食べる・飲む

【マナー】デート中の食事で控えたい7つのNG行為

食べ方が汚い人間は嫌われます。 なぜなら、品がないからです。 どれだけイケメンでも、可愛くても、聞き上手でも、デートの食事中にマナー違反を連発したら「次回」はないでしょう。 デート相手から"レッドカード"を突きつけられて、即ゲーム終了です。 と…

食後の甘いものをやめたいなら。2つの工夫で誘惑に打ち克とう

肌、家計、お腹まわり、すべてに優しくないのがお菓子です。 コース料理でもないのに、食事の最後にクッキーやケーキ、アイス、チョコレート菓子など甘いものを食べていませんか? それも時々ではなく、毎日の習慣になっていませんか? 甘いお菓子にしばしば…

プロテインを移せるおすすめの保存容器。これなら粉末が飛び散らない

プロテインが詰まった袋のチャックを開け閉めする際、粉末が宙に舞い、台所や床に落ちることに困っていませんか? プロテインを飲むたびに粉でキッチンを汚していては、いちいち掃除するのが面倒です。 では、この煩わしさを解消するにはどうすれば良いので…

パスタに「ケチャップだけ」の食事は問題ある?

パスタに調味料のケチャップだけをかけて食べる場合、それはほとんど「具なしのナポリタン」です。 玉ねぎ ピーマン ソーセージ といった食材を入れ、トマトケチャップと和えて炒めれば、本物のナポリタンが出来上がります。 具材がないナポリタンは、ちょう…

硬い食べ物6選。バリバリ食感を楽しむならコレがおすすめ

硬くて歯ごたえのある食べ物を噛み砕く瞬間、言いようのない快感を覚えませんか? バリボリとした食感は病みつきになります。 たとえば、強靭なアゴでドッグフードを食べる犬の姿を眺めているだけでも気持ちが良いものです。 とはいえ、犬のマネをして私たち…

「頭が悪くなった」と感じたら試したいこと3選。冴えた頭脳を取り戻すカギ

以前にくらべて、自分の頭が悪くなったと感じていませんか? たとえば、 ミスが増えた 集中力が続かない 考えがまとまらない アイディアが浮かばない 記憶力が落ちた すぐ名前が出てこない ついボーッとしてしまう といった脳の「不具合」を感じたとき、私た…

【なぜ1個300円】ハーゲンダッツの値段が高い理由

ハーゲンダッツは高級なアイスです。 では、どうして他のアイスにくらべて値段が高いのでしょう。 それは、ハーゲンダッツが、アイスのなかでも健康的な部類だからです。 もし少しでも体にとって害のないアイスが食べたいなら、他の商品ではなく、ハーゲンダ…

寝る前にコーヒー飲むならカフェインレス(デカフェ)が常識

夕食後や就寝前など、夕方を過ぎてからコーヒーを飲むなら、カフェインレス(デカフェ)のコーヒーをおすすめします。 というのも、通常のコーヒーに含まれるカフェインには、覚醒作用があるからです。 カフェインが私たちの眠気を吹き飛ばしてしまう、という…

自炊のメリット4選。自分で料理を作るとトクするわけ

自炊とは、自分で自分の食事を作ることをいいます。 たとえば、 外食 お惣菜 テイクアウトの弁当 これらはすべて「調理」を他人に任せているので、自炊ではありません。 自炊というと、メリットとして「食費の節約」ばかりがフォーカスされがちですが、節約…

【ダイエット】朝食を1杯のプロテインだけにすれば痩せるのか

もし朝食をプロテイン1杯だけで済ませたら、体脂肪は落ちるのでしょうか。 答えは、人による、です。 なぜなら、たとえ朝食をプロテイン(タンパク質)に置き換えたとしても、昼と夜でドカ食いすれば、太ってしまうからです。 大切なのは、1日をとおして摂取エ…

便秘解消におすすめの食べ物12選。知って食べて改善しよう

もし排便の回数が週2回以下だとしたら、「便秘」だといえます。 歯が痛ければ原因はたいてい虫歯ですが、便秘が出ない理由は、いくつか考えられます。 たとえば、(もっとも悪いのは)大腸がんです。 結腸がんの症状のひとつに「便秘を含む便通異常」がありま…

1日2食でOK。朝食抜きで過ごすメリット3選【空腹対策つき】

朝食を抜き、1日2食で暮らしても、これといったデメリットは生じません。 エネルギーが尽きて倒れる心配は無用です。 たとえば世の中には、朝食をとらず、1日2食で毎日激しいトレーニングをこなすプロボクサーがいます。 試合前の減量期に限った話ではなく、…

まだ食べる?パンの不健康な3つのデメリット

「小麦を断つことが、健康で長生きするための基本条件だ」 これは、ウイリアム・デイビス博士が著書『小麦は食べるな!』に記したメッセージです。 健康で長生きするための基本条件が「小麦を断つこと」だとしたら、 食パン カレーパン クロワッサン クイニー…

コロナ禍のバレンタインは「手作りお菓子」を控えよう

新型コロナウイルス(COVID-19)が蔓延しているいま、バレンタインデーの正解は、「手作りお菓子を渡さないこと」だといえます。 なぜなら手作りのお菓子は、受け取った相手にとって迷惑となる可能性があるからです。 つまり、「まさかコロナウイルスが付着し…

【恐怖】アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス。3つの違いを知ってる?

一言でアイスといっても、成分によって3種類に分けられます。 アイスクリーム アイスミルク ラクトアイス この3つです。 アイスのパッケージに表記されていますので、ふだん食べているアイスが3つのうちどれに該当しているのかチェックしてみてください。 少…

『長生きしたけりゃ小麦は食べるな』の要約と感想

パン、ラーメン、うどん、パスタ、クッキー、シリアル、ドーナツなど、小麦粉からできている食べ物を口にしていませんか? 長生きをしたい人は、それら小麦食品を食べないほうが良いといいます。 ちなみに本書の著者は、副腎疲労・グルテンフリー外来を開設し…

『心の不調をなくす毒消し食』の要約と感想

本書は、先っちょにしかチョコクリームが入っていないチョココロネのようなもので、読者を「騙された」ってな気分にさせること請け合いです。 なぜなら全5章のうち、「毒消し食」について触れているのは第1章だけだからです。 では残り4章がどうなっているの…

『人生が変わるホルモンコントロール術 はたらくホルモン』の要約と感想

焼肉のホルモンではなく、私たちの神経細胞から分泌されるホルモンに関する本です。 ダイエットを成功させるホルモン、仕事力を高めるホルモン、メンタルを左右するホルモンなど、さまざまなホルモンの働きや"ホルモンを増やす方法"について書かれていました…

青汁を飲むと「うんこが緑色になる」って本当?【大便の画像なし】

青汁を飲むと、うんこ(大便)が緑色になることがあります。 ちょうどパンダのウンチのようなイメージです。 とはいえ、1日1〜2杯の青汁を飲んだくらいで便の色が変わることは、ほとんどありません。 もし青汁を飲んだせいでうんこが緑色になったとしたら、体…

意味ない? 青汁を飲んでも効果はないのか

青汁は、薬ではありません。 薬ではないので、青汁を飲んだだけで元気になったり、腰の痛みがやわらいだりはしません。 青汁は魔法のドリンクでもなんでもなく、ケールや大麦若葉といった緑色野菜を原料とする、ただのドリンクです。 1杯の青汁でスリムにな…

ダイエットに適した青汁の飲み方2選。アレを5g混ぜる

青汁でダイエットをしようと思ったら、作戦は2通りあります。 食事を青汁に置き換える 食事前に青汁を飲む このいずれかです。 なにも考えず青汁をガブガブ飲んでいても、けっして痩せることはありません。 なぜなら、青汁は「体脂肪を燃やしてくれる魔法の…

青汁1杯に含まれる「亜鉛」の量は0.1mg。多いのか少ないのか

青汁には微量の亜鉛が含まれています。 1回に飲む青汁の粉末3g中、亜鉛の量は0.1mgです。 ケール、大麦若葉、青汁がいずれの原料からできていても、亜鉛の含有量は変わりません。 ところで、この亜鉛の量は多いのでしょうか。 それとも、気にするほどの含有…

青汁を飲むタイミングは「朝」か「食事前」の2択

青汁はいつ飲んでも構いません。 これといった推奨のタイミングはない、ということです。 その証拠に、某青汁の商品パッケージには「いつでも飲んで良い」とだけ記されており、具体的な摂取タイミングは書かれていません。 そもそも青汁は野菜不足を解消する…

青汁1杯の「便秘解消効果」ってどうなの?

青汁には、便秘を解消する効果があるとされています。 なぜなら青汁は、不溶性食物繊維を多く含んでいるからです。 では、青汁を飲むようにさえすれば、便秘の悩みから解放されるのでしょうか。 この記事では、 不溶性食物繊維の含有量 青汁を飲みアーモンド…

チョコレートの脂質が「ニキビの原因になる」は誤り

チョコレートを食べすぎると顔が脂っぽくなり、ニキビができる原因になると考えている人がいます。 というのも、チョコレートには脂質が多く含まれているからです。 がしかし、それは誤解です。 食べ物の脂質がそのまま顔に出ることはありません。 ニキビを…

精神的に疲れている人を食事やデートに誘うのは迷惑なのか

なんらかの事情があってメンタルが疲れている人を食事やデートに誘うのは、相手にとって迷惑でしょうか。 誘うのがアリかナシかといえば、アリです。 なぜなら、反応は人によってさまざまだからです。 精神的に疲れているとき、食事に誘ってもらって喜ぶ人も…

『50代でも30代の肌が手に入る アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!』の要約と感想

美肌を手に入れたい方やダイエットをしたい方に「アーモンド」をおすすめしている本です。 本書を読めば、きっと誰もがアーモンドが食べたくなることでしょう。 なぜなら、ただアーモンドを「食べる」だけで、さまざまな健康効果を享受できるのだと知れるか…

【便秘解消】アーモンドを食べて1日3回大便を出そう

便秘解消におすすめの食べ物は、アーモンドです。 なぜならアーモンドには、お通じを良くする「不溶性食物繊維」が豊富に含まれているからです。 1日25粒を目安に毎日アーモンドを食べてみてください。 不溶性食物繊維が、 水分 余分な糖 余分な脂 これらを(…

『実年齢56歳、血管・骨年齢30代の名医が実践!コーヒーを飲む人はなぜ健康なのか?』の要約と感想

コーヒー好きな方に朗報です。 コーヒーは単なる嗜好品ではなく、多くの病気をするための薬でもあるのだそうです。 もちろん、素人の意見ではなく、医師の意見です。 本書の知識をインプットすれば、大好きなコーヒーを、いっそう美味しく飲めるのではないで…

『まちがいだらけのサプリ選び』の要約と感想

まず、残念なお知らせです。 「売られているサプリメントのほとんどは効かない」 栄養化学者である著者はこのように断言しています。 もしあなたがサプリメントを一種類でも飲んでいるのであれば、本書を読むことをおすすめします。 なぜなら、効果がない無…