ダイエット

「汗をかく=痩せる」この認識が正しくない理由

汗をかけば、私たちの体重は減ります。 なぜなら、汗として流れたぶんだけ体内の水分量が減るからです。 ただし、汗をかくことと痩せることは別物です。 痩せるためには、体内の水分ではなく、脂肪を減らさなければなりません。 この記事では、 汗をかいても…

『運動習慣ゼロの人のための 疲れない!動けるカラダをつくるテク』の要約と感想

疲れない体をつくるための動き方、食事、睡眠、メンタルについて、オールカラーの写真・イラスト付きで解説している本です。 運動習慣がない方、疲労感に悩まされている方に本書はおすすめです。 この記事では、清水忍監修『運動習慣ゼロの人のための 疲れな…

体重計は持っているのが普通なの?【答えはノー】

体重計は持っているのが普通なのでしょうか。 どの家庭にも体重計はあるのでしょうか。 答えはノーです。 少なくとも体重計よりは、冷蔵庫や電子レンジといった家電のほうが普及しているのは間違いありません。 この記事では、 体重計は必需品なのか 体重計…

『疲れやすい、痩せにくいは呼吸が原因だった』の要約と感想

家事やパソコン作業、スマホの操作などで猫背になっていませんか? 前屈みの姿勢は、深く正しい呼吸を妨げるといいます。 そして呼吸が浅くなった結果、疲れやすい、痩せにくいといった弊害が現れるのだそうです。 正しい呼吸法をマスターし、日々をすこやか…

『美木良介のロングブレスダイエット』の要約と感想

痩せるための呼吸法、それがロングブレスダイエットです。 年齢や性別に関係なく、誰でも無理なく始められるのがロングブレスダイエットのメリットだと著者は語っていました。 この記事では、美木良介著『美木良介のロングブレスダイエット』の要約と感想を…

「痩せたら可愛くなる顔」ってどんな顔?

太っている女性のなかには、「痩せたら絶対に可愛い」などと周囲からいわれる人がいます。 ところで、痩せたら可愛い顔とは、いったいどのような顔なのでしょうか。 目や鼻、輪郭などに具体的な特徴はあるのでしょうか。 この記事では、 重要なパーツは目 ぽ…

ポテトサラダは不健康。太るし「サラダ」ではない

健康のため、体型維持のために野菜を摂っている人は少なくありません。 とりわけサラダは、手軽に野菜を摂れるため、多くの人が好んで食べています。 自分で作るにしても手間がかかりませんし、飲食店にはたいていサラダがあります。 ところであなたは、「サ…

『拒食症と過食症の治し方』の要約と感想

摂食障害についてイラスト付きで解説している本です。 拒食症や過食症についてあなたも学んでみませんか? この記事では、切池信夫・監修『拒食症と過食症の治し方』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『拒食症と過食症の治し方』の…

『最新版 拒食症・過食症の治し方がわかる本』の要約と感想

拒食症/過食症を発症する原因やおもな症状、治療法、患者にたいし家族など周囲がどう対応すべきかなどが書かれている本です。 摂食障害という病を理解したい方に本書はおすすめです。 この記事では、高木州一郎、浜中禎子著『最新版 拒食症・過食症の治し方が…

同じ食べ物ばかり食べるダイエットに潜むリスク

バナナやトマト、サバ缶など、特定の食品ばかりを食べて痩せるダイエットはおすすめしません。 なぜなら、栄養バランスが偏り、メンタルに不調をきたす恐れがあるからです。 この記事では、 特定の食品だけを食べる弊害 栄養不足とうつ病の関係 など、「同じ…

【肥満回避】アイスを食べても太りにくい2つの工夫

なにも考えずにアイスを食べていませんか? 食前と食後にちょっとした工夫を行うだけで、アイスを食べても太りにくくすることができます。 アイス好きの方は必見です。 この記事では、 食物繊維を摂る 体を動かす など、「アイスを食べても太りにくくする工…

『「そる」だけでやせる 腹筋革命』の要約と感想

腹筋は縮めるのではなく、伸ばして鍛えるのが正しいのだといいます。 これまでの常識を覆す著者の主張に、あなたは興味ありませんか? この記事では、中村尚人著『「そる」だけでやせる 腹筋革命』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください…

「家で座らない生活」のメリット2つ・デメリット2つ

世の中には、食事をするときも、テレビを見るときも、スマホをいじるときもけっして座らない人が存在します。 自宅で座らない生活のメリットやデメリットとは、いったいどのようなものでしょうか。 この記事では、 脚が疲れる 脚の筋力がアップする など、「…

【どっち?】結局アイスを食べると太るのか太らないのか

「アイスを食べると太るから、食べないほうがいい」と主張する人がいます。 いっぽうで、「じつはアイスって太りにくいから食べても大丈夫」とアイスを擁護する人もいます。 アイスと肥満の関係についてネットで調べると、このように正反対の意見が出てきま…

【アイスは我慢】アイスの食べ過ぎを防ぐ方法

ついアイスに手を伸ばしてしまうことに悩んでいませんか? アイスを食べ過ぎると、肥満や夏バテにつながるリスクがあります。 そこでこの記事では、 なぜアイスを食べ過ぎるのか どうすればアイスを我慢できるか など、「アイスの食べ過ぎを防ぐ方法」をご紹…

ダイエット自体がストレスになるのはNG。2つの解決策

太っているのは辛いけど、ダイエットをするのも辛い、そんなストレスの板挟み状態に陥っていませんか? 大きなストレスを感じるダイエットはおすすめしません。 なぜなら、長続きせず、結果としてダイエットが失敗に終わる可能性が高いからです。 そこでこの…

じつは危ない階段昇降。転落・転倒で怪我をするリスク

運動不足解消やダイエットのために、家の階段を昇ったり降りたりする人がいます。 いわゆる階段昇降という運動ですが、これは怪我のリスクがあり、危険です。 階段で運動をつづけていたら、いつか足を滑らせて転落するでしょう。 この記事では、 転倒・転落に…

チョコレートを食べると太る?注目すべきはカカオ含有量

チョコレートを食べると太るのでしょうか? これは一概には答えられません。 一言でチョコレートといっても、甘いミルクチョコレートからほろ苦い高カカオチョコレートまで、さまざまな商品が存在するからです。 そこでこの記事では、 チョコを食べると体重…

【痩せて欲しい】妻/ 旦那にダイエットさせる賢い方法

奥さんや旦那さんが太っていることに悩んでいませんか? 交際当初のような体型に戻ってもらうためには、本人が「ダイエット意識」を持たなければなりません。 そこでこの記事では、 痩せて欲しい理由を伝える 具体的な行動を指示する など、「妻/ 旦那にダイ…

『はじめてのやせ筋トレ』の要約と感想

著者が5ヶ月で10kgのダイエットに成功したのは、筋トレのおかげだといいます。 あなたも筋トレにハマってみませんか? この記事では、とがわ愛著『はじめてのやせ筋トレ』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『はじめてのやせ筋トレ…

筋トレと有酸素運動の順番。痩せたいならどっちが先?

賢く痩せるためには、筋トレをしてから有酸素運動をするべきでしょうか。 それとも、有酸素運動をしてから筋トレをするべきでしょうか。 ダイエットの効率が高いのは、「筋トレからの有酸素運動(ジョギングなど)」です。 この記事では、 なぜ筋トレ後の有酸…

足踏みは有酸素運動と呼べるのか。ダイエット効果はある?

ウォーキングの代わりに、家のなかで足踏みをするとします。 その場で足踏みするだけでも、はたして有酸素運動といえるのでしょうか。 あるいは、足踏みにダイエット効果は期待できるのでしょうか。 この記事では、 その場で足踏みは有酸素運動か 屋内の足踏…

筋トレで小顔になれる?小顔効果を得る2つの方法

筋トレをすることで、小顔になれる可能性があります。 あるいは「今より小顔に見せる」ことができるようになります。 ただし、筋トレのやり方を間違えると、むしろ顔がデカくなってしまうかもしれません。 というのも、顔をデカくする「鍛えてはいけない筋肉…

バナナ1本だけ……バナナはダイエットに効果的なのか【おすすめの実践方法】

「ダイエットをしたいならバナナが良い」 なんて聞きますよね。 これ、実際のところはどうなんでしょう? この記事では、 バナナを食べれば痩せるのか? 朝食や昼食をバナナ1本にしたら? など、「バナナはダイエットに効果的な食べ物か」について書いていき…

朝食をバターコーヒーにして30日が経過した感想・メリットなど

健康的なダイエット法としてバターコーヒーが話題ですね。 この記事では「朝食をバターコーヒーにして30日が経った感想」を書いていきます。 ぜひ参考にしてみてください。 朝食をバターコーヒー1杯にしてみた 昼食まで空腹は感じない 脂肪を摂るとニキビが…

女性必見!壁掛けカレンダーに体重を記録すべきでない理由

毎日の体重をカレンダーに記録している。 そんな女性にたいして「それ大丈夫?」と注意喚起をする記事です。 ダイエット中に体重の推移を可視化するのは良いことだと思いますが、カレンダーに書きこんでしまうのは危険です。 カレンダーの体重を彼氏に見られ…