしたルノー新型ルーテシアは、速いのでしょうか、それとも遅いのでしょうか。 新型ルーテシア インテンスに搭載されているエンジンは、 最高出力:131ps 最大トルク:240Nm ご覧のスペックとなっています。 排気量1,333cc、直…

【MINI】ミニクーパーの燃費は悪い。ガソリン代を抑えるならディーゼル推奨

ミニクーパーは運転が楽しいクルマとして知られ、その乗り味は「ゴーカートフィーリング」と称されます。 ミニクーパーはあくまでも、 ドライビングの楽しさ 内外装のお洒落なデザイン 個性を出せる豊富なオプション などが"ウリ"の自動車です。 国産ハイブ…

2021年にマイナーチェンジした新型MINIがダサい。カールおじさんの口髭みたい

2021年5月に3代目MINIがマイナーチェンジを行いました。 「複雑さを削ぎ落とし、極限までピュアにMINIの個性を際立たせる」 こんなコンセプトのもと内外装のデザインを変更した結果、新型MINIのフロントマスクは、カールおじさんソックリになってしまいまし…

【19.2km/L】フィアット500の「燃費と維持費」を解説

フィアット500チンクエチェントを所有するにあたって、ガソリン代や整備費用、自動車税など、維持費はどれくらいかかるのでしょう。 まずハッキリいえるのは、国産車よりは高い、ということです(フィアット500はイタリア車)。 たとえば、消耗品など部品代は…

【17.0km/L】新型ルーテシアの燃費と維持費ってどれくらい?

ルノー新型ルーテシアは、2020年11月より日本市場に導入されたBセグメントのコンパクトカーです。 国産車ではなくフランス車であることから、ルーテシアにたいして「輸入車だからガソリン代や維持費が高そう……」とったネガティブなイメージを抱いている方も…

【4人乗り】フィアット500の後部座席は実用的か?

フィアット500チンクエチェントは4人乗りの普通車です。 一般的なコンパクトカー、たとえば、 日産 ノート ホンダ フィット トヨタ ヤリス、アクア スズキ スイフト マツダ MAZDA2 これらは5人乗りですが、フィアット500の後部座席には2人しか座れません。 …

フィアット500を買って後悔する5つのリスク。欠点は維持費と乗り心地

フィアット500チンクエチェントの長所は、ルックスがキュートで個性的であること、それだけです。 見た目に惹かれて国産車のような感覚で購入してしまうと、維持費や振動や変速ショックやらを目の当たりにして「こんなハズでは……」と後悔するかもしれません…

違いは歴然。プジョー208のおすすめグレードが「GT」である理由

2020年7月に日本導入された新型プジョー208(2代目)を検討しているなら、グレードは最上級の「GT」で決まりです。 というのも、他2つのグレードと大きく差別化されていて、GTのエクステリアだけ格段にお洒落だからです。 たとえば、「ライオンの爪痕」をモチ…

メルセデス・ベンツのイメージ3選【世間はどう思ってる?】

メルセデス・ベンツは世間からどんなイメージを持たれているのでしょうか。 良いのか、悪いのか、その理由はなぜなのか、気になるところです。 ベンツの購入を考えているのであれば尚更です。 まずベンツにたいする世間のイメージを集約すると、「鼻持ちなら…

ルノー新型「ルーテシア」の欠点3選。購入して後悔しないために知っておきたいこと

ルノー新型ルーテシア(5代目)は、2020年11月に日本市場での販売をスタートしています。 LEDヘッドライト含め、個性的なエクステリアにビビッと来たかも知れません。 がしかし、気になるのは、ルーテシアが国産車ではなく外車(フランス車)である点です。 たと…

メルセデス・ベンツの内装がダサい。立て掛けられた2枚のタブレット端末

2021年に入ってから、高級車メルセデス・ベンツの内装があらぬ方向へ行ってしまい、迷子になっています。 iPadのようなタブレット端末2枚を運転席に立て掛けて「出来上がり」の、まるでカップ麺みたいなインスタント・インテリアに成り下がってしまいました。 …

アバルト595は速いのか遅いのか。グレード別「馬力・トルク」一覧と解説

アバルト595は、イタリアのアバルト車が販売するホットハッチで、フィアット500がベース車両になっています。 フィアット500のチャーミングな外観を気に入り、いっそうの速さや刺激を求めているユーザー向けの自動車、それがアバルト595です。 したがって、…

新型プジョー208の燃費を解説。ハイオクで17.9km/Lなのでガソリン代は高くつく

2代目となる新型プジョー208は、2020年7月に日本での販売がスタートしています。 ライオンの爪をモチーフにしたLEDヘッドライトなど、センス溢れる内外装が魅力的です。 これで燃費も良ければ文句なしですが、WLTCモードで17.9km/Lという値は、ボチボチとい…

新型プジョー208は非力で遅い? 街乗りメインなら充分な性能

2020年7月に日本で販売がスタートした新型プジョー208(2代目)は、価格が高い割に、非力です。 スタイリッシュな見た目に反して、けっして速くありません。 日本市場向けにはEVとガソリン2つの仕様が用意されていて、ガソリンモデルは、 最高出力:100ps(馬力…

ポルシェが欲しい。1,000万円超の夢を叶える非科学的な方法

ドイツ製の高級車ポルシェを所有するのは、容易ではありません。 911 ケイマン ボクスター カイエン マカン パナメーラ タイカン どの車種であっても、です。 なぜなら、いずれのモデルも価格が1,000万円以上するからです(オプション等含む)。 高額ゆえ、年…