【雨の日】フィアット500Cは雨漏りするのか?

絶対に雨漏りしないオープンカーは存在しません。

ちょうど、絶対に壊れないスマートフォンが存在しないのとおなじです。

 

したがって、フィアット500C(カブリオレ)にも「雨漏りのリスク」はあるといえます。

 

ただし、滅多に起こるトラブルではありませんし、もし雨漏りが生じてもディーラーで対応してもらえます。

雨漏りに懲りてフィアット500Cを手放すならともかく、まだ買ってもいないうちから悲観的な諦めモードになるのは、もったいないといえるでしょう。

 

カブリオレには、カブリオレでしか味わえない爽快感や特別感があります。

せっかくフィアット500Cがアンテナに引っかかったのに、生じる「かも」しれない雨漏りを気にかけて購入を諦めるのは損だといえます。

 

この記事では、

  • 雨漏りを防ぐ対策はある?
  • もし雨漏りしたら修理できる?
  • フィアット500Cは雨漏りしやすい?

など、「フィアット500Cの雨漏り事情」をわかりやすく解説します。

ぜひクルマ選びの参考にしてみてください。

 

 

フィアット500Cの雨漏り事情

フィアット500Cがオープンカーである以上、雨漏りのリスクはゼロではありません

 

とはいえ、「間違いなく雨漏りする」と決まったわけでもありません。

事実、雨漏りとは無縁のフィアット500Cオーナーは数多くいます。

 

雨漏りするかどうかは、クルマの保管環境と運しだいです。

 

たとえば、野ざらしの駐車場に置いておくよりは、紫外線を避けられる屋根下に止めておいた方が、幌の劣化を防げます。

フィアット500Cを車庫やガレージに止めておけば、雨漏りの予防になるといえるでしょう。

 

「自宅の駐車場には屋根がないからダメだ……」

と落ち込んでいる方がいるかもしれませんが、フィアット500Cを野ざらしにしているオーナーも存在します(雨漏りはしていない)。

 

もし心配であれば、ディーラーでフィアット500/500C専用のボディカバーを買って被せておくと良いでしょう。

太陽光の紫外線をカットできるため、幌が受けるダメージを抑えられます。

 

オープンカーの雨漏りは3タイプ

オープンカーの雨漏りは大きく3つのパターンにわけられます。

  1. 経年劣化で雨漏り
  2. 買って1〜2年で雨漏り
  3. イタズラされて雨漏り

それぞれ順番に見ていきましょう。

 

まずは経年劣化です。

クルマは物質ですので、経年劣化を避けられません。

古いボロ家の屋根が雨漏りするように、長く乗ったコンバーチブルの屋根が雨漏りすることはあります。

 

たとえば、劣化した幌に雨水が染みたり、ボディと幌の間にできた隙間から雨水が入ってきたり、です。

後者はボディ剛性が低いオープンカーならではの現象です(徐々にボディがねじれて隙間ができる)。

 

幌(ソフトトップ)を紫外線から保護するには、

  1. 屋根下に駐車する
  2. ボディカバーをかける

これらの対策がおすすめです。

 

フィアット500/500C専用のボディカバーはFIATのディーラーでお買い求めください。

通常タイプは約2万円、防炎と裏起毛がついた上級タイプは約3万4千円です。

 

あるいは、これらの対策をせずに「長く乗ったら幌を新品に張り替える」ことも可能です。

20〜30万円ほどの費用がかかりますが、ルーフを新品へと交換できます。

 

「幌の張り替え」ほど大掛かりな部品交換でなくとも、ディーラーで定期点検や部品交換を行えば、たいていの雨漏りは防げます。

メンテナンスを行なっていれば大丈夫、ということです。

雨漏りを過度に恐れることはないでしょう。

 

ときどき「オープンカーを買ってすぐ雨漏りに悩まされる」不運なオーナーがいますが、FIATの場合は新車保証が標準でついてくるため、万が一の場合にもディーラーで対応してもらえます。

 

ただし、中古で買う場合には「メーカー保証」が適用されないためご注意ください(自費で対応)。

フィアット500Cを新車で買うなら心配無用です。

雨漏りが生じたら、プロの手に任せましょう。

 

 

イタズラに備えるなら車両保険

ここまでは経年劣化と欠陥(初期の不具合)を見てきました。

オープンカーが雨漏りする3つ目のケースは、イタズラです。

 

たとえば世の中には、

  • 幌に穴を開けられる
  • 幌を刃物で切り裂かれる

といった被害を受けるオーナーがいます。

オープンカーの屋根に穴や裂け目があったら、車内に雨水が入ってくるのは当然です。

 

フィアット500Cのルーフはハードトップではなくソフトトップ(生地が布)ですので、こうした嫌がらせには注意が必要です。

 

万が一イタズラ被害に遭った場合には、幌を丸ごと新品に張り替えるか、破損箇所だけを修理するかを選ばなければなりません。

たとえるなら、釘に引っかけて破れたコートを買い替えるか、補修して使うか、みたいなことです。

 

この際、車両保険に入っていれば「イタズラによる傷」は保険で直せますが、加入していなければ全額自己負担となります。

 

たとえば、

  • 自宅から離れた場所に駐車している
  • 人通りが少ない場所に止めている
  • ガレージや車庫に入れていない
  • 治安が悪い地域に住んでいる
  • 誰かの恨みを買っている

こんな方はイラズラされるリスクが高いので、念のため、任意保険に車両保険をプラスしておくと良いかもしれません。

くわえて、シャッターつきの車庫など、他人が手出しできない場所にフィアット500Cを止めておくと安心です。

 

イタズラ被害に遭う確率は「宝くじで10万円に当選」するくらい低いものの、悪さをする人間に警戒しておいて損はないといえます。

 

リスクを念頭に置いておけば、

  • 防犯カメラを設置する
  • 360度撮影可能なドラレコをつける
  • 人目の少ない駐車場は避ける

など、行動が少し変わるのではないでしょうか。

 

まとめ

フィアット500Cはカブリオレ(オープンカーの呼び方の一種)です。

絶対に雨漏りしないオープンカーは存在しません。

つまり、フィアット500Cにも雨漏りのリスクがあるといえます。

 

具体的には、

  1. 経年劣化で雨漏り
  2. 買って1〜2年で雨漏り
  3. イタズラされて雨漏り

ご紹介したこれら3つのパターンにご注意ください。

 

経年劣化にたいしては、

  • 屋根下の駐車場に止める
  • 車体にボディカバーをかける
  • 定期的なメンテナンスを行う

こうした対策が有効です。

 

購入してすぐの雨漏りが心配であれば、フィアット500Cを新車で買うと良いでしょう。

中古車と違い、FIATのすべての新車にはメーカー保証が標準で付帯されるからです(追加料金を払えば期間の延長も可)。

 

中古で安く手に入れたフィアット500Cが雨漏りし、多額の修理費を払うハメになったら、購入を後悔するかもしれません

 

くわえて、フィアット500Cの幌の開閉は手動ではなく電動式ですので、モーターなど電気系統にトラブルが生じると開閉できなくなります。

ルーフが開かなくなるならともかく、開いたまま閉まらなくなったら最悪です。

 

こうしたリスクを考えても、やはりメーカー保証がつく新車がイチバンでしょう。

 

ただし、イタズラ被害の修理はメーカー保証の対象外ですので、あわせて車両保険にも入っておくと安心です。

万が一ソフトトップに穴を開けられたり、刃物で切られたりしても、自費で修理しなくて済みます。

 

フィアット500Cを買うなら、

  1. 紫外線対策を行う(可能であれば)
  2. 定期的にメンテナンスする
  3. 中古ではなく新車で購入する
  4. 車両保険に加入する

これらの対策を施して、楽しくて安心のオープンカーライフを送りましょう。

 

見てきたとおりコンバーチブルにはさまざまなリスクがあるため、「屋根は開けないけど見た目がお洒落だから」というだけの理由であれば、通常のフィアット500を買ったほうが良いかもしれません。

 

以上、フィアット500Cの雨漏り事情でした。

【結論】フィアット500Cが特別雨漏りしやすい、なんてことはない。けれど、オープンカーである以上雨漏りするリスクはある。幌自体は傘のように雨を防ぐが、劣化して雨水が浸透したり、ボディとの隙間から雨水の侵入を許したり。悲観的になるかもしれないが、「雨漏りしない可能性」も忘れるべきではない。事実、たいていのオーナーは雨漏りとは無縁。

 

www.shortshortshort.jp

フィアット500の購入を後悔するリスクについて、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

フィアット500の後部座席に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

フィアット500の燃費と維持費について、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

フィアット500Xの購入を後悔するリスクに関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

オープンカーの購入が後悔に変わる瞬間について、当サイトにはこんな記事があります。